【今度こそ】英語を話せるようになりたいと願うすべての方へ

 レッスンを受けた方から、『なぜこれまで誰もこんな風に教えてくれなかったの?』というご感想をいただく【日本人の脳の原理に沿った英語習得法】をイギリスからオンラインでご提供しております。 月にのべ200レッスンを行う【英語職人】のブログです。英語を話せるようになりたいと願うすべての方、ぜひご一読ください。皆さんが、もう、英語学習に無駄な時間を費やすことのないよう英語職人はいつも願っております.。 レッスン詳細→https://www.chiemiallwright.co.uk  お問合せ→chiemiallwright@gmail.com  にお気軽にどうぞ。

September 2017

今年の日本巡業ーセミナー、対面レッスンーで再確認したことをまとてみます。

 新たな発見ではなく、「やはりここに問題点があるんだよね」という再確認です(^^; さらに「じゃあ、どうしよう?」を明確にして、英語学習中の皆さんに、できるだけ遠回りせずに、目指す自分】に近づいていただきたいというのが英語職人の願いです。(※遠回りや道草も時には必要かもしれませんが、非常に多くの方が、その結果道に迷ってしまい、方向感覚を失い、戻ってこれなくなってしまう、というのが現実の様です😢)

 そして、これまでも、これからも、【英語職人】の原点は『英語にもがき悩んでいたあの頃の自分にぜひ教えてあげたい』ということです。


★日本人の大人が、【英語、できるようになりたいな】と思いたったら。。。


1)家や職場の近くのスクールに通うーまずはグループレッスンを受ける方が多いですね。英会話スクールのマンツーマンレッスンは安いところでも1時間6,000~15,000円が相場だそうです。
 私がこれまでお会いした初心者の生徒さんで、グループレッスンで上達をものにしたという方は、ん。。。。お会いしたことはないと思います。何年やっても、結局は他の受講者に流されて、話せる人だけがいつも話す、また、個人の弱点の強化などができないので、みんなが間違える所を表面的に撫でるような内容が多くなります。ほとんどの場合はテキストを使用するので、【テキストを読むのはうまくなるが、文字情報や人工的な設定が過多で、自身の経験と結びつける機会がないため、脳は英語をよそ者扱いし続ける】のだと思います。



2)オンライン英会話サイトを探すーネットで【英会話】と調べると【オンライン英会話レッスン】がたくさん目に入ると思います。特に近年はものすごい勢いで増えているようです。これが私の本業ですが、私の場合は(ほんの一部を除き)会社を通してではなく完全フリーランスなので、会社を通した場合とは異なります。ここでは、【オンライン英会話会社のサービスを利用】の場合を検証してみましょう。

 一般的には、単発で20分~25分のレッスンを予約でき、講師は日本人かネイティブなど、自分で選ぶことが出来ます。ここでほとんどの人が陥ってしまう失敗があります。
ちょっと以下の質問にYes/Noで答えてみましょう~。

①英語は簡単、どんどん話していれば自然に出来るようになると思う。
②初心者としてテニスやピアノを習う時、毎回違うコーチや先生に習いに行く。
③テニスやピアノを習う場合、1回のレッスンは20分~25分でよいと思う。
④テニスやピアノを習う場合、【教えるプロ】ではなく、本業は別に持っている人を敢えて選んで習う。
⑤1本の歯の治療をする時に毎回違う歯医者さんに行く。

いかがでしょう?すべてNoと答えたくなるのは私だけでしょうか?(^^;

【他の事には適応しないことを、英会話になると適応してしまう】という不思議な現象です。テニスを習いに行って最初の25分はほとんどウォームアップですよね。そこで「じゃ、終わりですお疲れ様~」となったら、体と頭は、「え~やっと準備整ったんですけど~」不完全燃焼で気持ち悪いですよね。でも、でも。。。。英語ではそれをやってしまうのです(+_+)

 その理由としては、【日本人は常に英会話レッスンを必要としているので、中身より利便性を優先したサービスを提供することで客が増える】という状況を踏まえた会社側の【売り出し方】に翻弄されて、常識的に考えなくなっているからだと思います。ダイエットもちょっと似ています(^^;

 ということは、単発的に20~25分のレッスンを、講師を変えて都度受けるのは、【積み重ねのレッスン】ではなく、毎回が【体験レッスン】になってしまい、知識や経験を蓄積し加工することはできず、一貫した理論などをつかめない状態でいるということです。そんな状態に気づいた頃には数年が経過していた、というケースは本当に多く、みなさん、私との初回レッスンの時にはため息交じりに、「これまで何をしてきたんでしょう。。。。」と悔しい思いを打ち明けられます。

