2018年01月04日

岸和田市立八木北小学校5年生、まちのバリアを学ぶ!!



少し日にちがたってしまいましたが、今日は岸和田市内で実施している福祉教育の取り組みをご紹介します。

平成29年11月16日、岸和田市立八木北小学校5年生の児童が、自分たちの生活するまちの中で車いす体験を行いました。

今回はただ単に車いすに乗ったり押したりするのではなく、『まちのバリア&バリアフリーを見つけ、車いすを使って生活する人もそうでない人も皆が生活しやすいまちにするにはどうしたらいいか』考える授業となっています。

 


<1>車いすユーザーの谷さんのお話しを聴こう!

まず始めに、八木北小学校付近にお住まいの、車いすを使って生活をしている谷さんに学校へ来ていただき、自身の体験談についてお話しいただきました。

谷さんは以前体育の先生をされていましたが、病気が原因で片麻痺となり、以降車いすを使っての生活を送られています。


児童たちは、谷さんのお話しを真剣に耳を傾けて聴いていました。 



(ふりかえりワークシートより児童の感想抜粋)

□谷さんのお話しを聴いて、あなたが今まで知らなかったことで、今回わかったことがあれば書いてください。

・「脳こうそくはいろんな後いしょうが残る。」

・「パラリンピックが体の不自由な人のオリンピックだったということ。」



八木北小 車いす体験1





 














 

<2>車いす体験をしよう!

谷さんのお話しを聴いたあと、八木北小学校周辺を3つのコースにわけて車いす体験を行いました。

_蔀單津貊斬陲亮辺、集会所(中に入る)、下池田児童公園を周るコース

¬土路町公園を周るコース

L土路中央会館・老人憩いの家、谷さんのご自宅を周るコース



八木北 車いす体験2



 

















【見本地図】にありますように、各コースの地図をグループごとで持ち、「でこぼこ」「下り坂」「ななめの道」などを記号で書き込んでもらいました。

児童は、事前学習と谷さんから教わった車いすの乗り方を思い出し、「乗るときはブレーキをかけて、足置きを上げた状態で乗って…。」とみんなで声を掛け合いながらスタートしました。

 



八木北小 車いす体験3




















 

<3>車いす体験をしたことをふり返ってみよう!

その後各クラスに分かれ、ワークシートを使い、ふり返り学習をしました。


(ふりかえりワークシートより児童の感想抜粋)

□車いすを押してみて、何か気づいたことはありますか?

「けがをさせたらいけないのが、こわかった。」

「責任感がすごくあり、きんちょうしました。」

 

□車いすに乗ってみて、何か気づいたことはありますか?

「ふつうに歩くとあまりわからないだんさでも、車いすだと大きいだんさみたいだった。」

「乗っている人は、いつもこのこわさを感じているんだなと思った。」

 

児童それぞれ、車いす体験をすることでまちのバリア&バリアフリーをみつけることができました。

 

<4>みんなの地図を合体させて、発表しよう!

最後に、各クラスごとでいくつかの大きな地図を作製しました。

大きな地図に「でこぼこ」や「下り坂」などを記号で書き込み、グループごとで発表をしました。発表が苦手な児童は文字に起こし、地図にくっつけて、みんなの意見が入った地図を完成させることができました。


(発表での児童の意見抜粋)

「実際に車いすを体験することで、車いすを利用する人の気持ちを考えることができた。」

「もしまち中で車いすを使い、坂道やでこぼこ道に困っている人を見かけたら優しく声をかけようと思う。」

「車いすをおしましょうか?と声をかけようと思う。」

 

八木北小 車いす体験4

 


















また、今回の体験では、_蔀單津貊斬霄辺のコースについては地域の方にもご協力いただき、集会所のバリアフリーで段差のない入口とトイレに入る体験をさせていただきました。

ご協力いただき、ありがとうございました。




八木北 車いす体験5

 

















 

<最後に福祉教育担当者より、児童の皆さんへ>


車いすの操作方法から、まちのバリア&バリアフリーについて学ぶことができましたね。

車いすを使う人もそうでない人も、みんなが生活しやすいまちにするためにも、今後まちで困っている人を見かけたら優しく声をかけてください。よろしくお願いします。

 

 

(文:岸和田市社会福祉協議会 馬澄)

chiikiai at 20:03|Permalink

2017年10月07日

子どもが主役の赤い羽根共同募金の取り組みをご紹介します!



