2015年06月13日

祝!真琴(10歳)

 真琴、おめでとう!10歳!
 ちょうどこのブログを書き始めた頃、真琴がお腹に来てくれて、それから私の生活は大きく変わった。大変なこともあったけれど、それも含めてとても良い10年間だったと思う。生まれてきてくれて、ここまで元気に育ってきてくれてありがとう。これからも体と心の成長をずっと見守っていきたい。

真琴は、この1年で背がぐっと伸びたように思う。今私の肩くらい。顔つきも細くしまってきた。

ついつい普段は叱ることばかりで、なかなか優しい声掛けをしてあげられないが、千晃や帆南とふざけ合う姿はまだまだ可愛い。

〇学校生活
高学年んお仲間入りをし、運動会では応援団になり連日の朝練に通い頑張った。走ったり、競技面では目立たないが、ダンスはびしっと決まっていたと思う。バレエを続けている成果だ。

3年生後半からは、「真琴学校」と称して、水曜日の放課後に男女10人前後を家に呼んで遊ぶことが増えた。家の前で遊んだり町内を走ったり、寒い冬には部屋で妖怪ウォッチをしたり・・・男女一緒にこの歳で仲良く遊べるのは羨ましい。友達に、クラスに恵まれたなぁと思う。
一方で、友人とのちょっとしたトラブルもちらほら。3年の時には、男子の暴力や言葉に傷つき、一度スクールカウンセラーに話して気持ちが落ち着いたこともあった。そして今も話したいと言っている。詳しいことは私に教えてくれないが、やはり色々出てくる頃なのかな。
クラス替えの無い25名。小学校残り半分も色々濃くなっていくんだろうな。

〇習い事
バレエでは3年の夏からトゥシューズを履き始めた。クリスマスのくるみ割り人形公演では履かなかったが、4月の全体発表会では初めてトゥシューズで踊った。
正直、うまくなったなぁというのが感想。去年まで「素質無さそうだからやめてもいいのにな」と思っていたが、やっと「継続は力なりだな」と思わせてくれた。友達と一緒だからこそ楽しく続けられているのだが、本当によかったと思う。これからも気が済むまで続けてくれたらいいと思う。

一方、去年迷ったうえで続けた体操は、友達と共に3月で退会した。最後の表彰式にはなぜか涙。先生に対して怖いという印象を持ち続けていたようだ。
本来さほど運動神経の高くない真琴が、体育を得意科目としていたのはこの体操のおかげだったと言ってもよいだろう。

去年から始めた英語。土曜日の夕方、しかも長時間でしんどくなるかなぁ・・・と思っていたものの、とても楽しく、割と意欲的に受けているようで、始めてみてよかったと思う。

去年冬から始めた公文。頑張ってはいるが、やるならもう少し早く始めた方がよかったのかな。足し算、引き算が速くないから割算もかなり苦労していた。今他の勉強も忙しいから「やめたら?」と言うのだが、本人続けたくて仕方ない。

4年になり塾に行き始めた子が増え、真琴も行きたいようだった。
が、あえてここは金額を抑えることと、送迎の手間をなくすために、四谷大塚の通信教材を続けるよう勧め、2月からなんとか5か月、頑張ってきている。毎週、遅れがちで私に厳しい事を言われながらも毎週なんとかテストを提出しつづけている。真琴のそういうところはすごいなぁと思う。
私もなるべくきつい口調をさける努力をしないとな・・・・。でももう少し自分から積極的に取り組んでくれたらな。

〇遊び
一時期、DSやi-Pad中毒になりそう・・・?という時期があった。「眠い〜」なんて言って布団の中で隠れてDSをやっているなど。でもすぐばれた。一度取り上げたりしたことで、中毒症状は減り、今は友達と遊ぶ時程度におさまっている。私ももともとゲームは好きだから気持ちはわかるんだけど・・・・。
友だちとは、曜日の合う子と遊ぶ・・・という感じなようだ。特別この子が親友って決まった子がいるわけでもないらしい。ちょっとトラブルがある子はいるようだが、その子とも普段は普通にしているようだ。

帆南や千晃と一緒に遊ぶことは減った気がする。机で何か書いていたり、何か読んだりゲームしたりの方が楽しいみたい。でも友達が来るとごっこ遊びはするようだが。

〇帆南と真琴
帆南のちゃっかりしたところを真琴は疎ましく思っているようだ。でも一方で帆南は(機嫌が良ければ)真琴の言うことを割と素直に聞くし、楽しい話し相手にもなっているようだ。
学校へは別々に行っているようだが、帆南が友達の家に遊びに行く約束をしたら、真琴も行きたくて後から帰宅したのにわざわざ連絡してでかけていったこともある。

〇千晃と真琴
未だに千晃に泣かされている。叩かれたり、頭突きされたり・・・。でも千晃に同じようにはやり返さないのよね。優しいな〜と思う。

〇長所
ちょうど今日、学校で、みんなが前に出た子の良い点を10個言うというのがあって、真琴が前に出たそうだ。
どんなこと言われた?と聞いたら・・・
・絵が上手
・工作が上手
・やさしい
・頭が良い
・意外とサッカーがうまい
などの意見が出たそうだ。そうだね、真琴、学校でも素敵な子だよね。



2015年06月12日

祝!帆南(8歳)

 帆南の8歳の誕生日は、自分で何か月か前からカウントダウンをして迎えた。あと2ヶ月で誕生日、あと1ケ月で誕生日・・・と心待ちにしている姿がなんとも可愛らしかった。
 幼いころはそこまで誕生日へのこだわりがなかったので、真琴と一緒に別の日に誕生会を開いたものだが、ここまで心待ちにしていると、やはりその日にしっかりお祝いをしてあげなきゃと思う。たとえそれが今年のように、運動会前日であっても。
 1週間くらい前から、「誕生日の日はステーキが食べたい!」とリクエストしてたので、スーパーでいつもより奮発して牛肉を購入、ステーキの夕食にした。奮発しただけあって、帆南と真琴はその柔らかさに感激。「おいしぃねぇ・・」と何度も言いながら食べてくれた。千晃にはそれでもまだ少し固めだったようだ。
 ケーキは定番のいちごショート。いちごを真琴や千晃から集めてたくさん食べていた。
 プレゼントは、祖母から頼んでおいた妖怪ウォッチ女の子版、パパからゴム編みセット、真琴からバースデーカード、私から(一応サプライズで)手作りのアナ雪スカート、千晃からはお絵かき用紙(?)。どれも一通り喜んでくれいざかたづけ・・・となった時の一言が面白かった。

