第12話 好きの気持ち



「・・・ん・・・・ぁ・・・・んく・・・・・ふぁあ・・・・やぁ・・・」
 寝ている要に、結人がひざ枕をしてあげている状態での、誠志からのキスは、角度を変えながら、何度も何度も、求められた。
 いやらしい水音を、クチュクチュとたてながら、舌を絡ませられた。
 結人の口の中に、誠志の舌を、深く挿れられ、口の中の弾力を味わうように、頬の内側の肉や歯列と、口中を、舌で、ねっとりと、舐めまわされた。
 やっと、唇を離してくれたかと思うと、結人の唇を、誠志の唇で挟むように、キツク吸われ、また、角度を変えて、唇を重ねられ、深く奪われた。
「・・・・・も・・・・・・もう・・・・・・・・や・・だ・・・・・んん・・・・・」
 あまりにも長いディープキスに、結人の呼吸が乱され、頭がくらくらしてきた。
 何より、要がいつ起きるか、怖くて、結人の心臓は、弾けそうなほど、バクバクと鳴っていた。
 その鼓動が鳴る場所・・・結人の平らな胸を、結人の制服のシャツの隙間から手をいれ、まさぐている誠志には、壊れそうな心臓の音が、伝わっているだろうに、誠志の手の動きは、もっともっと、激しくなるばかりだった。
 結人の鼓動が、ドクンと高鳴る瞬間を、わざと外して、強く揉まれ、結人の呼吸は、さらに、激しく、乱された。
「・・・・やっ・・・・・・いた・・・・・・ん・・・・・んん・・・・」
 誠志の長い中指に、結人の乳首を、グリグリと、中に押し込まれながら、平らな胸の肉をつかみ、ねじるように、まさぐられ、痛みと性的な刺激が、ビリビリと、結人の胸から脳髄にかけて走って、結人は、思わず、誠志の手から逃げるように、腕を引き、肩甲骨を反らせた。
 そのせいで、結人の細い肩では、途中までボタンを外されたシャツは、耐えきれず、するっと、肩から滑り落ちて、結人の細い肩と、誠志にまさぐられている胸が、あらわにされた。
 その瞬間、まるで、それを計算していたかのように、誠志の唇が、結人から離れ、結人の耳へとつけられた。
 そして、耳の穴を言葉で犯すように、ささやかれた。
 誠志の鋭い視線が、メガネ越しに、あらわになった結人のピンク色の乳首を見ながら。
「ちょっと、触ってやっただけで、乳首を、こんなに硬く勃起させて。随分と、淫乱になったものだな」
「・・・・・だ・・・・・だって・・・・ちょっとじゃ・・・・」
「日向、お前は、要に、安眠を与える枕だと、自覚はあるのか?」
「・・・・だ・・・・・・だって・・・・かがみ・・・・せんぱい・・・・が・・・・・・」
「俺がなんだって?」
「・・・・も・・・・もう・・・・・・さわらない・・・で・・・・・・くれたら・・・・・」
「お前が、感じなければいいだけの話だ」
 誠志は、理不尽にも、そう言い切ると、結人の耳の裏を、じっくり、ねっとりと、舐め始めた。
「・・・・・・んん・・・・・!!」
「日向、感じるな。要の役に立ちたいんだろう?」
 誠志は、そう言いながら、ことさらに、結人の耳を、攻め始めた。
 もう、何度も、浄化という名目で、結人を犯している誠志は、結人が、耳が弱いことを知っている。
 なのに、感じるなといいながら、結人の耳たぶを、誠志の歯で甘がみをし、そうすることで、誠志の口の中に入ってきた結人の耳たぶを、誠志の舌で、何度も、舐めまわした。
「・・・・やっ・・・・・・そこ・・・・・・やだ・・・・・・んんん・・・・・」
「また、感じているな。悪い子だ」
「・・・・んんん!!!」
 誠志は、結人の耳たぶを解放してくれたが、そのまま、舌をはわせて、結人が一番、耳の中で弱い、耳の穴の中へと、誠志のその舌を入れ込まれた。
 そのまま、奥まで、誠志の舌で、かき回され、耳の中を、アナルのように、犯され始めた。
「・・・・や・・・・・・め・・・・・・ぁ・・・・・んぁ・・・・はぁ・・・・はぁ・・・・・んん・・・・」
 耳の中をかき回される音は、頭の中に、余計に響いて、今、何をされているのかを分からせられ、いやらしさと羞恥を、倍増させた。
 耳の穴を、はい回る舌に、ピチャクチャと、犯されながら、誠志が、わざと、熱い吐息を、一緒に、送りこむから、舌でも届かない、穴の更に奥まで、性的に侵入され、ゾワゾワっとした感触が、結人の背中から頭を走り、結人の体が、思わず、ビクンと、大きく跳ねてしまった。
