images

■ある組合の役員さんからの質問

 こんな質問を頂きました。
 【職場では時々「待機時間」というのがあり、その時間は労働時間から除かれます。しかし、待機と言っても事務室で待機しているだけで、指示があればすぐに作業に取り掛かります。また、残業代については30分未満は切り捨てで残業代がでません。こういうのは違法だと思うのですが。。。】
 という質問です。
 
 待機というのは実態は様々ありますが、作業をしていないからと言って労働時間にならないわけではありません。
 この問題を理解するためには「労働時間」とはなにかを理解することが大切です。
 「労働時間」かどうかのPointは「指揮命令下に置かれている」かどうかです。
                                                      

■「待機時間」が労働時間にあたるかどうか。Pointは「指揮命令下にあるかどうか」
 労働基準法では労働時間の上限を定めています。(法定労働時間)
 1週間40時間、1日8時間です。
 この時間を超える分は「時間外労働=残業」として扱われ、割増賃金を支払うことを使用者に義務付けています。
 「労働時間」の定義については、労基法には規定がないのですが、判例にあります。

 労働時間とは「労働者が使用者の指揮命令下に置かれている時間」であり、「労働時間に該当するかどうかは使用者の指揮命令下に置かれたものと評価することができるか否かにより客観的に定まるものであって、労働契約、就業規則、労働協約等の定めの如何により決定されるものではない」(三菱重工長崎造船所事件・最高裁2000年3月9日判決)
 
となっています。
要するに、仕事をしていなくても、いつでも動ける状況に置かれている場合は労働時間として扱われなければ.いけません。その判定は「客観的にどうか」です。
慣例とか労働契約などよりも、客観的事実をみて判断する性質の問題です。
相談された方の職場では、「いつでも作業に取り掛かれる状態で待機」しているわけですから、「使用者の指揮命令下に置かれている」と判断できます。すると、これは労働時間に該当することになります。


■「労働時間の四捨五入」は違法!
もう一点の問題、「残業代が30分未満は切り捨てられる」という状況について。
こういうケースはよく聞きます。残業代の節約のためにそういった処理をしているのでしょうが、
ですが、これは違法です。
労働時間は「一分単位」で把握、管理しなければいけません!

また、「残業時間を労働者の申告制」にしているケースもありますが、
残業時間も含め「労働時間」を適正に管理し、正確に把握する義務は使用者に課せられています。
労働者任せにして「管理してませんでした」というのはこの義務に違反するわけです。

要するに、使用者は「労働時間を正確に管理し、残業させる場合は1分単位で割増賃金を払わなければいけません」ということです。

ただし、
毎日の残業時間はこれまで書いたとおり「一分単位で」が原則ですが、
1か月の合計については「1時間未満の端数がある場合は30分未満を切り捨てても違法ではない」とされています。30分以上は1時間に繰り上げ。


■細かいことの積み重ねが「法を守る職場・企業」をつくる!
 こういう残業代の未払いは民間企業だけでなく、公務員の中でもはびこっていると聞きます。
「公務員は楽して高給取り」だとか言っている人(政治家とか御用コメンテーターとかそれを鵜呑みにする人とか)が若干いますが、現場は散々なようです。
公務も民間も、おんなじ労働者です。仲間割れしないで力を合わせたほうが実利が勝ち取れると思いますが、、、。

こういった、「待機時間も労働時間です」とか「30分以下の残業代切り捨ては違法だ」とかいった問題は、ともすると些細なことと思われがちです。
「そのくらいなら大した金額じゃないからまあいいか」と思うかもしれません。

でも、金額の多寡とかそういう問題ではないと思います。
ちょっとしたことでも「違法」を容認すれば、労基法などの法律・ルールに対しての使用者の意識が低くなっていきます。
日本のサービス残業という悪しき文化(?)が象徴するように、違法が当たり前の職場の雰囲気が徐々につくられていく一歩になってしまうと思います。

ちょっとしたことでも「権利は行使する」。
このことの積み重ねが「法律を守る職場風土をつくり、安心して働き続けられる職場をつくる」ことにつながります。

とはいえ個人ではなかなか主張することができないというのが現実でもあります。

だからこそ「労働組合」が職場に必要なんじゃないでしょうか。

という結論にいたりました。

※労働組合の力についてはこちらを参照ください→ http://blog.livedoor.jp/chiikirouso_yokohama/