「あぁ、誕生日、楽しかった!次は来年だなぁ」

帆南、そういうなんかクールなところ、私は大好きだよ。

〇学校生活
 1年生の間は、学校をそれなりに楽しんではいるようだったものの、まだまだ遠慮している部分が多かったように思う。放課後も自分からお友達と約束することが無かった。
 学校ではしっかり者のイメージでいたようだ。そしてでしゃばることなく、嫌われることなく、お友達に誘われて過ごしていた様子。
 フェスタでは合奏で鉄琴に選ばれ、それもしっかりマスターしたようだ。とてもいい表情で合唱や言葉、演奏をしていた。
 2年生になり、クラスも担任も変わらぬままとなって、ようやく本領を発揮してきたかなぁという気がする。
 運動会ではリレー選手になり、ダンスもしっかりこなして最後の合図のセリフ担当になり、大玉送り競技でもアンカーで活躍した。
 お友達からは「字がうまいね」と言われている様子。また、火曜日に友だち数名と遊ぶようになり、それを一番の楽しみにしている。
 勉強の方は家では宿題と公文をこなすのがやっと。毎日言われないと・・言われてもなかなか取りかからず、私はいつもイライラしている。

〇習い事
バレエは積極的でないながらもずっと続けている。4月には全体発表会があり、それは楽しかった様子。直後だけは「レッスンを週2日に増やしたい」と言ったものの、その後すぐに「やっぱり増やさなくていいや」・・・とのこと。まぁ、他にも色々多忙なので、無理させることもないかな。
1年の初めから始めた英語は、幼稚園からの友達と一緒というのもあり、楽しんで通っている。飴やお菓子をくれるという先生のやり方も帆南にぴったりな様子。
去年の5月位にチャレンジまで手が回らなくなってしまいやめてしまってから、ほぼ宿題をこなすだけの家庭学習だったが、11月頃にぽつりと「計算が速くなりたい」と話した。それをきっかけに公文に入会。毎日こなさせるのは大変だが、なんとか学年より進んで頑張っている。

〇遊び
お友だちとは最近たまごっちにはまっている。別の性別のたまごっちを育てて、お見合いさせて・・・などとやっている様子。
家では、プリキュアのフィギュアはあらかた集め終わり、それは宝物。他には千晃が遊んでいるのに加わって遊びを乗っ取る(自分の思い通りにしていく)ことが多く、千晃にとってはいいような、悪いような・・・(笑)
DSも真琴からお古をもらい、どうぶつの森などを楽しんでいる。

〇真琴と帆南
なんだかんだいって仲がいいように思う。真琴の友達が来た際にも一緒に楽しんで遊ぶ。おふろでもぺちゃくちゃぺちゃくちゃ盛り上がっている。真琴のことを尊敬している面もあり、よくしかられている真琴を見て自分も気をつけなくちゃと思って気を付けている面もあり。

〇千晃と帆南
こちらも、なんだかんだいって仲がいいように思う。帆南は「千晃の寝顔は可愛いんだよね」と言う。わがままを言わない、逆らわない千晃のことは可愛いようだ。でも最近は生意気な千晃と衝突することも多く、自分から喧嘩をしかけることは少ないとはいえ、千晃には決して負けたくない帆南は本気で千晃のことをやっつける。泣くまでやり返す。。。でも千晃が遊んでいると気になってついつい遊んでしまうみたいだ。





2014年09月21日

祝!4歳(千晃)

先日、幼稚園での誕生会にあたって、母親インタビューで「どんな赤ちゃんでしたか?」との質問がされることになった。4年前のこと・・・・恥ずかしながら、全く記憶に無い状態。そこで久しぶりに自分の書いた過去の記事を眺めてしばし思いだしてみたのだった。

毎日毎日、なんだかせわしなく過ぎてしまうけれど、そしてその時その時の子ども達の様子はいつも印象的で忘れないような錯覚に陥るけれど、きっとこの4歳を迎えた頃のことも私は忘れてしまうんだろうな、、、と急に不安になったので、また、回数はすくなくなるかもしれないけれども、なるべく書いていきたいと思う。

オラフ千晃の4歳の誕生日はちょうど日曜日。両方のおばあちゃんを呼んでささやかなパーティをした。偏食の彼が食べられる料理・・・となったので、ハンバーグにオムライスが中心の普段の夕食?みたいなメニューとなった。マッシュポテトで大好きなアナと雪の女王のオラフを。全員分作るまでに至らず、子供分だけ(笑)
プレゼントは、義母からはリクエストしたアイスクリーム屋さん。木でできた豪華なセットで、毎日のお店屋さん遊びに活躍している。母からはチャギントンのレール遊びセット。チャギントンは、ひとつ上のお友だちZくんにDVDをもらったのがきっかけでしばらく大ハマりしただけあって、貰った時はすごく嬉しそうな表情だった。夫からはトミカタワー。こういうの、男の子じゃなくても憧れるんだよね!でも我が家には大き目のミニカーが多いため使えるトミカが少なく、たまに詰まらせながらの遊び・・・。壊れませんように。

幼稚園の誕生会では、きちんと名前と年齢を皆の前でいうことができた。お礼拝とパーティの後のカレー給食は3回もおかわりをする食べっぷり。普段の給食ももっと食べられるようになるといいね。

◎体の成長
まだまだチビっこで91cm、12kg。3歳児検診で低身長で引っかかり、順天堂病院で一度血液検査と手のレントゲン検査をやったが、その範囲では異常はないとのことで、見守っている状態。それをきっかけに遊走睾丸も見つかり、こちらは去年の秋に手術で治した。3日間の入院、頑張ったよね。今でも記憶にあるらしく、「痛いのしたよね?」とか「苦いお薬のんだよね?」などと話すことがある。