 すると、誠志のせいなのに、誠志の瞳が、怒ったように、鋭くなって、
「枕は、暴れるな」
 そう言って、結人の細い両肩をつかまれ、ソファーの背に、強く、押し付けられた。
 それは、要の安眠を心配してなのか、結人に意地悪をしているのか、結人は分からなかったけれど、こくこくと、慌てて、首を小さく、たてに振って、従う意思を示した。
「・・・あ・・・・あばれ・・・ないから・・・・・まくら・・・・がんばるから・・・・もう・・・・・・はげしく・・・・しないで・・・・・・・んん!!」
 暴れないようにがんばるといったのに、誠志は、結人の二つの乳首を、指先でつまみ、ギリギリと、ねじるように、ひぱってきた。
「お仕置きだ」
 と。
 そう告げた誠志の口は、また、結人の口に、重ねられた。
 今度は、結人の両方の乳首を、強く弱くと、同時に、いじりながら。
 結人の唇にキスをしているから、誠志には、結人の乳首は、見えていないはずなのに、的確につまみ、性的な刺激の連続に、硬く尖った結人の桜色の乳首を、指先でこすったり、弾いたり、胸の中に押し込み、結人の乳首で、結人自身の男にもある乳腺に押しこんでこすり、性的刺激を、結人に、たっぷり与え続けられた。
 そうやって、誠志に、乳首をいじられるたびに、閉じていられなくなる口を、誠志の舌が、出たり入ったりを繰り返しながら、また、濃厚なディープキスをさせられた。
 結人が、その、あまりにも濃厚で、大人で、一方的なディープキスの強要に、呼吸を奪われ、酸素を求めて唇を反らそうとしたり、複雑でいやらしすぎる舌の動きに、ついていけなくて、しびれて疲れ切った舌を、誠志と絡めるのを休ませようとすると、お仕置きの意味で、誠志に、唇を噛まれ、いじられている乳首を、爪で弾かれた。
 誠志が満足する、誠志がしたいようにするキスに、あわせないと、許さないと、無言で命令をされていて、結人は、必死に、誠志の唇と舌の動きにあわせて、結人の舌も動かした。
「・・・・んん・・・・・はぁ・・・・はぁ・・・ぁあ・・・・・んく・・・・」
「日向、まだだ。もっと、いやらしく、舌を動かせ」
「・・・・・・・は・・・・・・・・・い・・・・・・・・」
 結人は、イヤイヤやっているキスだけれど、必死に、従う言葉を、喉奥から絞り出した。
 けれど、それが、失敗だった。
 結人と誠志の、重ねあう唇の隙間から、飲み込みきれないしずくが、結人の口の端から垂れてしまった。
 それは、結人のあごをつたい、結人のひざの上で眠る要の、閉じたまぶたへと、1滴、落ちてしまった。
「・・・・・・・ん・・・・・・・」
 要のまぶたが、一瞬、揺れ、要の閉じた口から、反応したかのような声が、漏れ出てきた。
「・・・・・ぁ・・・・!!」
 結人は、一瞬にして、顔色を、青ざめさせた。
 要が、起きてしまうと思って。
 要に、誠志と、こんないやらしいことを、すぐそばでしていることを、見られると思って。
 けれど、要は、香守家の香りの力が強いのか、さっき見せた反応だけで、目覚めることはなかった。
 だけど、焦り切った結人は、慌てて、自分の腕で、自分のいやらしい体液に濡れた顔をぬぐい、まだ、止めてくれない深いキスのせいで、あふれ出るしずくを、ふき取った。
「・・・・・・ふぇ・・・・・・・も・・・・・・や・・・だ・・・・・・・・」
 結人は、泣きそうだったけれど、涙の雫もこぼしたらいけないと、自分の大きな瞳も、乱暴にぬぐった。
 全ては、要に気づかれたくない一心で。
 そんな、健気な結人を見ていた誠志は、その健気さを、せせら笑っていた。
「日向。ほら、うまくやらないと、要に気づかれるだろう?」
「・・・・・だ・・・・・・だって・・・・・・」
「まあ、俺は別に、かわまないが、お前は嫌なんだろう?」
「・・・・・い・・・・・・いや・・・・・・・です・・・・・」
「だったら、要に、いやらしい姿を見られない、いい子になりたいなら、しっかり、飲み込め」
「・・・・・もう・・・・・やだぁ・・・・・・・・・やめ・・・・・・・・んん・・・・」
 やだといっているのに、誠志は、少しも、やめてくれなかった。
