にほんブログ村トラコミュ
第65回 朝日杯フューチュリティS(GI)
朝日杯FS(2013)
朝日杯FS データ分析
朝日杯フューチュリティS データ分析
第51回 愛知杯(GIII)
愛知杯(2013)
愛知杯 データ分析
有馬記念2013
有馬記念 データ分析
全日本2歳優駿(2013)
JRA競馬予想

今年は大混戦の【朝日杯】母父だけで大注目の人気薄→人気ブログランキング



朝日杯フューチュリティステークス2013の展望第三弾です。
今日はリプレイ的に気になるところを書いていきます。

まずその前に今の中山なんですが、過去の傾向をどれだけ当てはめていいものかは結構疑問に思います。
その理由はエアレーション作業の効いた馬場。
先週あたりは先行馬も好走してましたけど、それでも今の中山は全体的にはいわゆる昔からよく言われるような内枠先行馬有利の馬場ではないんですよね。

それと朝日杯に関しては数年前から傾向が変わってきた感じがあります。
ローズキングダムの勝ったあたりか、母父サンデーが活躍しだした頃かだと思うのですが、以前はある程度厳しい流れを経験している馬じゃないと好走できないのが朝日杯だったのですが、最近はむしろスローでも折り合えるお行儀のいいおぼっちゃまタイプがやたらと好走するようになりました。

・・・という訳でリプレイ的には『道中おとなしく馬込みで我慢が効いて直線弾けるタイプ』。
これは重視したいと考えています。

予想オッズでは3強になりそうなアトム、プレイアンドリアル、ベルカント。
一昔前の朝日杯ならプレイアンドリアルかベルカントかと思うのですが、先に書いた最近の中山の傾向、朝日杯の傾向からはアトムの方でしょうね。
新馬戦もデイリー杯も道中馬込みでじっと脚を溜めて直線弾ける優等生な競馬ができていました。
母父ラーイ=レッドゴッドの系統は一昔前の中山なら◎、現在は可もなく不可もなくな感じなのですが、ディープ産で牝系にレッドゴッドがいてG1で馬券になった事のある馬だとスマートレイアーくらいじゃないでしょうか。
この配合からはあまり大物出てない気がしますので、その点だけが気になります。

プレイアンドリアル、ベルカントは脚質的に今の中山は相当不利に思えますが、『今年は牝馬が強い』『今年は道営出身馬のレベルが高い』という一連の流れを考えると絶対的に消しともいえず、個人的には厄介な存在ですね。
という感じで3強はどれも強烈に惹かれるのがおらず、でも買える材料もあったりして、なんかよくわかりません。
最初の展望記事朝日杯フューチュリティステークス(FS) 2013 予想オッズ 混戦の年の傾向で書いた通り、オッズが混戦になる年の単勝300円台くらいの馬は意外と好走しているので結局どれか来るんでしょうけど。。。


近年の傾向から注目したいのはショウナンの2頭。

2008年フィフスペトル
2010年リアルインパクト
2011年アルフレード
2012年ロゴタイプ
2012年コディーノ

近年だと2009年を除く上記5頭あたりは東京、新潟で前半ラチ沿いで脚を溜めて直線伸びてきたような馬が朝日杯で好走しています。
先に書いたお行儀のいいタイプ・・・・がこれですね。
個人的にはリプレイ観る時にあまり好みのタイプじゃないんですが、テンションの上がる馬も多く、キャリアの浅い2歳馬同士の争いだと、こういうレースができるのは強みになるのかもしれません。

今年の登録馬でこういうタイプを探すとショウナンカンプ産駒のショウナンアチーヴ、ショウナンワダチかなと思います。
2頭とも前走の東京戦は道中ラチ沿いで脚を溜めて直線弾ける競馬をやってきました。
ショウナンアチーヴは直線でうまく進路がとれず、不利もありましたね。

種牡馬としてのショウナンカンプは現2歳で7世代目。
サクラバクシンオーの後継者としての期待が高かったのですが、受胎率が悪く、これまで毎年デビューできる頭数はずっと1ケタだったのですが、現2歳世代はすでに1頭抹消されてるのもいますけどそれでも13頭が登録までこぎつけました。

2歳時の世代別成績で比較してもこれまで現6歳&7歳世代の2勝が最高でしたが今年はすでに4勝しており、賞金面でも今年の世代が1番活躍しています。
その全4勝を挙げたのが今回登録のあるショウナンアチーヴ、ショウナンワダチの2頭です。

ショウナンアチーヴはこれまで1頭しかいなかったショウナンカンプ×母父サンデーサイレンス配合馬で、母は阪神JF勝ち馬ショウナンパントルです。
たぶん牝馬のG1馬にショウナンカンプつけたのはこの馬が初めてのはずで、G1馬どころか重賞勝ち馬が母ってのもこの馬が初めてじゃないでしょうか。
オーナーはもちろんショウナンでお馴染みの国本哲秀さん。
父も母もこのオーナーの馬でしたからショウナンカンプの仔の中でも1番思い入れのある馬でもあるでしょうね。
2010年の勝ち馬バクシンオー×母父サンデーのグランプリボスと配合的には近い存在。
母父サンデーは昨年このレースで1.2.3着&このレース5連勝中です。

ショウナンワダチは牝系にクロフネがいる配合。
実はバクシンオー産駒ってダート系の馬との配合が好相性なイメージはあるんですけど、それにしてもショウナンカンプ×クロフネという配合で上がり33.6を使える馬が出てきたのは意外(笑)
こちらは現7歳世代のショウナンカッサイに続いて、ショウナンカンプ産駒2頭目の『連勝馬』。
なぜだかわからないのですがショウナンカンプの仔はムラ馬が多いようで前走1着馬の成績は【2.4.4.22】とふるいません。
が、ショウナンワダチは稀にみる貴重なショウナンカンプ連勝馬ともいえる訳でこれも注目したいです。






管理人です。

突然ですが・・今回は私が何度も何度も検証を重ね、
「優良サイト」と認定した「勝てる競馬予想サイト」をいくつかご紹介します!



実際の的中実績は・・

-----------------------------------
10月20日(日)新潟4R
3連単フォーメーション3点

結果は・・

7→5→13で入線し3連単的中!

払戻しは221,580円!
-----------------------------------
10月19日(土)京都3R
3連単フォーメーション9点

結果は・・

8→12→1で入線し3連単的中!

払戻しは139,400円!
-----------------------------------


この的中実績いかがでしょう。


実際に上記2Rの高額配当を的中した時の馬券も載せてありますのでCHECKしてください。