◎生活全般
星占いで「この子は寝ないとダメな子だよ」言われた通り、放っておくと朝寝坊な千晃。幼稚園の始まった4月は朝起こすのが大変かなぁ・・・と心配していたものの、8時頃には起きてくる生活にはなった。
春は夕方位に疲れて寝てしまい、夜起きて眠れずに困ったこともあったが、今は体力がついたのか、ほぼ昼寝なしだ。
ゆっくり目に8時頃起きると、朝ごはんを食べながらおかあさんといっしょなどのEテレを観る。私はその間に洗濯物干しをし、自分の身支度。40分を過ぎた頃から歯磨きと着替え、体温を測り、55分の番組が始まるところでTVをスイッチOFFし、出かける。
トイレも、背がないので便座に座らせるのはやってあげることが多いが、なんとか一人で行けるようになりつつあり・・・・うんちは春にはもらすこともあったが、さすがに幼稚園では失敗は無く、最近はギリギリのタイミングでかけこむパターンが多い。自分でパンツを脱いだりするのも面倒なのかやってもらいたがることが多い甘ったれ。
着替えも自分ではなかなかやりたがらず、結局手伝ってしまうことが多い。甘やかせすぎかな。

◎幼稚園
幼稚園も楽しんでいるようで、2学期に入ってからは登園拒否は無し。最近はうんどうの日に向けておかれた跳び箱ジャンプをやるのが楽しい様子だ。
偏食のため、お弁当はたいていおにぎり2種におかずがはんぺんのチーズ焼きかハンバーグかミートボール。それにポテト類。毎週水曜日の仲良し給食では食べすすめられず苦戦しているようだ。
お友達の名前をだいぶ覚えたようで、友達ともなんとなーく会話したりしているみたい。先生にもよく話しかけるようだ。
2学期から預かり保育に週1回入れているが、そちらも楽しんでいるようで、平尾先生にも沢山話しかけてくれるそうだ。
悩みをしいて言えば、朝と帰りの靴の脱ぎ履きに非常に時間を要すること。帆南のお古のバレエシューズではうまくできなったので、履き替えやすい上履きに変えたのだが、それでもダラダラダラダラ....5分以上かけている。行きだけなら「別れたくないのかな?」なんて思うけれど、帰りもだからそうではないらしい。おっとりタイプ?

◎遊び・興味
・今のブームは「アイスクリーム屋さん」や「レストラン」。おままごとセットとキッチンを出してあげ、「ランチセットください」などとお願いするとせっせと作って運んでくれる。フードコートをまねて、「これがブルブルしたらできます」とか「2番です」とか言うのも好き。ただ、料理の内容にはあまりこだわらず、適当なものがお盆に乗っかってでてくる。おもちゃのお金の授受をするのも好き
・プラレールやミニカーでも遊ぶが、一人で集中することはあまりない。パパや帆南がレールを作ってくれ、一緒に相手をしてあげると嬉しそう。特に帆南とは、「ここは洗車場ね」などと言ってチャギントンごっこになるみたい。
・帆南のやることに一番興味があり、帆南と遊ぶのが一番好き。
 邪魔されたくない帆南が遊びに入れてくれないと、号泣する。
・先週は、真琴が近所のお友だちの家に行くのについて行った。帆南の友達の家にも遊びに行かせてもらったこともあり、姉がいれば私がいなくとも遊べる方が良いらしい
・アナと雪の女王のDVDが来てからは何度も繰り返し観て歌やセリフを覚えていった。私一人の前で、振り付けで「ありのままの」を披露してくれたのがすごかった。が、その後何度もリクエストするがやってくれず。
・妖怪ウォッチも姉たちと一緒に観るようになる。「いったんごめん」という妖怪がお気に入りで、帆南が「出てこい、俺の友だち!妖怪メダルセット!!!」とすると千晃が「ごめーん、ごめーん、いったん、ごめーん」と出てくるコント(?)いや物まね(?)をやってくれる
・幼稚園の男の子の影響で一時特急ジャーにはまりそうになったが、一度番組を観たら怖かったようで、その後観なくなった。(が、特急ジャーの歯ブラシを使うのは嬉しかったみたい)
・夏前くらいから恐竜に興味を持ち始めたので、横浜でやっていた恐竜展に行った。そこで骨にくいつくティラノサウルスの模型に釘づけになった。その後も図鑑や絵本を見たり、物まねをしたり(似てないが;)。ただ、名前を沢山覚えるって感じではなく、覚えたのは今のところティラノサウルス、トリケラトプス、ステゴサウルス、アンキロサウルスくらい。また、夏休みに行った西新井のプラネタリウムで観た「シーモンスター」という魚竜の物語も印象的だったようで、今もしばしば会話に出てくる。

◎言葉
・語彙はとても増え、しりとりが長く続けられる。
・クイズの出しっこも好きだが、千晃のクイズはよくわからないものがまだ多い。
 (まるくて、あかくて、おおきくて、なーんだ!とか)
・おしゃべりがとても増えて「きいて、きいて!」と姉たちと話す時間の奪い合いをしている
・言い始めの3文字目くらいでどもることが多い。手や足で勢いをつけて言ったりしている
・「か」行と「た」行の区別がしづらい。しりとりをすると混同していることがわかる

◎帆南と千晃
千晃は帆南が大好き!喧嘩が一番多いんだけど、それでも好き。
帆南も千晃が遊んでいるとそれに興味を持ち、口を出して一緒に遊びだす。しまいに遊びを乗っ取り、千晃が泣き出すことも。
一方で帆南は千晃が何かに困っているとすぐに手を差し伸べてあげる。お茶が飲みたいというと(私がすぐにやれないと)、すかさずついであげたり、私に言われなくても歯ブラシに歯磨き粉をつけてあげたり。そんな優しさを千晃も感じていると思う。
また、帆南は千晃を操るのも上手。先日のこと、私が3粒の飴を2人に食べる?と出した。金太郎飴みたいなので、それぞれ「ライオン」「いちご」「ぶどう」の模様がついていた。すると帆南は「わぁ、ライオンおいしそう!いろんな色があるからいろんな味がするかもねー。茶色いのはチョコかな?」などと言った後で、「ちあはどれ食べたい?」と聞いていかにも譲ってあげるわよ的な態度。千晃は多少迷ったものの、ライオンをゲット。すると帆南はさっといちごを手に取った。(絶対、ぜーったい、いちごを取られないように防御線はったんだね)

◎真琴と千晃
千晃は真琴に強気だ。多分、真琴には叩いたり蹴られたりしないと信じているからだと思う。
実際、帆南はやられたら倍返しをするが、真琴は千晃に手出しされても口で怒るか泣くかでやり返さない。
その辺は真琴はやっぱりしっかり姉なんだな、と感心する。
弟に泣かされて情けないなぁと思う時もあるけれど(笑)
真琴と千晃とが2人で遊ぶことは少ないけれど、仲が悪いわけでもない。千晃は真琴にだけいじわるな事を言ったりして、それはそれで心を許しているんだと思う。

sportscar丸の内キッズジャンボリーにてスポーツカーに試乗

jigazou夏休みの家あそび。等身大千晃。


2014年07月15日

最近のこと

すっかり、すっかり久しぶり。。。。
書かないのが普通になってしまうと、月日の過ぎるのの、早いこと、早いこと。
色々ありましたが、わが家の子ども達、元気にそだってくれています。

