サンタさんはいますか?

子供の頃、私はサンタさんがいると信じていた。
高学年になるまで。
「そんなもんは居ないよ」ってお友達が言ったって、
信じていた。信じたかったっていう方が近いかな。

クリスマスには家に大きなツリーを飾って、
ささやかなご馳走に、子供用シャンパンに、ケーキに。
次の朝起きたら枕元のプレゼントに一喜一憂した。

一憂ってのは、
頼んだ物じゃない時もあったからね。
ある程度大きくなって、プレゼントが絵本の時は少しだけ凹んだ。
「絵本は好きだけど、サンタさんは大きなおもちゃ持って来てよね」って思ったのだった。

大人になってからは友達と過ごしたり、
まぁ、いろいろあるのだけれど、
実際は、歌う人になっていたので、
どこかで必ず歌っていた。

そして大人になるたび悲しいクリスマスを経験してゆく。
歌い終わって片付けたらもう23:00とかになっている。
例えば共演者や、バンドメンバーは待つ恋人がいたりする。
私にも待つ人がいる時はさっさと帰るのだけれど、
居ない年は寂しいクリスマスと向き合わねばならなかった。
友達を呼び出しご飯を食べながら、
「な〜にがクリスマスダァ〜」とか言ってみたり。
心には寒い風がピュウピュウ吹いて居た。
こっから年末とかもうブルーの日々だった。

ってなんか面白い。
寂しいクリスマスも今となってご覧の通りネタである。

ママになってからは、
ベビに素敵な思い出を作ってあげたいと奮闘しています。
今年はみなさんと一緒に過ごせて幸せです。
お昼だからまだブルーにはならない。
大人のクリスマスは案外切ないと思うので、
思いっきり切なくなってもらおうかな。

ご予約宜しくね。
それに、2017年、最後の音楽旅行です。
無理して来てくださいね。

L o v e ❤️
12月24日(日)昼
Soap Opera Classics

<SOC-Umedaのクリスマス>
Open12:30/start13:00
adv¥2500/door¥3000(別途D&F¥1100)
Kiyoka/シミズリエ/PeSe/正井千尋


FullSizeRender
昨晩のホットワイン。
あったまりますね。