20100816090300

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/25(日) 20:22:08.12 ID:nZ1DEEoy0.net
1.ホウオウに「きんのはっぱ」、ルギアに「ぎんのはっぱ」を持たせて同時に育て屋に預ける
2.その後ウメバの森にある祠に向かって夜の0時丁度にあまいかおりを使うと謎のタマゴが出てくる
3.そのタマゴを持って100万歩歩くとなんと…

結果:セレビィが生まれる!!!!!!!!!!!!!

この記事の続きを読む

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/01/28(水) 13:15:32.80 ID:q8DVODO4p.net
ssd141612775843581

no title

ssd1406557100


この記事の続きを読む

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/27(火) 17:21:28.56 ID:9GgY0mI40.net
ん?
no title




この記事の続きを読む

1: 名無しさん@おーぷん 2015/01/28(水)23:02:34 ID:cHM
no title

この記事の続きを読む

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/26(月) 20:29:42.50 ID:TtFSj2cc0.net
星がつかない・・・
no title

この記事の続きを読む

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/27(火) 23:17:28.13 ID:3KQzcCChp.net
これはギリシャらしい

ソースはないけど
no title

この記事の続きを読む

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/28(水) 14:13:56.67 ID:sVV72B6N0.net
no title

この記事の続きを読む

1: 栓抜き攻撃(埼玉県)@\(^o^)/ 2015/01/26(月) 23:35:47.61 ID:+6Uk7kqf0.net BE:829826275-PLT(12001) ポイント特典
海外では当初エキゾチックで食材の入手の難しさから敷居が高かった日本食。
だが現在はローカライズされながらもファストフードやフィンガーフードとして世界に広がっている。

そして今、私たちにとっては普通すぎて意外な食材が注目を浴びている。それは日本ではビールを飲む時に欠かせない「枝豆」である。

海外の日本食レストランにおいて枝豆は「前菜」として食されることが多かった。
それは日本の居酒屋でまずはビールと一緒にオーダーするのと同じような感覚だ。

米メディカル・ニュース・トゥデイは「軽いスナックとしてパーフェクトの枝豆」は、
「塩を振られ小さなさやの中におさまっていて、日本食レストランでおなじみの前菜」であり「熟す前の若い大豆」であると説明している。

だが人気がありそれが豆であることはわかっていても、いったい何であるのか謎のようで、
ニューヨークのトレンド紹介サイトのゴッサミストによると昨年度Googleでニューヨーカーが検索した質問のトップ10において「枝豆とは?」が7位にランクインしている。

枝豆が広がっていったのは、ヘルシーな要素だけではない。
ハフィントンポストは「食べたらクセになりやめられなくなる味、さやから飛び出る豆を食べる楽しさ」と、その魅力を紹介している。
世界的に豆を食べる文化圏は多く見受けられるため、異文化圏の食材というハードルが低かったのも幸いしていることもあるだろう。

実際にYouTubeにアップされた調理法の動画はゆでて塩をふるだけというシンプルなものだが
「ビールと最高に合うよね」「好き、好き、もう超おいしいよね枝豆」などとコメントが寄せられている。

それにしても「食べたらやめられなくなる」というのがまさに私たちが枝豆を食べている時に思うことである。EDAMAMEは今後新たなる日本食の代名詞となるかもしれない。

http://newsphere.jp/entertainment/20150126-1/

この記事の続きを読む

1: キチンシンク(栃木県)@\(^o^)/ 2015/01/27(火) 16:36:47.01 ID:7PvI5unS0.net
【知ってた?】猫用の兜や鎧が存在する / 完成度はメチャクチャ高い! お値段は約14万円から

世の中には様々なペット関連商品が売られている。なかには「これが動物用?」と思わずにはいられない
商品もあるが、今回取り上げるものは間違いなくそのうちの1つだろう。それは……猫用の兜や鎧。

「え、何のために使うの?」という疑問は置いておいて、とりあえずFacebook で公開されている写真を
確認してみて欲しい。その完成度の高さにビビるはずだ。

・カナダ人のアーティスト
ネコ用の兜や鎧を作っているのは、カナダ・カルガリー在住のアーティスト、ジェフ・デ・ボーア氏。
ボーア氏が作るネコ用の鎧兜は、日本の戦国武将を彷彿とさせるものと、西洋の騎士風の2種類ある。
そのどれも、作り込みがヒジョーに細かい。ペットグッズと言うより、もはや芸術作品の域である。


・ネコの鎧は約14万円から
そして気になるのは、その鎧のお値段である。その完成度や制作時間を考えると、
相当値が張りそうな気がするが……ネコの鎧は約14万円からで、精巧なものだと約24万円~約30万円。
兜は約35万円からオーダー可能。なお、ネズミの鎧は約18万円からだそうだ。

どれも簡単に手が出る価格とは思えないが、「いくらお金を投資してもいいから、とにかくウチのネコを目立たせたい!」という人には、うってつけのアイテムかも!?
no title

no title

no title

no title

no title

この記事の続きを読む

逆☆アクセス
アクセスランキング

ブログパーツ アクセスランキング ブログパーツ ブログランキング・にほんブログ村へ

フィードメーター - あじゃじゃしたー



あじゃじゃしたー人気カテゴリ