組合員や労働相談に来た方からよくでる話がこれ
「職場でうっかり皿を割っちゃったんです。うちは皿割ったら罰金5000円で給料から引かれるんです」
というような話。
さて、これは問題ない?問題ある?
ダウンロード


【罰金を事前に約束することは禁止】
労働基準法では、使用者と労働者が結ぶ「労働契約」の中で違約金や損害賠償の規定を定めることを禁止しています。↓
(賠償予定の禁止)
第16条 使用者は、労働契約の不履行について違約金を定め、又は損害賠償額を予定する契約をしてはならない。

 皿を割ったことに対しての罰金規定は、まさにこの労働基準法16条に違反しています。
もちろん営業車をぶつけてしまった。とかも同様です!

さらに
【給料は全額払いが原則】
労働基準法では、賃金は全額が労働者に支払われないといけません。
毎月の給料日に、罰金を給料から差し引くことも違法です。

ということで、今回のケースの場合
①罰金の予定の禁止
②賃金の全額払いの原則
この両方にも違反することになります。

yjimage (1)


では、労働者は何をやっても無罪放免?
というとそういうわけではありません。

労働基準法は、
「労働者が生じさせた損害について、その損害を賠償するよう労働者に請求すること」は禁止しているわけではありません。
実際に生じた損害について、労働者に請求する権利は使用者にもあるわけです。(ある意味当然)
もし、労働者が皿を割って、損害がでたというのであれば、その損害額を支払うように労働者に請求すればよいわけです。
(この場合、損害額は双方の話し合いによって決まるわけです)
要するに、事前に罰金を予定したり、給料から強制的に引いてしまったりするのはダメですよ!ということです。

ただ、
使用者というのは、労働者を使って利益を上げている存在です。
日常業務の中で通常起こることが想定されるようなミスについてまで、労働者に賠償を求めるのは酷な話です。
実際裁判で「損害が出たから賠償金払え~!」と労働者が訴えられたケースでも、
「労働者に重大な不注意があったとしても、すべての賠償責任を労働者に負わせるというのは駄目だよ!」
という内容の判決が多いようです。

【結論】
①損害賠償を予定すること。給料から差し引くことは労働基準法違反!
②皿を割るというような、よくあるミスについて労働者が賠償責任を負うこと自体ナンセンス!
③仮に故意や過失があって損害賠償が認められたとしても、全額の賠償は負わない!


そんなことが職場であったら、まずは労働組合や専門家などに相談するのが良いです。
反省することは必要ですが、不必要な責任まで負う必要はありませんよ!
yjimage (2)



労働組合に入りましょう!
横浜地域労働組合(通称:地域労組よこはま)
労働相談ホットラインは→0120-378-060