散らされた花の行方(本編~BLオリジナル小説~)

散らされた花の行方(本編)です。BL(ボーイズラブ)オリジナル小説(無料)であり、性的・暴力的表現があるため、18禁です。お読みになる際は、自己責任でお願いします。また、作品はフィクションであり、暴力行為等を推奨するものではありません。総受け、学園ダークファンタジー系のBL小説です。

散らされた花の行方(本編)です。
BL(ボーイズラブ)オリジナル小説(無料)であり、性的・暴力的表現があるため、18禁です。
お読みになる際は、自己責任でお願いします。
また、作品はフィクションであり、暴力行為等を推奨するものではありません。
総受け、学園ダークファンタジー系のBL小説です。
著作権等は、放棄しておりませんので、無断転写等、お断りしております。
各カテゴリを選択すると、その各話の1話から読めます。
コメント非公開を希望の場合は、必ず、名前に非公開希望と書いてください。
応援ポチ、毎日ポチポチお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村


小説(BL) ブログランキングへ

 誠志が、密じゃ与えられないほどの快楽を、結人に与えてやるといった。  けれど、結人は、男同士のアナルセックスで、快楽なんか、ほしくなかった。  だけど、誠志の性技のうまさを、結人は、今まで、さんざん、その小さな体で、思い知らされてきた。  そして、今も ...

 誠志に、シャツを引き裂かれたけれど、結人の両腕は、背中で縛られていて、結人の平らな胸をあらわにしながらも、引き裂かれた布地は、結人の上半身から引き抜くことはできず、それが、逆に、いやらしくも、無理矢理なセックスの強要を表しているかのようで、結人の心と ...

 誠志は、自身が運転する車の助手席に、結人を乗せ、香守家が所有する高級ホテルへと、結人を連れてきていた。  結人は、ずっと、うつむいたまま、沈んだ顔をしていた。  誠志は、ずっと、タバコを吸っていた。  そんな二人の間には、車の中でも、会話はなかった。   ...

 一緒にいたはずの結人がいなくなって、あちこち、探し回っていた、密と泉介。  二人は、やっと、思いついて、生徒会室に戻ってきたけれど、ドアには内側からカギがかかっていて、まったく、開かなかった。  だから、密は、躊躇いなど、欠片もなく、生徒会室のドアを蹴 ...

「・・・ん・・・・ぁ・・・・んく・・・・・ふぁあ・・・・やぁ・・・」  寝ている要に、結人がひざ枕をしてあげている状態での、誠志からのキスは、角度を変えながら、何度も何度も、求められた。  いやらしい水音を、クチュクチュとたてながら、舌を絡ませられた。 ...

 生徒会室を追い出されていたのは、密と泉介だけで、結人は誠志に、拉致られていた。  扉を閉める瞬間に、誠志が、結人の細い手首をつかみ、無理矢理、部屋に引きずり込み、高身長の誠志の体で、ちっちゃな結人を背後に、うまく隠すように。  どういう生き方をしてきた ...

12 好きの気持ち   『好きは、人、それぞれ。        好きの、受け取り方も、人、それぞれ。               ・・・・・だから、すれ違う・・・・』  結人は、育ってきた環境のせいで、まともに学校に行けていない。  結人が大好きな、お ...

第11話 罰 を、読んでくださって、ありがとうございます(☆゚∀゚) 第11話は、いかがだったでしょうか? 今回の11話は、タイトルが、罰でしたが、 誰の罰か、わかりましたでしょうか? 正解は、登場キャラ、全てが、何らかの罪を犯していて、 罰を受けるべき対象 ...

 結人と、そっくりな顔をした、ヒナと呼ばれる少年。  彼は、今日も、神無理事長の自宅にいた。  神無理事長の寝室の、広いベッドの上に・・・。  そこで、神無理事長の股間に顔をうずめ、神無理事長の太い肉棒を、ヒナは、小さな口と赤い舌をたっぷり使って、舐めた ...

 ずいぶん長い間、結人と密は、抱きあっていた。  やがて、朝日が昇り始めたころ、やっと話ができるようになった密が、こういった。  これは、罰なのだと。  密は、器であることが、ずっと、嫌だった。  だから、いつも、要に泣きついていた。  けれど、ある日、要 ...

このページのトップヘ