今年も101日から赤い羽根共同募金が全国いっせいにスタートしました。


 

そんな中、岸和田市立八木小学校では少し早めの募金活動を実施してくださいました。

今年、八木小学校では、より子どもたちが主体的に関わってもらえる募金活動を目指し、進め方にひと工夫しています。

その内容をご紹介します。


 

ゞζ永膓發砲弔い特里蹐Α

導入では、先生方と社協スタッフで相談し、クイズ形式で、子どもたちが共同募金について楽しみながら知ることができるように工夫しました。




393













 

 





∧膓發了箸づ咾鬚澆鵑覆燃悗椶Α

共同募金を受け取っている団体はいくつかありますが、そのうちの2つの団体に学校に来てもらってお話していただきました。こどもたちからは、積極的に質問も寄せられました。

 

〈拡大写本 愛・アイ〉

目が見えにくい児童のために、文字や図を大きくした教科書をつくる活動をされています。





縮小版 八木小 愛アイ



















〈救犬ジャパン〉

災害時などの行方不明者の捜索活動に取り組んでおられます。

 


縮小版 八木小 救犬














 

振り返りワークシートより児童の感想では、

「愛・アイさんの活動がボランティアだったことが印象に残った。」

「救犬ジャパンの活動が国からの補助がないことにおどろいた。」

 といった感想が寄せられました。

 

 

 

8討咾けのポスターをつくろう!

子どもたちが、自分たちで工夫しながらポスターを作ってくれました。


縮小版 八木小 共募11



 
















 

ち換蚕顕颪韮丕劼靴茲

2つの団体から聞いたお話をもとに、代表委員会が全校集会で共同募金をPRしました。

 

 
842

















当日は一生懸命事前に練習した寸劇を行い、低学年の子にもわかりやすい内容で呼びかけました。

 



縮小版 八木小 全校集会 


















 

ゼ尊櫃吠膓發鮟犬瓩茲Α

全校集会でPRした翌月から2日間、校門前で代表委員会と拡大写本 愛・アイの今村さん、そして救犬ジャパンの松林さん、松川さん、きんぞうくん(救助犬)、イザヴェラちゃん(救助犬)が募金活動を実施しました。

「赤い羽根共同募金にご協力をお願いします!」と大きな声で声かけをしました。

 


縮小版 八木小 募金活動2

 

















その結果、八木小学校では17,219円の募金が集まりました。(昨年は11,138円でした)

 



縮小版 八木小 共募7















 

 

Δ笋辰討たこと、振り返ってみよう!

9月22日夕方、「ありがとう式典」を開催しました。岸和田地区募金会会長や配分先からお礼の言葉が贈られました。

 


縮小版 八木小 共募10















その後、自分たちの活動を振り返るために、振り返りシートを記入しました。

振り返りワークシートに書いてくれた感想を少しご紹介します。


〇みんなに伝えたかったこと

「募金がどの活動に役立っているのか、大切さについて。」

1円でも5円でもみんなの気持ちが集まれば、大きなお金になること。」

「一人一人の募金が町の一人一人のためになっていること。」


〇今後チャレンジしたいこと

「自分もお金を持ってきたらいいと思った。」

「今回よりももっと多くお金を集めたい。」

「なぜ募金をしているのかなど理由をいい、積極的に話していく。」

「生活の一部として募金のアピールをする。」



縮小版 八木小 募金活動1



 















代表委員会の皆さん、ポスター作り、全校集会での声掛け、募金活動、お疲れ様でした。

またどこかで、赤い羽根共同募金にご協力いただくことがあるかもしれません。
その時はぜひご協力よろしくお願いします!
ご協力、本当にありがとうございました。

 

 

(文:岸和田市社会福祉協議会 馬澄)



chiikiai at 14:43|Permalink

2017年09月25日

車いすユーザ向け試験曳きツアーを開催しました!