●真琴
現在3年生。バレエのトゥシューズレッスンが始まり、今はヤル気モード。それならバレエに絞れば?と暗に辞める決断をさせた体操の方も最後の最後に「続けたい!6年生まで頑張りたい!」とのことで、継続。今年から上級生クラスになり、バック転や空中回転、鉄棒ではともえなどすご技(?)の習得練習が始まった。元来器用な方ではないのでまだまだ苦戦しているが、努力が実るよう期待している。
6時間授業が増え、お稽古に行く時間も遅くなったのに友だちともしっかり遊んでいる毎日・・・・そのしわ寄せが家庭学習に来ている様子。日々は宿題をこなすので精一杯。
今年から学級委員が選ばれるようになったとのことで、さっそく立候補し、当選。月に1度の代表委員会に出席するくらいが仕事のようだが、そういう役割を楽しんでできるのは彼女のいいところだと思う。
担任が変わり、離任式では号泣。でも今度の担任にもなじんでいるように思う。理科の先生とのことで、教室での昆虫などの飼育が多いように思う。

●帆南
年中から転園した幼稚園生活も2年目は満喫したように思う。夏のキャンプでは夜眠れずに泣いたそうだが、楽しい思い出を作った。運動会では一人で走れないお友達を連れて、頑張って2人分走ったね。クリスマスのページェントでは、恥ずかしがり屋の帆南らしからぬ堂々とした演技を見せてくれた。そして小学校入学。恥ずかしがり屋で授業中もおとなしーくしているようだが、リレーの選手になったのをきっかけに走ることに少し自信が持てた様子。
はたまた夏のプール授業はとても嫌なようで避けていきたいのがみえみえ。
家では千晃とよく遊び、よく面倒をみてくれるいいお姉ちゃんになった。千晃としょっちゅうぶつかり泣かせてはいるものの、弟がかわいくてしょうがないような感じもよく受ける。

●千晃
この1年で一番変わったのは、もちろん千晃だろう。
この春から幼稚園に入園。一時は登園を拒否したこともあったが、さほどひどいものでもなく、それより自分の身の回りのことがしっかりできるようになったり、手遊び歌をたくさん覚えたり、会話力が増えたり、特急ジャーや恐竜など格好いいものに惹かれるようになったり・・・成長著しい。

●私と夫
夫はこの春に転職、、、、休暇を取れない3か月間は精神的につらかったとは思うものの、体調も崩さず頑張ってくれている。
私は、今年3月あたりから、出社日を週1⇒週2日に増やした。この夏休み、義母に頼りつつ、なんとかしのげますように。


chihiro_tokyo at 19:18|この記事のURLComments(0)

2013年06月16日

プールを餌にトイレトレ?

昨日の出来事。
西日の当たるリビングで暑さに耐えられなくなった娘たち。近所の公営プールに行こうということになった。
入るのはおむつがとれていることが条件....なので、千晃は私と留守番することになった。

朝からパンツを履かせたものの、本人めんどくさがってトイレに行かず、私もこまめに時間図るのがめんどくさくてトイレに誘わず...状態だったので、朝から既に3枚の失敗パンツがたまっていた状態。

「ちぃも、いく〜!」と訴える千晃に娘たちが「だって、ちあはトイレでおしっこできないでしょ?できないとダメなんだよ」と説得する。が、眼のふちを赤らめてくしゃくしゃの顔で「いくのぉ〜」とぐずる千晃がカワイソウ。

結局、「ちぃ、トイレでおしっこできるなら一緒に行こう。私がずっと責任もってトイレ連れて行くから」ということになり、千晃の表情が一転し、すぐに自分でズボンとパンツを脱いでトイレに走った。

プールでは、入る前にトイレ、途中もトイレ...と普段なら絶対面倒くさがるはずなのに、素直に「うん、いく」とついていった。プールもしばらくはしがみついていたものの、徐々に慣れて浮輪でバタバタ足をしたり電車ごっこしたりして遊んだ。

夜が明けて今日、昨日のプールが相当楽しかったらしく、何度も「プール、行ったね〜。また行こうね〜!」と話してくれた。そのたびに私たちに「そうだね、ホントのパンツマンにならなきゃね」と言われているが。プールを餌にトイレトレ、あっさり成功するかもと、淡い期待を持ち始めている。

chihiro_tokyo at 22:15|この記事のURLComments(2)育児 

2013年06月02日

祝!6歳(帆南)

1年ぶりの成長記録になってしまったが、先日帆南が6歳の誕生日を元気に迎えることができた。
身長104センチの小さな年長さん...私も日々の生活に手いっぱいで普段は娘の成長を実感する余裕もないが、写真を見て振り返ってみると、色々あり、成長しているんだな、と実感する。
今日は、最近の様子や、去年からの1年を振り返って感じたことをつれづれなるままに書き記しておく。

〇幼稚園
去年の誕生日にはまだ引っ越して転園して間もない頃だった。
幼稚園には一度も泣かず、嫌がらずに通っていたものの、仲良くしてくれた女の子が2人、立て続けにお引越ししてしまい寂しい思いをしていたようだ。一緒に年中から転入した女の子と仲良くなったものの、園では根っからの恥ずかしがり屋っぷりを発揮し続ける...転機が訪れたのは12月に双子の女の子が上海から転園してきたあたり。三学期、グループが一緒になったのもありその子達と仲良くなると、お迎えの度に「今日も〇〇ちゃんともっと遊びたい!」と言うようになる。そして他の子ともよく遊ぶようになったようだ。
三学期の面談で、担任の先生から「帆南ちゃん、最近すごく変わりました!今までずっと遠慮していたような、周囲を観察し遠巻きで見ていたような感じでしたが、最近は思ったことを時にきつい言葉でズバッと言ったりして、周りも少し驚くこともありました」とのお話があった。
年度があけて年長になり、さらに友達との結束は上がった様子。お迎えしてもまだ遊び足りない日が多い様子。
かといって、友達を誘って遊びに来てくれたのに、しばらくするとテレビを見始めちゃって友達放置→千晃と遊んでくれる・・・なんて時も。やっぱりどこかあまのじゃくな帆南だ。
夏には2泊3日のキャンプが控えている。「バディでサマーキャンプもスキーキャンプも行っているから大丈夫!」と発言しているものの、姉ぬきでのお泊りはしていないから、ちょっと心配もあるのかな〜。でもまたこれが成長の糧となりますように。

