散らされた花の行方(本編~BLオリジナル小説~)

散らされた花の行方(本編)です。BL(ボーイズラブ)オリジナル小説(無料)であり、性的・暴力的表現があるため、18禁です。お読みになる際は、自己責任でお願いします。また、作品はフィクションであり、暴力行為等を推奨するものではありません。総受け、学園ダークファンタジー系のBL小説です。

散らされた花の行方(本編)です。
BL(ボーイズラブ)オリジナル小説(無料)であり、性的・暴力的表現があるため、18禁です。
お読みになる際は、自己責任でお願いします。
また、作品はフィクションであり、暴力行為等を推奨するものではありません。
総受け、学園ダークファンタジー系のBL小説です。
著作権等は、放棄しておりませんので、無断転写等、お断りしております。
各カテゴリを選択すると、その各話の1話から読めます。
コメント非公開を希望の場合は、必ず、名前に非公開希望と書いてください。
応援ポチ、毎日ポチポチお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村


小説(BL) ブログランキングへ

 ファミレスから、黙ったまま先を歩く要に、手を引かれてきた結人は、男子学生寮の要の部屋へと、連れてこられた。 「・・・結人、入って」 「・・・・・・・・・・は・・・・い・・・・・」  要が、やっと、話してくれた。  でも、いつもより、どこか冷たさを感じる低 ...

 自分のためにきてくれるはずがない・・・そう思っていた結人。  だけど、その予想に反して、あまりにも早く、結人が電話で呼び出した相手・・・要が、ファミレスのドアを勢いよく開け放ち、店に現れた。 「結人!!大丈夫か?!!」  要は、店員の案内も無視して、店 ...

 真夜中の3時・・・。  明徳学園男子寮の誰もが眠っているのだろう・・・静まり返った時間。  寮の部屋の窓から見上げた空は、月が雲に隠れていて、より一層、夜の怖さと静寂を、教えてくるようだった。  そんな時間に、結人は、一人で、寮を抜け出した。  今日・・ ...

 誠志は、要と自分との複雑な関係性について語らないまま、ベッドに押し倒している結人の顔をのぞきこんだ。 「日向・・・・・・・・・・・・・・・・・それより、随分と、酷くやられたな」  誠志は、結人の傷だらけの顔に、指先を触れさせた。  結人の顔は、あの霊園 ...

 誠志の肉棒を、結人のアナルから、ずるっと引き抜かれると、ふたを失った穴から、誠志が中出しした熱いままの精液が、ドロッと、あふれ出てきた。  いやだと、やめてといったのに、犯された証が・・・。  その事実に、泣いていた結人の大きな瞳から、さらに、大粒の涙 ...

「やぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」  結人は、長く響く自分自身の悲鳴で、夢から引き戻された。  そして、見つめだした現実が、理解できなかった。  どうしてこうなったのか、結人には分からなかったけれど、結人は、誠志の部屋のベッドにいた。  両手を、後ろ手に、ひと ...

 結人は、夢を見ていた。  過去に、自分に起きたことを、夢で、思い出してしまっていた・・・。  あの、タバコの臭いの男に、無理矢理犯された時、結人は、耐えられないほどの痛みを味わった。  タバコの男の、大人の太く硬い肉棒は、小さな少年だった結人の体には ...

本編の更新が遅れてしまっていて、本当に、申し訳ありません。 この間、急に、倒れてしまって、気になっていたのですが、 なかなか、更新できなくて・・・(/TДT)/ 散ら花を読んでくださっている皆様、 散ら花を愛してくださっている読者様、 申し訳ありません。 ムリが ...

 茂みに連れ込まれた結人の、制服の第一ボタンを、結人の背後の男子生徒が、外そうと手を伸ばした。  結人の制服のズボンのチャックを下そうと、結人の両脚の間に体を入れている男子生徒が、手を伸ばした。  その瞬間だった。  男子生徒2名の背筋が、急速に、寒くなる ...

 学校の裏庭にある大きな木の下で、結人は、独りで、倒れていた。  体を、子ネコのように、小さく丸めて・・・。  意識があるのかないのか、うっすら開いた瞳で、ぼうっと、何もないところを見つめながら・・・。  器の結人が一人でいることが、どれだけ危険であるこ ...

このページのトップヘ