9月15日(金)、地元の市民団体と有志で構成する「車いすユーザーも楽しめる岸和田祭実行委員会」が主催の車いすユーザー限定ツアー「岸和田祭試験曳き見物と地車献灯提灯見学ツアー〜疎開道俄歩き〜」を実施しました。

岸和田市社会福祉協議会は、地元のNPO法人自立生活センター・いこらーと共に、この実行委員会の事務局を担当しています。

今年で4年目となるこの取り組み。

今年度はお城が見える最高のロケーション、二の丸広場からスタート。


S__38993945































今回は、車いすユーザーが13人、介助者やご家族、スタッフも合わせると総勢50名でのツアーです。






IMG_3615(縮小版)
































受付、簡単な注意事項の説明のあと、お城を横目に見ながらみんなで移動。
ガイドはお馴染み岸ぶら編集長の渡邉隆さんです。
列が長くなるので、ガイドの声が全体に聞こえるようにと昨年から導入したイヤホンガイド。
今年はさらに大行列で、ガイドの渡邉さんが歩く位置も調整しながらコナカラ坂を下ります。



21587134_473472976371841_8840422011596586568_o(縮小版)

























今年度、見物場所に選んだのは岸和田市役所新別館前。
ここは毎年祭礼中は本町の三十人組の皆さんが詰め所として使っておられるところです。
今回、本町の皆さんと市のご理解・ご協力を得て、この場所を使わせていただけることに。





S__38993929(縮小版)








































これから始まる3日間の幕開けの緊張感と気合い、だんじりを曳ける喜びが入り混じる雰囲気の中、試験曳がスタート。
すぐ間近を曳き手が駆け抜ける大迫力、参加者からも驚きの声が上がります。




IMG_3624(縮小版)





























この取り組み、ちょうど3年半前の平成26年3月に、東京のNPO法人Checkの代表金子さんから「岸和田祭で多機能トイレのマップを作ってみませんか?」という提案を受けて始まりました。

「岸和田のまちやだんじりが大好きな人はもちろん、だんじりを見たいと思った人が誰でも楽しんでもらえる祭にしたい!」

「まちやだんじりへの思いは一緒やのに、祭を楽しむのをあきらめなあかんなんておかしいやん!」

そんな思いを共有できる仲間が集まって、実行委員会を立ち上げました。

このツアーもその活動の一環ですが、もうひとつのメインの活動が、多機能トイレや授乳室等の場所や道路の傾斜や段差、そしてだんじり見物を楽しめそう場所などを盛り込んだマップの作成です。





2017map-photo(縮小版)



























車いすユーザー、子育て中のママたちと一緒に岸和田市子ども会育成連絡協議会の子どもたちや保護者の皆さんがまちを歩いて、白地図にいろんな情報を書き込んだものを、地元デザイナーの六覺千手さんがカッコいいマップに仕上げてくれています。
今年度はさらに情報量も増やしてバージョンアップ。




IMG_3644(縮小版)





























そんなマップの存在や、マップ作成に至った思いをぜひ岸和田市の行政や多くの市民に伝えたい。
今回は市長にツアー現場にお越しいただき、参加者の皆さんと一緒に実行委員長からマップを手渡ししました。
市長のスムーズな移動のための誘導には岸和田地車祭禮年番のご協力も。年々ご理解・ご協力の輪が広がります。




IMG_2706(縮小版)




























市役所新別館前で大接近のだんじり見物を満喫したあとは、蛸地蔵駅下がりの交差点へ。
数台のだんじりの迫力あるやり回しを見ることができました!




