きょうのおやつ。とごはん。

次女の育休中に始めたおやつの記録「きょうのおやつ」に、復職後「。とごはん。」を加えました。おやつと和菓子、週末のまとめ作りの記録です。同い年の夫、大学生の長女、小学生の次女。時々登場する妹teftefは、陶芸教室を主宰しています。鎌倉在住。

FullSizeRender
まさかの梅雨明けで、突然夏になってしまいました。
すると作りたくなるのが揚げびたしです。
どんどん揚げて、どんどん浸します。
茄子のきれいな色を見ると、夏を感じますね。
FullSizeRender
結局、野菜だけでなくお肉も揚げることにし、せっかくなので倍量揚げてしまい、ついでにピーマンも、かぼちゃも何もかも倍量で、日曜日の夕食と同じ食材のまとめ作りができたのでした。

最近、なぜこんなにせっぱつぱっているかというと、英語です。
現代社会人であれば、純ジャパニーズであれ、何であれ、20年前から英語は避けて通れず、人並みの苦労をしていますが、なぜまたこのタイミングで苦労をしょい込んだのか、自分でもよくわからないまま、かなり追い込まれております。大丈夫だろうか、私。






FullSizeRender

なんとなくご馳走にしたほうがいいような気のする「父の日」
何も思いつかないので、「いわしのパエリア」にしました。
こてらみやさんのレシピを、かなりいい加減に、適当に作ったパエリアです。
(材料だけ似ている。いわし、あさり、ピーマン、生ハム、トマト(レシピではドライトマト)、最後にあさつき。)
FullSizeRender
パエリアは夏の集まりによく作ります。
初めは、夏生まれの長女の誕生会でした。
私は冬生まれなので、夏の誕生会のメニューが思い浮かばず、どうしようかと悩んで選んだのがパエリアでした。サフランの黄色、パプリカの赤や黄色、緑のピーマン、オリーブオイルの黒と、カラフルなのも楽しく、盛りだくさんの具でよく作ったなぁ。

今回は、サフランがどこかにいってしまったので、色がなんとなく似ているクミンを加えてみました。クミン、スパイシーないい香り。食欲も元気も出ます。
BlogPaint
父の日、次女は手作り白たまのおやつをプレゼント。
FullSizeRender
みたらしあんつきです。
FullSizeRender
窓辺の太陽の光で撮影すると、ちょっといい感じ。
こちらは、なかしましほさんのレシピです。
お豆腐が入っていてもっちり、やわらかい。
とても美味しかった!

小学生がひとりで作れるくらいのシンプルなレシピなのに、
いつも絶対美味しいなかしましほさん。
素晴らしい。





FullSizeRender
何があったというわけではないのですが、
食洗機が壊れて、冷蔵庫も異音がし、夫が出張でここ数カ月週末不在(我が家では夫と私はほぼ半々に家事をこなすので、週末に夫がいないとめまいがするほど大変です。)、次女の発表会、テスト、週末の仕事、、よくあることですが、平日より週末がハードな数週間を過ごしておりました。

しかしながら梅の季節。
毎年、「今年は本当に何もできない気がする」と思うのに、なぜか梅(と栗)だけは、素通りできません。でも、今年は本当に買わなかった!(買っても手をつけられないと真剣に思ったので)ら、実家の母から無農薬の梅が届いたのでした。(そういうことになっているのね。)

とにかく、瓶を開けなければ。
といことで、去年の梅サワーでまずは梅ゼリー作り。
そして、余った実はフーロプロセッサーで細かくしました。
梅パウンドケーキにするととても美味しいのです。
FullSizeRender
空いた瓶を使って、今年は梅味噌にしてみました。
味噌、梅、きび砂糖と交互に重ねます。
水分が出たら、瓶を左右に振ってなじませればよいのだそう。
初梅味噌、楽しみ。
FullSizeRender
そして梅煮。
(そして夜中)
FullSizeRender
一応、毎回段取りはするのです。
しかしながら、予定は必ずすれ込むもの。
買物に出かけたのは14時半過ぎ、たまりにたまってますますやる気を失っていた家計簿&家庭事務(次女の丸つけ、テスト勉強用コピー等)を始めたのは17:45、、夕食の準備を始めたのは19:00過ぎでした。帳尻は、ここであわせるしかない。
FullSizeRender
ということで、ブロッコリーとアスパラは切っただけ。
(続きは明日の朝頑張ることにした。)
もやしとえのきはレンジでチン。
キャベツは切らずに1枚のまま湯通し。
FullSizeRender
鶏ハムの下ごしらえ。
ここで20:00。(次女が習い事から帰ってくる時間。)
え?夕食?
夕食はモツ鍋だったのでしたー。
(夫の福岡出張のおみやげ。)
IMG_4314
いよいよ梅雨入り。
IMG_4325
やはりあじさいには雨が似合う。
FullSizeRender
ブルーベリーも瑞々しい。
FullSizeRender
アボカドの種も根を出しました。




















