いよいよ明日から都市対抗野球ですね。
3連覇を目指す横浜市・JX-ENEOSは、初戦でJR東海と対決。
楽しみな試合です。

さて、そんな開幕を控えた日、富士重工業がレガシィリコールを発表しました。
都市対抗とは関係ありませんが・・・。

スバル レガシィ 1万台、エンジン停止のおそれ

富士重工業は7月17日、スバル『レガシィ』のエンジンコントロールユニットに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

[関連写真]

対象となるのは、『レガシィ』1車種で、2012年4月9日〜2014年6月17日に製造された計1万0143台。

直噴ターボエンジンを搭載した車両において、エンジンコントロールユニットのプログラムが不適切なため、高負荷運転時にプレイグニッションが発生し、点火プラグやピストンが損傷する場合がある。そのため、警告灯点灯、車体振動が発生し、最悪の場合、エンジンが停止するおそれがある。

全車両、エンジンコントロールユニットの制御プログラムを書き換える。また、点検を行い異常が認められた場合は、点火プラグ、または、エンジンを良品に交換する。

不具合は4件発生、事故は起きていない。市場からの情報により発見した。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》