S__38994031(縮小版)































だんじり小屋や詰め所の見学をしながら、いこらー事務所へ。
だんじりラムネでしばし休憩のあと、渡邉さんから賢申堂の河合申仁さんにインタビューする形で、だんじりの彫り物のことや、祭の運営のことなど、祭の当事者ならではの貴重なお話をお伺いしました。





21587265_473473093038496_3535833102821806893_o(縮小版)
































その後の俄歩きでも、たくさんの方が「冷たいもん飲むか?」「ゆっくりしていってや」などのお声をかけてくださって、ここでも年々皆さんのご理解・ご協力があったかく深まっていることを実感。

後日、ツアー参加者からはうれしいお礼状やメッセージも実行委員会に寄せられました。

年々地元の皆さんのご理解、ご協力を得ながら広がるこの取り組み。

これからも、岸和田のまち、祭、だんじりを愛するすべての人がお祭を楽しめるように。
「岸和田のだんじりを一度見てみたい!」という全国の方を気持ちよくお迎えできるように。
実行委員会はまた来年に向けて動き出します。

今年度の取り組みにご理解・ご協力をいただいた皆さま、本当にありがとうございました。


chiikiai at 18:17|Permalink ボランティアセンター | 風景・様子

2016年12月03日

視覚障害者のための調理入門講座 開催

 平成28年11月26日(土)10時〜13時 福祉センター調理室にて、
視覚障害者のための調理入門講座を開催しました。
 講師として「堺市立健康福祉プラザ 視覚・聴覚障害者センターの

歩行訓練士 原田敦志氏、畑野容子氏」をお招きし、調理の際に工夫できる点等に
について、説明を加えていただきながら、調理訓練を行いました。
今回のテーマは「電子レンジを使った調理」で、メニューは「かぼちゃの煮物」と
「豚バラと小松菜蒸し」です。みなさん、真剣に調理に取り組まれ、調理室には
とてもいい匂いが充満しました。完成したお料理を皆さんで試食、楽しい時間を
過ごしました。

今回、初めての講座開催となりましたが、「これなら、家で作れる、家族に作ってあげたい、
調理の時の工夫をたくさん教えてもらえた」等、明日から実践できるとのお声を多数いただき
ました。

ご参加くださった皆さま、講座開催へご協力いただきました「
岸和田市視覚障害者協会」の皆さま
ありがとうございました!!

IMG_1049
IMG_1047
IMG_1046




chiikiai at 21:10|Permalink

2016年06月18日

市民後見人養成講座オリエンテーション 開催しました

平成28年6月18日(土) 14時〜16時30分
福祉センターにて、市民後見人養成講座オリエンテーションを開催しました。
平成28年度も、市民後見人の養成に向けて、講座が開催されます。

オリエンテーションにつきましては、本日以外にも下記の日程でご参加いただけます。
「市民後見人ってなに?」「どんな活動内容なの?」と興味のある方は、
ぜひ、お問せください。

〇平成28年7月9日(土) 14時〜16時30分
  大阪社会福祉指導センター5階 ホール

※事務局 大阪府社会福祉協議会 大阪後見支援センター
  電話 06−6764−7760 FAX 06−6764−7811





chiikiai at 17:26|Permalink 各種研修会 

2016年05月02日

岸和田市介護者家族の会「みずの輪」公開講座を開催しました!

平成28年4月9日(土)13時半から、
「医療と介護の連携・自宅で看取る」〜住み慣れた場所で最期まで過ごすために必要なこと〜

というテーマで、講演会を開催しました。
講師は出水クリニックの出水明医師を迎えて、介護を取り巻く現状や、
どのようにして人生の最期に向き合うのか、お話していただきました。ブログ用

後半では、実際の自宅での看取りについて、出水医師と会員の方から経験談を報告していただきました。
介護サービスをうまく利用しながら、在宅での看取りは可能であるのだと学びました。
そのような中で、介護にまつわる制度を学んだり、介護中での悩みを共有しあったりする「みずの輪」 が、
今後さらに重要になってくるのではないか、と感じました。
  



chiikiai at 14:25|Permalink

2016年01月30日

市民向け権利擁護セミナー「認知症ケアのこれから」を開催

 平成28年1月30日(土)14時〜16時 
 市民向け権利擁護セミナー
 「認知症ケアのこれから」をテーマに、セミナーを開催しました。
 講師:大阪府認知症介護指導者
     社会福祉法人 慶生会 在宅事業本部 通所介護事業部
     小幡 和行 氏
 