〇自転車
ここ最近は自転車ブーム。
去年のGWに自転車に乗れるようになったものの、一度転んで以来嫌がって乗らず約1年自転車を封印していたが、今春から乗り出した。GWに連日乗ったおかげですっかり自信をつけ、今では千石の習い事や、姉の体操教室の送迎、遠くの公園など、基本的にどこでもでかけられるようになった。
家に帰る際に必ず登る坂道も、立ちこぎを覚えてだいぶ上達した。
今は、ストライダーにはまっている千晃と共に、家の前での自転車タイムが日課のようになっている。

〇つくえ仕事
「真琴みたいに机が欲しい〜」とねだられたが「小学校に入ったらね」とまだ保留状態。
そのうち、子供が沢山来た際に出した小さなちゃぶ台を使っていいよと話すと、机を自作した。
チャレンジでもらった文具ケースなどを並べ、収納スペースが足りないと、隣の棚を整理し、引き出しを置いて...その机で細かな書き物をすることが増えた。
ちょっとした絵だったり、幼稚園で呼んでもらった絵本の話だったり、ママやパパへのお手紙だったり。

〇テレビ
相変わらずテレビアニメ好き。
過去のプリキュアをパパに頼んで借りてきてもらって観ることも。
誕生日のプレゼントもプリキュアのドールで、ばばちゃんはドリームで、パパは〇〇で、、、、、と個別指定された。

〇ボードゲーム
帆南はボードゲーム好き。オセロ、トランプ、ウノ、五目並べ...などなど。負けず嫌いだが(姉と違い)すぐに切れて泣きべそをかくこともないので、相手をするのもあまり苦にならない。意外と強い。特にウノやトランプ「51」などは帆南が勝つことが多い気がする。
今年の誕生日に、「大きな森のどうぶつしょうぎ」をプレゼント。はまってくれそうだ。

〇山登り
yokodake去年の8月、真琴がパパと山登りに行く計画を立てていた。
バディの富士登山キャンプが中止になった代わりに行こうとしていて、北八ヶ岳・横岳に行くという。
前日夜、帆南が突然「行きたい!」と言いだした。
「根を上げない」ことを約束し、一緒に連れて行ってもらった。
私は留守番していたので詳細は知らないが、約束通り根を上げず、頑張ったようだ。
(どちらかというと姉の方が文句タラタラだったとか)
これは帆南にとって、夏の一番の思い出になったようだった。
drawing

今年のGWには千晃も連れての初登山で高尾山に行った。
ケーブルカーを使っての簡易登山だったが、こちらも帆南は最後まで先頭を進み続け張り切った。
(帰りの電車を降りるとぐずぐずになってしまっていたが)

〇バレエ
ballet去年5月から始めたバレエ。園のお友達も一緒なのもあり基本的に楽しんで通っている。
だが、12月の発表会以降はなんとなくダレ気味。練習を見てほしいというので見学部屋で見ていても、レッスン後半はふざけたりだらけたりしていることが多いのが気になっている。
7月終わりにまた発表会があるが、気を引き締めさせたいが、ずっと引き締まらなかったら一度辞めさせた方がよいかな、とも思っている。

〇姉、真琴
以前に比べると、喧嘩もずいぶん減ったと思う。
車でどこに座るかとか、歯磨きの順番とか、大人にとってはくだらないことでちょこちょこやってはいる。
真琴も帆南も、それぞれのお友達と遊ぶことが増えたので、二人っきりで遊ぶ時間は減ったが、休日に家にいると二人で長い事ごっこ遊びをしたり、真琴の好きなマリオの世界の話をしたり、帆南が園で教わった歌や手遊びを一緒にやったり、ということが多い。
先日は真琴がパソコン教室で教わってきたペーパークラフトを「帆南にも教えてあげる!」と言ってGoogleでサイトを検索し、ペーパークラフトを選ばせてもらっていた。
真琴の友達にも妹がいる子が多く、一緒に遊べるのも嬉しい。

〇弟、千晃
千晃にとって(私は別として)、一番身近な存在が帆南だと思う。
自分のすることをすべてコピーする千晃。
ママが言っても反抗することを、自分が言うと素直に聞いてくれる千晃。
それだけで親しみが出てくるんだろうな、と思う。
一方で、喧嘩も多い。人形遊びやブロック遊びなどをしている時には、それを崩す千晃が邪魔。
帆南の自慢の机に、自分の留守中に座り、物を出したり動かしたりするのが許せない...
良くも悪くも、一番近い存在なようだ。
普段は歯ブラシを用意していあげたり、着替えを選んで手伝ってあげたり。
帆南は自分が気に入らないと叩いてでも言うことを聞かせようとするので、怖いときもあるようだが、面倒見も良いので、千晃も大好きなようだ。

2013年03月01日

トイレトレーニング始まりました?

便座に座らせるとおしっこが出るようになった千晃。すんなりおむつとれるかな〜と期待したのもわずかの間、千晃自身が決めたトイレ儀式じゃないとやってくれないので面倒きわまりないこの頃だ。

チアキッズのトイレトレ・スリッパで登場まずは、なぜか全裸になる。着替えが下手だから所要約5分。(多分、その間におしっこが出てしまっている様子)


チアキッズのトイレトレトイレも狭く、キッズ便座使用は面倒なので、こんな感じに座り、チーと...が理想だが、たいてい直前に出ているようで、ぽつん、ぽつんと数滴落とす。


その後、ふいて、流して、フタしてお部屋へ戻り....
お肌のお手入れカサカサ肌のお手入れ開始。お手入れ時間約10分。すべすべを通り越して、ローションでベトベトに。床もベトベトです;


その後も裸族のまましばらく遊び、やっと着替えに。
chiaki20130226着替え途中で、大好きな相撲で「はっけよい」のポーズ。
長いトイレタイムの終了です〜。

トレパン履かせてみたけれど、履いた時には喜んだものの、濡れても全く気にせず遊んでいるし、そろそろかとトイレに誘っても、自分がその気にならないと絶対行かないから、ホントのトイレトレーニングはまだまだ先だろうな〜。

chihiro_tokyo at 10:38|この記事のURLComments(1)育児 

2012年10月12日

祝!2歳(千晃)