 私は現在は、イギリスで英語のみで生活をしていますが、そうなったのは30歳代後半からです。
英語を全く話せなかった時と今とを比べても、【日本人の大人の脳は、ただ英語を話しているからと言って自然にできるようになるわけではない】ことがよく分かります。その証拠に、イギリスに10年以上も住んで、イギリス人と結婚し、子供がいる日本人でも、英語が自由には話せない人は本当に多いのです。これには私も最初は驚きました。やはり、【脳のチャンネルを正しい方向に意識的に合わせて、試行錯誤する】という経験を自らしないと、大人の脳は決して外国語を習得しようとはしてくれないということだと思います。



3)テレビやラジオ講座で独学してみる

 「年に一度海外旅行に行った時に、お店などで必要なことを伝えられれば良い」
といった目的の場合は、趣味程度にテレビやラジオの英語講座を利用するのはよいと思います。しかし、「英語で相互コミュニケーションがとれるようになりたい」という目的の場合はお勧めできません。数年間、独学されて、ちょっと不安になり、私のコンサルテーションを受講され、「ショックです。。。今まで無駄な事ばかりしてきました。始めからちゃんと習えばよかった。。。」とおっしゃる方は後を絶ちません。



★私が英語学習者だったら、間違いなくこの道をたどります

 
20年前の私は、まさか自分が英語を教える立場になるとは夢にも思いませんでした。大学は英文科に行ったのに、文学の授業が大嫌いで、会話の授業はほとんどなく(当たり前なのですが。。。(^^;)一般企業に入社するも、海外で生活や仕事をしてみたいという漠然な思いがありながら、どうしてよいか決められず、年に数回、海外旅行に行くも、「なぜこんなに英語ができないのだろう。。。(あんなに勉強したのに)」の繰り返しだったわけです。いわゆる駅前留学の全盛期で、多くの友人たちがそうしていましたが、冷静に考えて、それで「英語でコミュニケーションをとれるようになっている人が周りに増えているわけではないな~」といつも思っていました。

 今の私は、なぜあの時の自分が「英語が話せるようになれなかったのか
」がよく分かります。テキストをいろいろ買ってみたり、単発的に英会話のレッスンを受けてみたり、外国人がいっぱいいるサークルに入ってみたり、早起きしてラジオ講座を聞いたり、自分なりに一生懸命試行錯誤してみましたが、そのがんばりはあまりにもセンスがなかった。。。(笑)なぜなら、「英語の核」を教えてくれる人は誰もおらず、日本語との本質的違いから、自然に独学で身につくものでもなく、闇雲に逐次暗記をするだけで「英語をやってる」と思っていたからです。

今なら、20年前の私に胸を張ってこんな風に教えてあげます!

①まずは、ひとりコーチを決めてちゃんと習う
(そのコーチの選び方が重要なのですが、まずは、教え方に独自のポリシーを持っている人、非論理的な暗記ではなく、英語の核心を教えてくれる人。。。を探します。※「楽しくやりましょう~」だけで終わる講師はあまりポリシーを感じられないので、「私は、現在完了はこう教えます」など、具体的に提示できる講師を選びます)


②数カ月間、定期的に続け、脳にプログラミングする(主に時制や頼み方、断り方、誘い方、、、などの核をつかむ)

③ネイティブと単発的に話せるオンラインサービスを使い、どんどん話す=練習試合(その際、(一部、読み書き重視の方を除き)テキストは使わない方がよいでしょう。自分から会話のトピックを提示し、会話に流されないようにする、間違いはきちんと訂正してもらうなどの点に注意)

 毎日やっても数千円!のような会社がたくさんあります。経営的にどうしてそんなことが出来るのか私はよく分かりませんが、25分数100円でネイティブと練習試合ができるなんてすごい時代、利用しない手はありません。

 上記は、特に魔法の様な方法ではありません☺。しかし、サービス激化の英会話業界では誘惑が多く、①の部分がほとんどの場合できていません。いきなり③に飛びます。これはテニスに例えると、素振りもできていないし、試合のルールもあやふやなのにいきなり練習試合に出まくるということになります。←絶対やんないですよね(^^;でもでも。。。。英語になるとみんなやってしまうのです(+_+)