 高齢社会を迎え、認知症を発症する方が増加すると言われており、研修等の機会を
通じて認知症への理解を少しでも深め、認知症が「自分たちの問題である」という認識を
持っていただくことが、大切ではないかと感じました。
 ご参加いただきましたみなさま、ありがとうございました。

IMG_0733


chiikiai at 17:13|Permalink

2015年10月04日

『RUN伴2015』に参加しました!

平成27年10月4日(日) 秋晴れの晴天の中、
認知症の人や家族、支援者、多数が参加し、気持ちをひとつに
岸和田市内をたすきでつなぎ走りぬけました!

RUN伴(ランとも)は、
認知症の人や家族、支援者、一般の人が

少しずつリレーをしながら、1つの襷をつなぎ、 ゴールを目指すイベントです。

オレンジのTシャツが目印です。関心のある方は下記のページもご覧いただければと思います。
ラン伴ホームページはこちら。http://runtomo.jimdo.com/

IMG_0605
IMG_0607



chiikiai at 12:15|Permalink

2015年07月04日

車いす赤ちゃん連れでのだんじり見物にもやさしいMAPを作ろう!!まち歩きイベントを開催!

平成27年6月27日(土)、13:30〜16:00、岸和田だんじり祭の車いす・赤ちゃん連れ観光コース&マップを作成するためのまち歩きイベントを開催しました。

この企画は、昨年度、東京のNPO法人Checkの提案で始まりました。
今年度は地元の関係者が中心になって実行委員会形式で取り組んでいます。 

今年も、岸和田市子ども会育成連絡協議会のご協力で中央、城内、浜校区の子どもたちと保護者の皆さんと一緒にマップをつくります。

車いすユーザーは、地元のNPO法人自立生活センター・いこらーのメンバーに加えて、泉大津の自立生活センター生活介護パイオニアの皆さんもご協力くださいました。

そして、今年は新たな試みとして、赤ちゃん連れでのだんじり見物にもやさしいマップをつくろう!ということで、地元の子育て支援団体、NPO法人ここからKitの皆さんも実行委員会に参画。
当日は、現在子育て中のお母さんたちも赤ちゃんと一緒に駆けつけてくださいました!

最初に、誰もが使いやすいユニバーサルトイレのお話や、車いすユーザー、赤ちゃん連れの保護者の視点からの日常生活やだんじり祭で感じる不便さをお話してもらった後、総勢60名が6チームに分かれてまち歩きスタート!


RIMG1487 
















赤ちゃん連れチームは、ベビーカーで蛸地蔵駅からだんじり会館までを歩いてくれました。
話題はだんじり祭にとどまらず、「ここまた遊びに来よう!」「へー、こんなとこあったんやー」と、たくさんのお役立ち情報を発見してくれたママたちです。



DSCN5486


















車いすユーザーと子どもたちが一緒になって、地図を見ながらバリアフリーチェックを進めます。



IMG_1753



















思わぬところに電信柱があったり、普段歩いていると気づかない道路の傾斜があったり・・・子どもたちも車いすに乗ってみて、車いすユーザーからアドバイスを受けながらまちを歩きます。 


11665733_868683933219497_2019811047_o 



















まち歩き終了後は、見てきたこと、気づいたことを大きなマップに書き込んでいきました。

DSCN5497 

















お兄ちゃんたちと赤ちゃんのふとした場面での自然なふれあいもほほえましいですね。


RIMG1541
 
















マップが完成したら、グループごとに気づいたことを発表して、みんなの意見を共有しました。


RIMG1552


















最後は昨年と同じく、参加者全員で記念撮影をして解散。


今年は、地元のデザイナー六覺千手さんが子どもたちの声をたくさん盛り込んだマップを作ってくださいます!

