af6938df.遅くなりましたがニカラグア旅行で優しくしてくれたおばちゃんです。

先日の出来事です。
いつものように出勤途中のバスの中で
自分のTシャツに穴が開いていることに気付きました。
日本から持ってきたお気に入りのTシャツでした。

コスタリカは一年を通してもあまり気候に変化の無い国です。
たまに肌寒い日もありますが、Tシャツが長袖ロンTに変わる程度の変化です。
要するに

同じ服を着すぎたわけです。

穴の開くまで着てやったわけです。

服に穴が開くという初めての体験とお気に入りのTシャツを失ったショックに
遠くを見つめている自分がいました。
リアルに「お金ない子みたい」と同情された
そんな最近の私です。

こんな私ですが洋服に関してはそれなりに興味や自分の趣味というのがありました。
高校生の話です。
大学生になり好きだった洋服屋さんから離れて暮らして
妥協することを学びました。
そして今、コスタリカ。
「誰も見てない」と考えるようになりました。

こういう風にオシャレに妥協をして
穴を開けるまで同じ服を着て
女は歳をとっていくんですね。

そんな20歳、現役女子大生。