 もっと、いやらしく、水音をたてて、口の中を、誠志に犯された。
(・・・香守先輩は、器のおれのいうことなんか、きいてくれない・・・・。・・・・・・わかってる・・・・・)
 悲しいけれど、そのことを、結人は、分かっていた。
 今まで、何度も何度も、犯されるたび、いやだと言った言葉は、すべて、無視されたのだから。
 だから、今回も、結人のやめてほしい気持ちなんて、受け入れてくれないのだろう。
(・・・・・・おれは・・・・・・・・・器だから・・・・・・・)
 だから、仕方なく、結人は、現実を受け入れた。
 結人から、キスする角度を変えた。
 結人は首を曲げ、頭を後ろにそらせ、誠志の下に、結人の顔を滑り込ませ、誠志の顔が、結人に覆いかぶさるようにして、上から垂れてくるいやらし体液を、必死に、受け止めた。
 そんな結人を、誠志は、満足そうな顔をしながら、見て、笑っていた。
 けれど、同時に、いじわるな言葉を発した。
「日向、うまくできたじゃないか。今なら、俺の下の棒を、お前のそのいやらしい口に咥えさせても、1滴も残さず、飲み込みそうだな」
「・・・・や・・・・・やだ・・・・・・・それは・・・・・・やだ・・・・・」
 結人の声は、涙がらみの、悲しいものになっていた。
 だって、寝ている要をひざに乗せたまま、誠志の肉棒をしゃぶるなんて、そんなの、想像しただけで、ぞっとして、耐えられなかった。
 だから、結人は、誠志の首に、細い両腕をまわして、抱きつき、自分から求めるように、キスを深くした。
 これで・・・・キスで、許してくださいと、願うために。
 けれど、誠志は、そんな結人の、下半身を、鋭い瞳の端でとらえて、唇を歪めて、笑った。
 要をひざ枕している、結人の両太ももは、要を落とさないように、しっかり、閉じているが、もぞもぞと、こすりあわせるように、かすかに動いていた。
 さんざん、誠志にキスされ、肌をなでられ、乳首をいじられ、耳を犯され、結人の股間が、反応し始めていて、むずむずする下半身を、結人は、持て余し始めていたのだ。
 誠志は、キスだけを求めてくる結人の舌を、きつく、吸いながら、
「日向、要の顔に、顔射でもする気か?」
 と、結人の下半身の変化に気づいていることを、突きつけ、意地の悪いことを、ささやいてきた。
 そのまま、結人のペニスを、勃起させ、その目の前にある要の顔に、射精する気か?と。
 要を眠らせた誠志本人が、結人の体に、ちょっかいを出すのが悪いのに、枕にもなれない結人を、バカにするように。
 結人は、そんな、誰かの顔に・・・まして、要の顔に、射精なんか、したくないのに。
 誠志が、もう、これ以上、いじらないでくれたら、そんなことにならないのに。
 そんな想いにかられて、結人は、思わず、誠志を非難するような声を、上げてしまった。
「・・・だ・・・・だって・・・・・・それは・・・・かがみせんぱい・・・・が・・・・・んんん!!」
「こっちも、いじってほしそうだな、日向?」
 涙を、大きな瞳にためて、何度も、やめてと願っている結人の意志を無視して、結人の乳首をいじりまわしていた誠志の右手が、結人の細い腰のくびれをたどりながら、結人の尻へと、まわされた。
 そして、ソファーと結人の尻の間に、右手を滑り込ませると、結人の制服のズボンの上から、結人の尻の谷間に指を差し込み、結人のアナルを中心に、谷間を、指で、まさぐり始めた。
「やっ!!・・・・かがみ・・・せんぱい・・・・・!!・・・・そこは・・・・・いやで・・・・・す・・・・んん!!」
 これ以上されたら、要の枕でいられなくなる結人は、涙をこぼしながら、小さな手で、尻の谷間をまさぐってくる誠志の手を、引きはがそうとした。
 けれど、その反抗が、誠志の気に障ったのか、それとも、からかって楽しんでいるのか、分からなかったけれど、非力な結人の手をものともせずに、結人のアナルに、ズボンと中の下着の布ごと、ぐりっと、誠志の指を突き込まれた。
「・・・・や・・・ぁあ・・・・・!!」
 思わず、逃げるように、結人の腰が、ソファーから浮いてしまった。
 そのせいで、落ちそうになった要の頭を、結人は、両手で、必死に、落とさないように支えながら、その背後では、誠志が、容赦なく、グリグリと、指をまわしながら、突き込んできた。
