今、為替・FX界隈で大変な話題となっている人物がいる。

その名をKeikanaという。
FX取引の世界で、後世にまで名を残すだろうと言われる稀代の相場師だ。

けいかなLIneだぴょ~ん
Keikana
Keikana Lineという独自の理論を構築し、日々の相場で成果を上げるばかりでなく、後進にその技を伝えている。

パワーバランスシリーズサイクル理論、更にはパラレル理論などだ。


そして我々プロフェッショナル取材班は今回、新作となる
パワーバランスシリーズ3.5が発表されるという情報を掴んだ。


まだ世に出ていない新理論だ。こんな機会を見逃す手はないだろう。我々は彼に接触を試みた。どんなにその「
お顔実体じゃない部分」、特に下に伸びた「実体じゃない美しきキューティクル」が天使の輪のようでも、それではアナタの魅力はスポイルされてしまう。「魔人ブゥ」のような可愛らしさが「台無しだ!」と、心の底から訴え、密着潜入取材の許可を求めたのだ。

ペロフェッショナブル
職業:先駆者

異名:道を切り開く者

別名:くず!

取材は許可された。そして彼は言った。
存分に吟味してみて下さい。これは
会心の自信作なんです。どうぞ隅から隅まで、この新作の利点をお感じになって、ご自身のトレードに生かされて下さい。と。


なんという自信
だ。我々はのっけから面喰ってしまった。新作とはそれほどのものなのか。印字された「3.5」の文字が眩しい。我々にできるのだろうか。一抹の不安がよぎった。難解で特別な理論だったら、とてもではないが我々のような為替素人にはその魅力は伝えきれない。


だが我々だってプロだ。
プロフェッショナルジャーナリストだ。
意を決してページをめくった。心して資料に潜入した。プロフェッショナルを取材するプロフェッショナルとして、最高のレビューを読者の皆様にお伝えするために。


☆並行投資力学採用・Keikana Line新作資料 パワーバランス3.5

並行投資力学っていったい何だ。なんでも「価格レンジが0から構築できてしまう」という代物らしい。

ゼロからだと?なんという眉唾モノ。何が並行投資力学だと、我々は閉口した。レンジとは普通は、ある程度の値動きを見た上で判断できるモノだ。それがゼロ、つまりはレンジ開始前から予測が立ってしまうだなんてありえない。

これが・・・
コレが・・・

こーなるというのか?
こうなるというのか?


まさか・・・。それでは「
未来予想」ではないか。
そんなことは有り得ない。出来るわけがないじゃないか。

と、我々は口々に疑問をぶつけた。そのとき、カメラマンブゥ小西が言った。常人の5倍はある胃袋を持つ神だっているのだから、未來予想のできる資料があっても不思議では無いのかもしれない。


なるほど、そういうものかもしれない。

我々は資料をめくった。もちろん、ジャーナリズムの観点からきた純粋な知的好奇心による行為だ。この未来予想図を手にすれば為替相場でウハウハだ!などという、不埒な考えは微塵にも持っていない。

だが、それでも信じられはしなかった。ゼロから将来の値動きを想定できてしまうなんて、誰が信じようというのだろうか。


出来てしまった!

それも簡単に。あっさりすぎて拍子抜けするほどに、いとも簡単にレンジを作ることができてしまった。

驚いた。これなら、この方法なら誰にだってできるKeikanaと同じようなラインがなかなか引けないという、研鑽初期の我々の悩みが一気に解消されてしまう。


だが、驚くのはコレだけではなかった!

そうなのだ。驚くべきはまだ先にあったのだ。
なんとkeikana師は、
とある手法飛躍的かつ独善的に、なおかつ慇懃無礼に活用して、
上記にて作成したレンジを更なる羅針盤へと引き上げてしまったのだ。


こんな方法は思いもつかなかった。

これはもうパワーバランス3の派生資料ではない。元のパワーバランス3もレンジを形成できる素晴らしい資料だが、3.5はその概念すら突出している。


3.5
の名でいいのだろうか。パワーバランス3 Amazing。それともMarvelousだろうか。いや、アメイジングでもマーベラスでもない。
ADの天の川照子が叫んだ。これは
パワーバランス3MTPだ!と。


More than perfect
。レンジを事前に知ることのできる資料として、これ以上の完璧があるだろうか。と、我々取材班は全員が納得した。取材前の疑念は全て消え去った。Keikana師のあの自信が、今では何と控え目だったのだろうとすら思えてくる。


もちろん最初は目を疑った。だが、チャートに理論を置き換えてみると、疑ったその目を丸くせざるをえなかったのだ


それほどまでに効いていたのだ。レンジの機能をゼロの段階から十二分に実感できる。レンジの値幅を事前に知れるということにトレーダーがどれだけのアドバンテージを得ることになるかについては想像にお任せしたい。


我々取材班としては「
想像をはるかに超える」効果があるとだけお伝えしておきたい。なにしろ、レンジをゼロの段階から作成することができるだけでなく、レンジが破壊される事象までをも、我々に早期に教えてくれる資料なのだから。


それでは最後に、我々のテーマ曲をお楽しみいただきたい。

映像には特別出演として、最近話題の「密〇人ノ〇ラ」氏に、もうひとつ「の」を加えた懐かしい先生にご登場いただいている


プロフェッショナル 仕事の流儀 ~野々村竜太郎さん~


※尚、映像の内容は、本記事本編とは一切関係がございません。予めご承知おき下さいますよう、重ねてお願い申し上げます次第にございます。


fx-on
のちひろ記事 1回目記事 

fx-onのちひろ記事 2回目記事 

fx-onのちひろ記事 3回目記事 

fx-onのちひろ記事 4回目記事 


ブログランキングに参加しておりま~す


エッセイ・随筆 ブログランキングへ

↑よろしかったらポチっと押して下さいませ↑