【今度こそ】英語を話せるようになりたいと願うすべての方へ

 レッスンを受けた方から、『なぜこれまで誰もこんな風に教えてくれなかったの?』というご感想をいただく【日本人の脳の原理に沿った英語習得法】をイギリスからオンラインでご提供しております。 月にのべ200レッスンを行う【英語職人】のブログです。英語を話せるようになりたいと願うすべての方、ぜひご一読ください。皆さんが、もう、英語学習に無駄な時間を費やすことのないよう英語職人はいつも願っております.。 レッスン詳細→https://www.chiemiallwright.co.uk  お問合せ→chiemiallwright@gmail.com  にお気軽にどうぞ。

みなさま

おはようございます
こんにちは
こんばんは

最近こんなところにお邪魔しております。
以下の質問に回答させていただきました。




長年の疑問なんです。どうして [give up] が「諦める」と訳されるのでしょうか?日本語だとgiveは与えるだから、 [give up] は「差し上げる」でもよさそうなのに?

素朴な疑問から深刻な疑問まで、何時間読んでいても飽きないサイト(笑)

英語職人 オンラインセミナー オンライン会議室Zoomで行うWebセミナーです

テーマ:英語は英語のメガネをかけて見る

~ 『日本語に訳す』ことからの卒業大作戦 ~

​+スペシャルゲスト登場決定!(10/16更新)

 

日時:(全2回)

1回目 11月2日(土)日本時間 21:00~22:00 (60分)

2回目 11月9日(土)日本時間 20:00~21:15 (75分)この後、21:15~22:15

スペシャルゲストが登場してくださいます!

『もしも高校四年生があったら、英語を話せるようになるか』(幻冬舎)の著者、

金沢優さんが皆さんへのアドバイス、質疑応答をしてくださいます。


詳細はぜひこちらをご覧ください。


ーーーーー

ということで予想外の展開に私自身驚いております。

まだ、『もしも高校四年生があったら。。』

を読まれていない方はぜひ!(あ、現在売り切れ中で約2週間待ちだそうです)
金沢さんとは先日Zoomで初めてお話ししました。

そもそもの馴れ初めは、私のレッスンの受講者さん数人が、『もしも高校4年生が。。。』(通称もしなる)をこのように私に教えてくれました。
『ちえみさんと同じことを言ってる方がいましたよーーー』
『ぜひお二人で日本の英語教育を改革してください~』

うれしいですね。

金沢優さんに関してはHPnoteでも理論の説明だけではなく、
即練習できるようなコンテンツを提供してくださっているので、
ぜひ読んでみてください。

そもそもは大手の英会話スクールで働いていたり、塾で受験英語指導をしていた経験があるからこそ、『なぜそれではだめなのか』を痛いほど経験されています。ものすごく説得力があります。

11月9日(土)のオンラインセミナーでは、スペシャルゲストとしてご登場いただき、
皆さんの疑問に惜しみなくお答えいただきたいと思っております。
英語学習者だけでなく、これからもれなく学校英語教育が始まってしまうお子さんをお持ちの育児中の方々(過去には孫のため。。。という受講者さんもいらっしゃいました)にぜひ知って、考えて欲しい内容です。

これね、私が一番楽しみにしてます
お申し込みはこちらのお問合せ欄か、Eメールでも可能です。chiemiallwright@gmail.com





みなさま
おはようございます
こんにちは
こんばんは

ラグビーワールドカップ観戦のために日本を訪れている外国人のみなさんが
繁華街だけでなく住宅地にあるコンビニの前や電車内などで
盛り上がり過ぎているそうです

『迷惑行為』とニュースなどでも放送されていましたが、
迷惑という日本語。。。。迷うと惑わす ですね。

人を迷わせたり惑わさせたりする行為が迷惑行為?

誰かが(誰だろ?)規則を決めて、それをみんなが守れば、確かに、誰も迷ったり惑わされたりしなくて済みますね。みんなが同じルールに従えば、臨機応変に考えなくて済むわけです。ここまでが日本語の流儀。

誰かの行為により自分が迷ったり戸惑ったりしたら、ことばでそれを伝えるのが、英語の流儀なんじゃないかなーと思います。

スーパーで大きなカートを通路のど真ん中に置きっぱなしにして物を取りに行ったり、ばったり会った近所のお友達とその状態でおしゃべりしている人がいたとしましょう。自分はそこを通りたいけど通れない。

日本語の流儀:心の中で(ちょっとー非常識な人、他人の迷惑考えてよー。私がここを通りたいの言わなくても分かるでしょ)と唱える。その心の叫びが届かない時は、ムッとして(あんたって言われないと分かんない人なのね)という怨念を込めながら、『すみません』といやいや言う。

英語の流儀:Excuse me .Can I go through?
『私、ここ通りたいからちょっとどいてもらっていいかしら~』とことばでいう。
言われたほうは、Sure,sorry『はいよはいよ~ごめんね~』とどける。

これって精神的な負担がずいぶん違う気がする

都内の飲食店の方から、外国人の迷惑行為(道をふさぐ、道で飲む、叫ぶ、歌う(^^;)をやめさせる注意書きを書きたいというご相談を受け、ちょっと遊んでみました。

この背景にある気持ちは、Facebookの投稿もご覧いただけるとうれしいです。

ラグビー



このページのトップヘ