 センスのないがんばりしていませんか?(笑)勤勉だけでは英語と仲良しになることはできません。
大人になってからの学習は、要領よく的を得たやり方でいきましょう。






みなさま。
大変ご無沙汰しております。今年の夏はいかがお過ごしでしたでしょうか?
と言っても、イギリスの様な北ヨーロパとは違い、春や秋も美しい日本は、敢えて「夏を楽しむ!」という感覚はあまりないですよね💦。イギリス人にとってはとにかく夏が勝負。ビタミンDを貯めるのも夏しかありません(^^; 9月中旬からは一気に冬らしくなり、3月辺りまでは日照時間がかなり短い時期を迎えます。

 さて、今年の日本巡業~2日間10時間セミナー、イベント型セミナー、対面マンツーマンレッスン~宮城、岩手、東京、大阪、京都と伺わせていただきました。ご参加いただいた皆さま、北海道や中部地方からはるばるお越しいただいた方々、企画運営頂いた皆さまに心よりお礼申し上げます。直接お会いすることで、普段イギリスからお送りしているスカイプレッスンとは一味違う感覚を体験でき、何よりも、皆様から生でいただくご質問やフィードバックが大変貴重で、私自身、色々なことを再認識させていただいた次第です。そして、多くの皆さんからいただいた感想や反応から、『やはりこのやり方は間違っていなかった』という、(よく言えば自信、悪く言えば傲慢?ではありますが。。。)そんな思いと共にイギリスに戻ってまいりました。

【10時間少人数レッスン型セミナー】に関しましては、キャンセル待ちが2桁になり、大変多くの方をお断りしてしまい、申し訳ございませんでした。来年お会いできることを願っております。

 毎年のことですが、この巡業を終えて、丁度子供たちも新学期を迎える9月を私の中でも新たな期のスタートとしております。いつものようにちょっとランダムですが(^^;、今回の巡業で感じたこと、やっぱりこうだったという再発見、これからの展望など書き留めて参りたいと思います。今後もお付き合いのほど、よろしくお願いいたします。

今回は、2017年夏★日本巡業で頂いた感想を一部ご紹介させていただきます。

ーーーーーーーーーーーーーーー
●これまでずっと、なんとなく分かっていたつもりだったこと、長年曖昧にしたままモゴモゴしていたことの多くがすっきりと晴れた感じです。本当にありがとうございました。(10時間セミナー参加)

内容の濃い2日間のレッスンをありがとうございました。たくさんの生徒さんがいらっしゃるのもわかります。とてもわかりやすい説明だったし、何より楽しい授業でした。(10時間セミナー)

●これまで長年英語を習ってきましたが、今回の様に教えてくれるレッスンは初めてでした。すべてにおいて驚きで、まさに「目からウロコ」が落ちるのが分かりました。これまで何をやって来たのだろう。。。という気持ちではありますが、これをきっかけに新たな視点で英語を見ることが出来るようになりました。(10時間セミナー)

●本当に楽しいレッスンでした!そして分かったぞ!という満足感と、もっと知りたい、身につけたいという気持ちでいっぱいです。先生もお疲れが出ませんよう頑張ってください。先生を待っている多くのファンの為にも。(10時間セミナー)

●これまでの英語の認識をきれいに覆していただきました(笑)すごい!もっと早くお会いしたかった。特に時制に関しては驚きの連続で、衝撃的でした。(10時間セミナー)

●なぜこれまで英語との距離が縮まらなかったのかがよーくわかりました。驚くことばかりでしたが、ゆっくり消化吸収したいと思います。お会いできて本当によかったです(イベント型セミナー)

●本当に貴重なセミナーでした。特に時制に関しては、目からウロコで、なんで誰もあのように誰も教えてくれなかったんだろうと思います。いるのかもしれませんが、出会うのは至難の業なのだと思います。(イベント型セミナー)

●まさに「目からウロコ」の体験でした。今回をきっかけに視野を広げたいと思っています。(イベント型セミナー)

●意義ある熱い時間をありがとうございました!「ピン」とくるところがいくつもあり、それが頭の中でつながりとても爽快でした(イベント型セミナー)

●これまで買った何十冊もの参考書がなぜ役に立たなかったのかがよく分かりました。どのように英語を見ればよいか、まさに「英語のショウタイ」を垣間見たようでした。劇的に視野が広がりました。(イベント型セミナー)

●素晴らしい夜でした。感動で言葉がありません。お世辞ではなく。原理、原則、原義の意味、価値が深く刺さりました。英語のセミナーのはずが、なぜか人生が豊かになった気がしました。(イベント型セミナー)










 

このページのトップヘ