BlogPaint
何か手伝う~とキッチンにやってきた次女。
母の日だしね、ということで、ピーマンの肉づめを途中からお願いしました。
(養命酒がしっかり映ってしまった。)
FullSizeRender
なかなかそれなりに上手にできたのではないでしょうか。
とても美味しかった。
FullSizeRender
その後、おもむろに次女が階段下から持ち出したのは、じゃじゃーん、豆腐ババロアだよ。
(別の部屋にあるワインクーラーに隠していたのだそう。)
あら、いつのまに?
そういえば、外出中「ママ、いつ帰る?」とメールがあったのは、
「早くしないとママが帰ってきちゃうと思ってあわててたから」なのだそう。
そして、そういえば、冷蔵庫になぜか豆腐がたくさんありました。
FullSizeRender
「おやつですよ」を見て作ったよ。(なかしましほさんの)
こちらもとても美味しかった。
よい母の日でした。
FullSizeRender
ふと見上げると梅の実が。
FullSizeRender
輸入の果物はめったに手を出しませんが、
アメリカンチェリーは1年に1度ぐらい食べてもいいことにしています。
色が好き。
初夏なのね。
またひとつ季節がすすみました。
FullSizeRender
まとめ作りは、青梗菜、大根、ジャガイモ、人参、ほうれんそうなど。





IMG_4213
GWは夫の実家への帰省をかねて北海道で過ごしました。
IMG_4212
旭山動物園の白くま、大迫力。
IMG_4209
ペンギンも近い。かわいい。
ぺたん、ぺたん、足音が聞こえました。
背中の毛づくろいしていると頭がないみたい。
BlogPaint
家族で動物園も最後かな。
そんな思いで選んだ旭山動物園でした。
IMG_4226
札幌に移動してモエレ沼公園へ。
BlogPaint
ガラスのピラミッド。
IMG_4235
大好きな公園です。
FullSizeRender
義母のハウスの中は、小さな苗がいっぱい。
北海道は春が始まったばかり。
優しい緑の中にありました。
FullSizeRender
帰ってきた日のまとめ作りは、ピーマン、ほうれん草の蒸しいため、味つきえのき。
右下はピーナッツのバター炒め。
FullSizeRender
義母に茹でピーナッツをもらったのです。
バターで炒めて塩こしょうするだけの簡単おつまみを教えてもらいました。
簡単ですごく美味しい!
皆でばくばく食べてしまいました。
FullSizeRender
蒸し炒めに使ったフライパンで、最後にひき肉を炒めてタコライスに。




BlogPaint
次女念願のUSJに行ってきました。
長女の受験でどこにも行けなかったので、
春になったら行こうと約束していたのです。
BlogPaint
楽しかったのですが、酔ってしまうので私はほとんど見学。
この写真は頑張って乗った後のようで、ちょっと顔色が悪い。
BlogPaint
大阪城にも立ち寄りました。
電車の中で聞こえてくる関西弁が楽しかったです。
本当に「あかん」て言ってる!と次女と喜びました。
FullSizeRender
そろそろ筍の季節でもあります。
手羽元とワカメで煮ました。
FullSizeRender
肉入り筍ごはんも。
FullSizeRender
次女のお友達の誕生会に。
FullSizeRender
まとめ作りは、鶏ささみ、ねぎとしめじ、もやし、小松菜など。










FullSizeRender
久しぶりのおやつ作り。
食べごろバナナが残ってしまったので、バナナケーキにしました。
よく作るたかこさんのレシピです。
FullSizeRender
自分でも何かしたくなった次女が作りたいと言い出したのは、タピオカ。
先日、長女がお友達と作っていたのを見てうらやましく思っていたのですね。
わざわざ一人で近所のKALDIに買いに行きました。
IMG_4094
45-60分茹でるだけ。
FullSizeRender
ずいぶん灰汁がでます。
小豆を煮ているみたい。(でも豆ではなく芋なのだそう。)
FullSizeRender
出来上がり。(この数倍あります。)次女はタピオカミルクティーを作りご満悦でした。
(いつも飲み物にちょっとしか入っていないタピオカ、当面なくなりそうもないという安心感に大変満足の様子。)
FullSizeRender
まとめ作りはコールスローと、
FullSizeRender
コールスローで中途半端にあまった人参と玉葱の蒸し炒め、いんげんの蒸し炒め、にらの茹でたものなど。
FullSizeRender
豚そぼろも。
(隣のほうれん草はそぼろを作る前に茹でたもの。その日のうちになくなってしまいました。)
BlogPaint
先週はスズキメソードのグランドコンサートがありました。
昔は全国大会とよんでいたものです。
当時は武道館でしたが今回は両国国技館にて。
IMG_4072
最後はいつもの通り会場いっぱいの合奏。
天皇皇后両陛下のご臨席もありました。
自分はいつもアリーナにいたので客席から見るのは初めて。
OBOGもたくさんいて、おもわず子供の小さいヴァイオリンで自分が弾き始めてしまう人も。
それにしても、これだけの規模のコンサートを運営するのは、それはそれは大変でしたでしょうに。
特別な経験をさせてもらってきたことに感謝。