お祭りにて先月2歳になった千晃。身体も小さいせいもあり、2歳にしては幼い印象だなぁ〜とは思うものの、起きている間は常に活発に動き回り、力も強く、やっぱり男の子は成長順序が違うんだな...と実感している。

真琴や帆南の2歳ってどんなだったけ...と思って過去の記事を見てみると、(→真琴、→帆南)やはり二人はおしゃべりをもっとしていたようだ。

とはいえ、私たちの話すことはきちんと理解している様子で、気に入らないと頑なに拒否したり、周囲のものをぐちゃぐちゃにしたり投げつけたり。
姉たちと遊ぶのも大好きだが、邪魔者扱いされると暴れ出す。。。そんな毎日だ。

電車ごっこ7月頃からたまに預けていた保育園の一時保育に、9月からは週1ペースで通っている。
朝、「今日は保育園に行こうね」と話しても無反応なものの、保育園に行くことはわかっている様子で、園についても自分で靴を脱ぎ、手をつないで部屋まで行く。そしてそこで別れ際、涙をこらえてぶるぶる震えて立ちつくしている間に私は「バイバイ」と静かに部屋を出る...といった感じ。我慢しているのが健気だ。
でも4時前にお迎えに行くとおもちゃでせっせと遊んでおり、私が行ってもあわててくるわけでもなく、おもちゃを「ナイナイ」してからたたたた...と駆け寄ってくる。週1でもだいぶ慣れて余裕なようだ。
保育園の先生たちもとても温かく接してくださっているようで安心。このままのペースで幼稚園入園まで行けるのが私としてはありがたいけれど、一時保育が混雑してくると難しいかなぁ〜。続きを読む

2012年08月31日

公衆電話講習

公衆電話講習夏休み中にやろうやろうと思っていた、真琴への公衆電話講習をようやく今日やった。

月額料金の安いキッズ携帯も魅力的だったのだが、一度持たせ始めるとその後一生持つことになるのかな〜と思うと、まだ早い気がして。その代わりに公衆電話でひとりで電話をかけられるようになってもらえればと思っていたのだ。

まずは家のPCで電話の画像見せて、操作方法を簡単に説明。
それから、公衆電話にかかる料金の話。10円でどれ位話せるとか、100円玉じゃお釣りがでないのよ〜など。
NTTのページで近所の公衆電話を検索し、地図上で確認した。想像していたより、公衆電話が沢山あることがわかった。

その後いよいよ実地研修!
まずは自宅に一番近い公衆電話から、私の実家へ電話。たまたまそこは緑電話でなく、今やレアなグレーのISDN電話。最初10円玉を入れてもすぐに落ちてしまうこと数回。あれ?あれ?何故だ?
何度かやってなんとかつながったものの、向こうはこちらの声が聞き取れないようで、そのまま切った。(出発前に、公衆電話から練習でかけるからねと伝えておいてよかった)
気を取り直して、次の公衆電話へ。今度はよくある緑電話だった。で、無事に実家へ通話完了!

次の公衆電話では、「ママの携帯にかけたい」との真琴の希望で、携帯へ。数十秒の通話で30円かかったのも、前の固定電話との違いがわかってよかったかも。

その後は、使う可能性の高そうな、児童館のそば、通学路のそば、バレエ教室のそばの公衆電話をまわって確認しながら帰り、講習終了。

緊急に電話しなきゃならない状況なんて来ない方がもちろん良いのだが、親と離れている際の、(お互いの)ほんの少しの安心材料になってくれればいいと思う。

明日は防災の日。私にとっても普段意識していない公衆電話の場所が確認できてよかった。

chihiro_tokyo at 21:24|この記事のURLComments(0)育児 

2012年06月11日

祝!7歳(真琴)

運動会ダンス衣装でついに真琴、7歳。
昨夜は夕飯時に「どうして真琴は11日に生まれたの?」と尋ねてきたので、出産時のことをさらっと話してあげると満足げだった。

この数か月、真琴の環境の変化はものすごかった。
幼児園を卒園し、引っ越しで赤ちゃんの頃から仲良しだった友達たちと別れた3月。
4月、小学校へ入学。お友達ゼロからのスタートだったが、すぐに公園や児童館へ出かけるようになった。
5月、バレエと造形教室を始める。バレエは以前より時間も内容も濃いレッスン。初日は夕飯途中ですーすー寝てしまった。
  帆南と一緒に教会学校にも行きはじめ、帆南より先に教会学校(=幼稚園)の先生と仲良くなった。
6月、初めての小学校の運動会。練習期間が幼児園に比べて格段に短かったことに驚いていたが、さすが小学生、バッチリダンスも決まっていた。

学校生活では、一応「しっかりさん」で通っているようだが、忘れ物もするし、教科書を先生に預けたことを忘れて家じゅう探し回ったことも2度、また給食当番中におもらしをしてしまったり、鼻血を出してしまったり、とまぁまぁ、細かいことは色々あって面白い。
学校から帰宅するとすぐにランドセルを放り出して遊びに行こうとたくらむ。(習い事があってもその前まで抜け出そうと躍起になる。)または、学校帰宅中に帆南の幼稚園に寄り、園庭解放で園児たちと泥遊びをし、園の先生にちょっかいを出す−そんな毎日だ。
幼い頃、公園でも児童館でもお友達と一緒に遊ぶのを嫌がっていた泣き虫な頃が嘘のよう。積極的に発言し、ひっぱっていっているらしい姿に、「子供ってどんどん変わっていくんだなぁ」としみじみ実感している。
また、今まではずいぶん先のことだろうと思っていたが、案外早く、子供は親から離れていくのかなぁ、と思い始めている。続きを読む

2012年05月29日

祝!5歳(帆南)

大好きなイチゴのケーキ今日で帆南が5歳になった。生まれてすぐのころは想像できなかった5歳。本当にここまで大きくなってくれてありがとう。久しぶりに生まれた頃のブログを読み返し、入院していた頃を思い出した。大変だったけど、あの目力の強さは、生きる強さだったのかな。これからもたくましく生きてほしいな。

ところで、人を呼んでのパーティは真琴と一緒にと思いまだ計画中。
でも、昨日の幼稚園に預ける際に、「ママ、ケーキ予約しておいてねっ!」と念を押されたので小さなデコレーションケーキを注文してお祝いした。