岸和田のまち、そしてだんじりが好きな人誰もが楽しめる岸和田祭を目指して、今年も車いすユーザーのためのモニターツアー企画や、当日の障害者や赤ちゃん連れの保護者のためのサポートデスクオープンなどに取り組みます。

参加された皆さん、本当にお疲れさまでした! 


chiikiai at 19:44|Permalink

第100回記念ボランティアサロンを開催!

平成27年6月20日13:30〜16:00、第100回目のボランティアサロンを開催しました。

ボランティアサロンは、ボランティア同士のつながりづくりと、ボランティア活動へのきっかけづくりのための気軽な交流会です。
平成10年から17年間、ボランティアの皆さんと一緒に実行委員会形式で企画・運営してきました。

今回は記念すべき100回記念。
当日は、スタッフも含め123人の参加がありました。


IMG_7791

























まずは100回記念を祝して、サロン実行委員長と副実行委員長によるくす玉割からスタート!
くす玉は、当日の出演者、個人ボランティアの堺アキオさん手づくりのプレゼントです。


IMG_7798





第1部は、ボランティアサロン100回記念企画として、「大いに語ろう、ボランティアのこれまでとこれから」というテーマで、座談会を開催しました。

登壇者は、
第5代目のサロン実行委員長、坂本 昭久さん
現サロン実行委員長の木村 和子さん
個人登録ボランティア 津田 尚子さん
高校生ボランティア 油谷 郡さん
元ボランティアセンター担当職員 沖藤 政紀
です。

サロン立ち上げから今に至るまでの歩みを振り返り、それぞれのお立場から、ボランティアサロンやボランティア活動への関わりについてお話頂きました。


第2部は、にぎやかに100回記念を皆でお祝いしながら、それぞれのグループ、個人の活動紹介、交流を企画しました。


RIMG1425
































こちらは当日第1部、第2部ともに司会進行をしてくださった稲富 信子さん。



IMG_7853

























第2部のオープニングは、いつも元気はつらつで一押しのボランティアグループ、「そ〜りゃ地車人」の皆さんが華やかに飾ってくださいました。


IMG_7861

























続いて、地域でも引っ張りだこの南京玉すだれ、どじょうすくいを披露してくださる岡本 博順さんが登場。



IMG_7865

























アコースティックギターでしっとりと唄ってくださるA&Bのお2人です。


IMG_7893
























そして、トリはずっとボランティアサロンにも参加し続けてくださって、地域や福祉施設でも大人気の堺 アキオさんによる「一人芝居」。

巧みなトークと早着替えに、会場全体が笑いに包まれました。


IMG_7840























100回記念のお祝いに、岸和田の銘菓「むらさめ」をつくってくださった、食生活改善推進協議会の皆さんをはじめ、ボランティアグループやNPO法人で活動紹介ブースを出展、皆さんステージの演奏を楽しみながら、各ブースも回って交流を深めておられました。


IMG_7848




















IMG_7842
























毎回景品を提供してくださるボランティアグループ「友垣」の皆さん、ブース出展でのレギュラー参加を重ねてくださっている「ハンドインハンドきしわだ」の皆さんです。


RIMG1311






























毎回おいしいコーヒーを煎れてくださる「サン・アーチ」の皆さん。


IMG_7895

























そして、最後には、元ボランティアセンター職員で、現在はチョークアーティストとして活躍中の川畑 貴子さんの作曲によるボランティアサロンのテーマソングを初披露。
作詞はボランティアサロンの実行委員がサロンに込める思いをみんなで出し合って、川畑さんが詞にしてくださったものです。

景品じゃんけんの後、皆でおなじみの「しあわせなら手をたたこう」を歌って終了しました。

17年という年月、第100回目まで、本当にたくさんの市民の皆さんに支えられながら続いてきたボランティアサロン。

101回目からは、リニューアルしてますますパワーアップした交流企画を検討中です。

次回は10月17日(土)開催予定です!

ご参加くださった皆さん、企画・運営にかかわってくださっている皆さん、本当にありがとうございます。 

chiikiai at 18:36|Permalink