FullSizeRender
子供の受験の後、しばらくなんだか調子が悪くなるというのは、中学受験の時に経験済みなので、あまり驚かないのですが、もう充分時間が経ったと思うのに、今だ調子がよくないのはやっぱり不思議です。具体的な不調というよりは、気分の問題で、彷徨ったまま、散漫な感じ。おそらくそれは、極度に緊張した後、どう弛緩して、どう日常に戻っていくか、それはなかなか難しいということなのだと思うのでした。

そんな時、食卓を整えることに集中してみるのはいいかもしれません。何になるかは考えず、とりあえずどんどん刻み、火を通してみました。蕪の塩もみ、ほうれんそう、もやし、蕪の葉、スナックいんげんの茹でたもの。ピーマンとえのきの蒸し炒め。
FullSizeRender
まず、サラダに。
FullSizeRender
ピーマン、えのきは茄子を加えて炒め物に。
FullSizeRender
第二段のまとめ作り。ぶりを酒&醤油につけたもの。(梅甘辛味で焼きます。)玉葱の荒みじん切り炒め(カレーに)、エリンギの豚バラ巻。(明日のお弁当に)
IMG_4044
しだれ桜が咲き始めたと思ったら、
IMG_4045
あっという間に
IMG_4057
満開。


さまざまなのこと思い出す桜かな
芭蕉


ですね。





BlogPaint
発表会のあった週末。
FullSizeRender
帰宅後の夕食は、とりあえず家にあった根菜類の皮を剥いてまとめて蒸してみた。(玉葱は酒蒸し。)その後、同じフライパンとお鍋で下記2つ。
FullSizeRender
玉葱、ジャガイモ、人参、しめじのツナじゃが。(お肉の代わりにツナ缶でよく作ります。)奥は、玉葱とキャベツ、豚バラ肉のめんつゆ煮炒め。(最後にバターを少し)
FullSizeRender
翌日の日曜日、マカロニサラダ作り。すし酢を少し入れるとぐっと美味しくなることを知ったので、最近はすし酢につけた玉葱のスライスを入れることが多い。
FullSizeRender
ぷらす、春雨と豚肉の炒め物。豚肉は倍量を炒めてに(都合により葱とえのきも追加)、そぼろ分を確保。
FullSizeRender
そういえば、じゃがいも、人参を蒸す前に、蕪の葉を茹でていました。刻んだものは、明日の朝、鰹節と梅干しでふりかけにしよう。子供の受験が終わると、まとめ作りが自分なりに進化していることに気づくのでした。
BlogPaint
そんな長女は卒業旅行中@ロンドン。








BlogPaint

色々あった長女の大学受験が終わり、高校の卒業式をすませました。丘の上にあって気持ちのいい風と明るい陽射しがたっぷり入る笑顔に満ちたとてもよい学校でした。
愛に包まれ友達に恵まれて娘は幸せです。

静かで厳粛な式の最後に、卒業生を送る歌として歌われた1曲が大変印象的だったので、ここで紹介させて下さい。

ロッシーニ:愛

愛にみてる我が主よ
汝がみ手に抱かれて
友となりし我らは
苦しみを分かち合わん

愛にやどる主なる神
貧しき者に望みを与う
愛に満てる心は
世に光をもたらさん

愛にみてる我が主よ
汝がみ手に抱かれて
友となりし我らは
苦しみを分かち合わん

汝が光おおう所
憎み争い後を絶ちて
永遠に知らす主の愛
たたかいをうちしずめん
憎み争い後を絶たん

高いところから光が差し込むような美しい旋律と清らかな歌声でした。
勇気をもって試練に立ち向かっていった娘たち、友達と共にあったからこそ立ち向かえた数カ月でした。
BlogPaint
長かったような短かったような18年、皆様に感謝。
FullSizeRender

娘たちへお祝いの気持ちを込めて、帯の柄は蝶を選びました。
軽やかに自由に明るい光の中をどこまでも飛んでいけますように。







↑このページのトップヘ