「・・・んん・・・・・んく・・・・・んんん・・・・・!!」
「日向・・・」
 涙を浮かべながらも、寝ている要を起こさないように、必死に、叫び声をあげないように、唇を噛んで、こらえ、小さな手で、要の頭を支える、その健気な結人の姿が、誠志の中に、ぞくっとした冷徹な火を灯した。
 健気な結人を、性的刺激で、乱して、壊して、いやらしい顔をさせたい、そんな誠志の鬼畜な部分を、結人は、知らず知らずに、高ぶらせていた。
 けれど、誠志の鋭い瞳が、迫力を増し、底光りする怪しさを、ガラスのような瞳に宿ったのを、結人は見てしまい、結人の体に走った、怖さにも似た、ぞくっとした寒気で、結人は、それを悟ってしまった。
 もっと、酷いことをされると、危機感が走った。
「・・・か・・・・かがみ・・・・せんぱい・・・・・もう・・・・・やめて・・・・ください・・・・・」
「ズボンの上からだと、たいして、入らないな」
 いやいやするように、結人が、震える首を振ったけれど、誠志は、止まってくれなかった。
 確かに、ズボンの上から、アナルに指を挿れても、ズボンと下着が、奥までの侵入を、防いで、アナルの入口を開く程度だった。
 誠志は、さっさと、そこに、見切りをつけると、その右手を、結人の背中側から、制服のズボンの中に手をいれた。
「やっ!!」
「黙っていろ。要を起こしたいのか?」
「・・・・ちが・・・・・んん・・・・」
 誠志の手が、結人のやわらかい尻をわしづかみにして、揉んでいたかと思うと、その尻の双丘を覆っていた下着を、引っぱられ、結人の谷間だけに、下着が食い込むようにされた。
 何をされるのかと、ビクビクしている結人を、口の端を歪めて、笑いながら、誠志は、その尻の谷間に食い込ませた下着を、ズボンの中で、グイグイと、引っぱり始めた。
「・・・やぁあ!!」
「叫ぶな」
 大声をあげそうになった結人の口は、誠志の口でふさがれた。
 そして、誠志は、また、結人の下着を、引きちぎりそうなほど強く、引っぱりだした。
 それは、感じ始めていた、結人の半勃ちのペニスを、下着で圧迫される行為だった。
 それは、まるで、直接、男の手で、無理矢理、ペニスをまさぐり続けられた時に似ていた。
 おまけに、誠志は、力をいれたり抜いたりして、下着の摩擦で、結人のペニスをグリグリとこすり、同時に、尻の谷間・・・特にアナル付近を、谷間に集中された重なり合った布地で、前後にこすり、まるで、男の肉棒を、尻の谷間に挟まされいるような、強烈な性的感覚を、結人に与えた。
 手でも肉棒でもないのに、布で、グリグリゴリゴリと、こすりあげられ、結人の体が、ビクンビクンと跳ねた。
「・・・・や・・・・・やだ・・・・・それ・・・・・・・だ・・・・め・・・・・・・やっ・・・・・ぁあ・・・・・」
 無理矢理、股間を刺激され、いたぶられながらも、結人は、それでも、要を気づかって、太ももを、必死に閉じて、要を落とさないように、がんばっていた。
 けれど、その分、刺激されるペニスとアナルから、送られてくる、ビリビリとした刺激に、結人の膝から下が、ガクガクと震え、逃がせない刺激の波に、脚の指先までつっぱり、床から離れた脚が、宙をかくように、ビクンビクンと、痙攣した。
「どうした、日向?随分と、一人で、気持ちよさそうになっているな?」
「・・・・も・・・・・・・・もう・・・・・・・やめて・・・・・・・・」
 下着を使ったプレイを、誠志は、少しもやめてくれずに、緩急をつけて、結人の下着を引っ張り、さらに、下着のゴムをうまく使って、ペニスの根元に食い込むように、グイグイと押しこんだり、ゴムを弾いて、結人のやわらかい尻と、硬くなっていくペニスに、ピシリと当てて、結人をいじめぬいた。
「・・・・か・・・・かがみ・・・・せんぱい・・・・これ以上・・・・・・は・・・・・・・・だめ・・・・・です・・・・・」
「下着で感じているのか?淫乱なことで」
「・・・・・・・だって・・・・・・だって・・・・こんなの・・・・・・」
「このくらいの刺激じゃ、イけないか?なら、ズボンから、お前のペニスを抜き出して、寝ている要の口に、咥えさせるか?」
「・・・・・・や・・・・・・やだ・・・・・!」