先週は幼稚園での誕生会に私も出席した。こちらの園では、誕生月の子供の母親達でカレー給食を作って皆で食べる決まりになっている。そこで当日は、私も朝から園児たちのカレー給食の準備。カレーがほぼ出来上がったころにお誕生会開始。なごやかなお誕生会の後にホールで園児全員と一緒にカレーをいただいた。千晃も帆南の隣で顔中にカレーをつけながらガツガツと食べ楽しんだ。また、写真入りのカードと陶器のマグカップをプレゼントにいただいた。

その前の日曜日には教会学校のお誕生会。お祝いの歌を歌い、皆でおやつをいただくだけのシンプルなものだったが、プレゼントに(幼稚園の誕生会でいただいたカップとお揃いの)陶器のスプーンをいただいた。

みんなにお祝いされたこの1週間は帆南にとって楽しい1週間だっただろう。
今年も帆南と帆南の周りの全ての人々にとって素敵な1年になりますように。続きを読む

2012年04月11日

入園式

nyuen

先週の真琴に続き、昨日は帆南の入園式だった。前日にも散歩がてら覗きに行き、「明日待ってるわね♪」と先生に言われていただけあって、待ち遠しい様子だった...にも関わらず、朝はなかなか支度ができず、「着替えないと行かないよっ!!」と結局きつい口調でしかる羽目に。やはり不安もいっぱいだったのかな。

でも、行ってみると特に嫌がることも無く、お返事もしっかりとでき、先生のお話も静かに聞いている様子だった。
年中さんのばら組が起立するところ(お祝いの歌を歌ってくれた)では、帆南もすっと立ち上がり、「私もばら組なのよ」としっかり自覚しているようだった。

3年保育の年中からのいわば編入のため、最初はお友達ができず寂しい思いをするかな〜と心配したものの、編入組に女の子もおり、ママ同士で連絡先交換!また、今朝登園時に部屋の様子をうかがうと、さっそく女の子が帆南にロッカーの場所など教えてあげているようで、ひと安心だった。

園長先生のお話で、「ここは神様の幼稚園です」と言っていたのが特に印象に残った様子。
また、お祈りも(バディでやった剣道の授業の)「黙想みたいだね」とのこと。お祈りを覚えたら教えてもらう約束をした。
バディでできるようになった、三転倒立や側転を披露したいようなことも呟いてたが、きっと恥ずかしくなってできないんだろうな(笑)

目下の悩みは、お弁当が4月末まで始まらないこと!!
初日から夕方帰りの園に通わせていた私にとってはこれが一番しんどく感じそう...
さて、そろそろお昼の用意して、お迎えに行かねばぁ〜。

2012年04月06日

入学式

冬休み明けから、久々の更新。謝恩会係としての活動、卒園式、引っ越し、入学&転園準備、、とバタバタと過ごしてきたが、今日真琴の入学式を無事に迎えることができた。

新入生は26名。来賓の方が多かった(笑)出席番号もまた1番をゲット。おかげで記念品をもらう代表をやり、少々緊張した様子だった。転入生がこない限り、これから6年間1番でいくのだろう。

入学式の後は6年生と2年生からの歓迎会。6年生がすごく大人に見えた。2年生は可愛らしく、でも1人ずつ全員がしっかりセリフを言って頼もしかった。

幼稚園から祝電が届いており、式中園名が読みあげられた時には、アウェイな中に応援旗を見つけたようでなんだかホッとした。後で聞くと真琴も嬉しかったようだった。

教室には小さな机が並び、可愛い子達がいい顔をして座っていた。教科書や書類、道具類を沢山持ち帰った。名前付け、頑張らなきゃ。

週明け早々から、給食が始まるとのこと。給食当番もはじまるそうだ。最近は早いんだな。まだ友達らしい子はいないものの、近所に同級生が数人いる様子。「早く学校行きた〜い」とはしゃぐ真琴に一安心だ。

ところで、私はPTAの広報になってしまった…今年くらいはおとなしくしてようかと思っていたのだが。いつまでも立候補が出ないあの「間」が苦手なんだなぁ…

2012年01月13日

ネズミ捕り?

IMG_0150わなをしかけたつもりはないんだけど、、、千晃、真琴のダイニングチェアのクッションの紐にかかり、身動きとれず!!
助けて〜と無く姿を見つつ、「こっち向いて!」とカメラを構えた非常な母であります

chihiro_tokyo at 09:50|この記事のURLComments(1)

2012年01月10日

祝!1歳4ヶ月(千晃)

chiaki20120105最近髪が伸び放題のせいか、女の子に間違われることが多くなった千晃。写真は姉真琴がiPhoneにて撮影。冬休み中、少し風邪気味となり、夜中に咳き込んで吐いてしまったことも数回あったが、特にひどくならず、元気にすごしている。冬休みになってから、昼間は姉たちがいるせいか、全く退屈することなく、昼寝も短めをキープしている。


no titleとにかく姉たちの真似をするのが得意。写真は帆南の三転倒立練習を真似てるところ。
朝の歯磨きはもちろん、姉たちの髪を結ぶ際に使う水スプレーボトルを見ると、自分にもかけてくれと頭を差し出す。限度が無いのでいつも頭びしょびしょのぺったりヘアで得意げだ。肌が乾燥するからとカレンデュラクリームを塗り始めたらそれもお気に入りで、顔や足が真っ白に。お風呂でも、石鹸の泡立て方を覚えてせっせと顔や体を泡だらけに。何も教えずとも勝手に育ってくれる、、、それが三人目なのかな。


続きを読む

2011年12月03日

悪役です・・・?

kobunクリスマス会でやるオペレッタの衣装が、夜なべ数回で完成。

最初は園から配られた布を切る勇気が出ず、家にあったコットン生地で練習(笑)
まぁ、作り方も一部間違えてやり直したから練習した意味あったし、夏のワンピースとして着てくれそうなので、無駄じゃなかった。

園からの指定はワインレッドのワンピースの肩にフリルのみだった。
が、それじゃ寂しいね・・・と同じ役の女の子のママ2人と相談し、手芸屋に飾りを買いに行き、さんざん迷った結果、ストーン、腰ひも、裾のファーを購入した。ストーンの飾り方、個数はそれぞれ好きなようにしたものの、ほかは一緒にそろえたので、統一感も出るんじゃないかな。

