前回のブログでもありましたが、

5月7日(土)石川県金沢市にあるムラジ建設様の社長様にお越しいただきました。

当日の様子を私、事務員chieがレポートいたします

連様、遠いところありがとうございました。またご自身で収穫されたという若芽など、お土産もいただきありがとうございました。

 

きっかけは、弊社のインターネットを見て社長様より直接お電話をいただきました。

同業社の方で、弊社も取り組んでいる『リフレクティックス(遮熱材)』による遮熱工法にお力を入れられている建設会社でした。

今回、連様が弊社のホームページを見て、「是非会社訪問をさせていただきたい」というご要望でしたので、快くお返事させていただきました。

弊社のホームページを見ていただき、実際に足を運んで下さるということ、私達にとって活力の源であり、とても嬉しく、また今後の励みにもなります。

社長様は、弊社の雨漏り検査業務に大変興味を持たれ、中でも「サーモグラフィー」を使っての雨漏り検査のことが目につき気になっていたそうです。

石川県は、全国で一番雨や降水量が多いところだそうです。

また、大変嬉しいことに弊社の方針や、社長の思いに「何かすごく共感が持て、感じるものがあった。方向性が似ているのでは」というお言葉をいただき、1時間程ずっと話が絶えない様子でした。

DSCF6488

始めは、弊社のスタンスを聞いていただき資料を交えながら、雨漏り検査業務の仕組みを説明をしました。その後は質疑応答の時間になり、途中雨漏り検査を担当している営業アドバイザーの鈴木も同席しお話させていただきました。連社長様も「苦労話など聞かせてください」「なるほど!」とメモを取っておられました。

連社長様は、商品の価値を大切にしたい・物を活かしていきたい・長期的に使いたい・社内体制を整えたい、などたくさんの思いを語っておられ今後も商品に自信を持って、商品に誇りを持ってお仕事したいとのお考えでした。

この日、初めてお会いした方ですが、途中からはざっくばらんにお話しされている様子でした。

お話し中、「光って分かる雨漏り検査」にさらに感心をもたれたようで、協会の仕組みなどを聞かれて、「早速協会に連絡をとってみます」とおっしゃられていました。

また入会することになりましたら、再度改めて社員と共に訪問し、お話しを聞きたいというお声までいただきました。とても嬉しく思います。

少しの時間でしたが、連社長様お忙しいところありがとうございました。

何かご参考になられましたでしょうか?少しでもお仕事のお役にたてれば幸いです。

それでは、皆様のご発展とご健勝を心よりお祈り申し上げます。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
                 有限会社 伊藤鈑金工作所

最後まで、このレポートを読んで下さった皆様ありがとうございます。
また、今回このような出会いがあり、ネットの魅力を改めて感じました
このご縁を大切にしたいと思っております