 誠志は、結人の耳を、舌で舐めながら、言葉攻めなのか、結人を泣かせるような言葉ばかり、ささやいてきた。
 そのあまりの、誠志の鬼畜な行動と言葉に、結人は、泣きじゃくって、逃げ出しそうになった。
 こんな下着の使い方で、感じさせられるなんて、恥ずかしくて、悲しかった。
 もう、嫌だった。
 逃げたかった。
 でも、結人は、逃げなかった。
「・・・おれは・・・・・・」
 結人は、背中を丸めて、寝ている要の頭を、胸の中に抱え込むように、包み込んだ。
 起こさないように、そっと。
 そして、涙を、ポロポロとこぼしながら、誠志に願う言葉を、必死に、口に出した。
「・・・・おれ・・・・・・・おれ・・・・・・・がんばるから・・・・・。・・・・・かなめさんの・・・まくら・・・・・・がんばるから・・・・・」
「だから、なんだ?」
「・・・・・・・もう・・・・・・やめて・・・・・・ください・・・・・・」
 そう言って、結人は、頭を横に振った。
 ちがう、と。
 一番、誠志に聞いてほしいのは、それじゃないと。
 叶えてほしいのは・・・、
「・・・・つかれてる・・・・かなめさんを・・・・・ゆっくり・・・・・・ねむらせてあげて・・・・・・ください・・・・・」
 そのために、もう、何もしないでほしいと。
 結人が、誠志にされるのが、嫌だからじゃなくて、いつもやさしくしてくれる要を、せっかく、眠らせてあげたなら、ゆっくり、休ませてあげたいのだと。
 結人は、涙で、ぐしゃぐしゃになった、情けない顔ながらも、誠志の瞳を、まっすぐに見つめ、それだけを願った。
「・・・・かがみ・・・・せんぱい・・・・・・おねがい・・・・・・です・・・・・・」
「日向・・・」
 誠志の声のトーンが、少しだけ落ち、必死に願ってくる結人の頭を、誠志の大きな手が、突然、くしゃくしゃと、なでた。
 それは、あまりに、予想外の誠志の行動だった。
「かがみ・・・せんぱい・・・・」
 誠志が分かってくれたと、結人は、泣きながら、笑顔を浮かべたが、その瞬間、結人を撫でていた誠志の手で、結人は、ソファーに、突き飛ばされた。
 そして、要の頭を抱えている結人の片脚を、誠志に捕まれ、無理矢理、持ち上げてきた。
「・・・・・・・・・・ぇ・・・・・・?」
「甘いな、日向。そういうお前を、グチャグチャに犯して、願いを壊すのが、俺は楽しんだと、まだ、分からないのか?いい加減、学習したらどうだ?」
「・・・・・そんな・・・・・・」
「そうやって、要を大事そうに抱えていろ。そのまま、日向のケツの穴を掘るのも、楽しそうだな。お前の、その、要への健気さが、犯されながらも、どこまで耐えられるのか見るのも、一興だな」
「・・・・・・や・・・・・・やだ・・・・・!!」
 誠志の手が、本当に、尻の穴を犯せるようにと、結人のズボンと下着にかけられたとき、結人は、あまりのショックに、目の前が、真っ暗になるのを、感じた。
 そんな結人に、追い打ちをかけるように、誠志の低い声が、宣告してきた。
「要を眠らせている香りの効果は、もう少しで切れる。要の目の前で、犯されているのを見られたくないなら、日向、お前も、積極的に協力して、男娼のように、腰を振って、俺を、早く、イかせてみせろ」
 と・・・。





※今回は、前のサイトでは、カットしていた部分を書いているので、
  全部、新規追加シーンですね。
  読者様は、誠志の鬼畜っぷりは、どのくらいがお好みですか?


※更新をがんばるために、応援よろしくお願いします☆
 感想コメント、拍手応援、ランキングポチ、お待ちしてます(*゚▽゚*)
 非公開コメント希望の場合は、必ず、名前に非公開希望と書いてくださいな。

応援ポチ、毎日ポチポチ、お願いします☆

にほんブログ村


小説(BL) ブログランキングへ

ネット小説ランキング

†BL Fantasy Ranking†


~リンク~
 ※番外編・深淵は、本編を読まれた後に、お読みください。
散らされた花の行方(番外編)

散らされた花の行方~更なる深淵へ~

腐道の心得(BL~ボーイズラブ~を学ぼう)
 ※『腐道の心得』には、散らされた花の行方のことも、ちょっと書いてます(けっこう?w)
  最近は、散ら花書く時の、裏話とか、日記的になってきてますw