希望のナレーターになれず、(たぶん余っていた)「牛魔王の子分」という悪役に決まった際には園で泣いたらしい真琴。同じ役になった女の子達も希望が通らず悲しい思いをしたとのことで、「衣装くらいは可愛くしてあげなきゃねっ」ということになりこうなったのだが、とても悪役には見えないよね。今頃先生、悩んでいなければ良いのだが・・・(笑)
でも、真琴は衣装も気に入ってくれたようで、練習も楽しんでいる様子。
クリスマス会を楽しく迎えることができそうだ。


chihiro_tokyo at 07:28|この記事のURLComments(5)つれづれ | 育児

2011年11月29日

またもや浸水です

2286d42a.jpgタイの浸水は未だに深刻で大変気の毒だが…わが家も何かと浸水(?)続きだ。

今朝は1リットルは入っているだろうお茶ポットをダイニングテーブルから引きずり落としてくれた千晃。
古おむつでせっせと拭き掃除する私の隣でぴちゃぴちゃと優雅に遊んでた。


先週はカスピ海ヨーグルトの種を入れた牛乳500mlをやられたんだけど…その時は私も写メする余裕もなく、千晃もドロッとした牛乳は滑るらしく、逃げ出せずばたついて慌てていた。

千晃を助ける前に、そばにあり少し白いしぶきを受けた手作りのバレエバッグを助けてしまった私、母親失格かもなぁ〜(笑)


chihiro_tokyo at 13:40|この記事のURLComments(0)つれづれ 

2011年11月11日

祝!1歳2ヶ月(千晃)

よくゲームで「経験値アップ」とかいうけれど、今の千晃は日々「経験値アップ」「レベルアップ」しているのが目にとれて面白い。
真琴と「今日の千晃のレベルアップは○○だったね〜」などと話している。たとえば、私の「ありがとう」に合わせて膝をまげてぴょこっとお辞儀するようになったとか、歩き始める前に膝をぐんと曲げて拍子を取ったりとか、両手を頭にあてるポーズを覚えたとか(万歳のつもりらしい?)、コップでこぼさずに飲めるようになったとか、些細なことなんだけど、きっとそれで千晃も充実感や幸福感を得ているのかな〜なんて。ちょっと大げさだね。

この秋は、運動会に、スポーツフェスタ(年長さんだけの園対抗運動会)、スケートなどイベントに連れまわされることが多かったが、大きな風邪もひかずつきあってくれて、ありがとう。
また、9月中旬から週1日程度、マンションの託児所にお世話になっている。預ける瞬間は泣くものの、先生に抱っこされて部屋に行く間には泣き止んで、たいていご機嫌に遊んでくれているようだ。少し上のお兄ちゃんお姉ちゃんに囲まれて楽しいのもあるかも?上2人は外部に預けると泣かれてストレスだったので、それだけでも親孝行〜と思ってしまう。ありがとう。

chiaki写真は家族でスケートに行った時のもの。短足くんだなぁ。

続きを読む

2011年11月08日

2011運動会

すっかり前のことになってしまったが、今年の運動会の記録を。
帆南は2度目の、真琴は幼稚園最後の、4度目の運動会。スポーツに力を入れている園だけあり、1年で一番のビッグイベントだ。
8月下旬から連日、練習に明け暮れ、2人とも見事な日焼け肌、真っ黒になった。オシャレ着ワンピースの似合わなかったこと...(笑)家でもダンスの練習をちょくちょくして、見せてくれた。
去年は産後すぐの千晃を1日連れ出したなぁ・・・とか、先日亡くなったお友達と並んで応援したなぁ・・・とか、今年はホントに最後の運動会だなぁ・・・と色々思い出し、こみあげてくるものも感じつつ。

2人出場だと、出番が多く楽しいが、結構忙しい。帆南のダンスは左後方から、真琴の組体操は右後方、ダンスは前方真ん中・・・・とあらかじめ2人に聞いておいた鑑賞地点をめざしてあっちへこっちへうろうろとした。

帆南のかけっこまずはかけっこ。
帆南は50m(?)走。10人中5番をゲット。競争意識はあってしっかりと走っていた。去年と比べるとしっかりと成長。


真琴のかけっこ真琴は300か400m走。去年より若干順位を落とし、16位でゴール。まぁ、でもだいたい真ん中編かな。スタートで遅れをとった様子だが後半追い上げた。写真は2週目のもの。疲れているものの、真剣そのものだ。


マルモリダンス帆南の出場競技は玉入れと台風の目。
どちらも楽しんでやっていた。特に台風の目は帆南のクラスが1位をゲット。練習の時には遅い方だったらしく、先生も大喜びだった。
帆南のダンスは今年流行ったマルモリ。振りは変えてあるが、練習の成果バッチリ。楽しそうに踊った。


真琴組体操真琴の出場競技は、旗を取る障害物競走と組体操。障害物競争はリラックスして楽しそうにやっており、組体操は気合十分、しっかり決まっていた。今年はピラミッドもタワーも上から2番目でバランスを取りながら踏ん張った


島唄また、ダンスは島唄。約130名が青いハッピをかざしながら駆け回り、きれいだった。先生の演出力に感心した。
そして皆、かがみながらもぶつからずに走り回るのもすごいと思った。後で真琴に聞いたらぶつからないようにほかの子の足が無いか、見るようにしていたそうだ。


最後は年長のリレーで締めくくられた。予選で勝ち抜いた8チームが決勝に出られるので、今年は決勝に出られるといいな〜と願いつつ・・・結果は、残念ながら予選落ち。たぶん原因は真琴のところでのバトンミス(バトンゾーンを超えてしまったため、ペナルティで2秒プラスされてしまった)だったと思われ、がっかり。真琴もショックだったらしく、泣きそうな顔で走っていたのがかわいそうだった。後日、先生からは「あきらめずに走った真琴に感動しました」と言ってもらえたが。

なにはともあれ、元気にすべての競技に参加でき、楽しい運動会だった。これから大きくなっても、いい思い出となる運動会だったんじゃないかな。
そして応援してくれたおばあちゃん2人、千晃、写真撮影頑張った夫もお疲れ様〜!!
おつかれさま


chihiro_tokyo at 06:37|この記事のURLComments(0)育児 | つれづれ

2011年11月01日

キッチン探索中

kitchen静かだなぁ・・・って時はたいていこういうことしている千晃。賞味期限過ぎた缶詰を見つけてくれた。


chihiro_tokyo at 13:15|この記事のURLComments(3)育児 | つれづれ
Archives
Links