職場での組合活動紹介!


「横浜地域労働組合」に所属する組合員の中には
「職場で組合員は自分だけ!」という方が少なくありません。
もちろん職場に仲間がたくさんいればそれだけ要求を勝ち取る力になります。

今は職場に組合員は自分だけだけど、組合活動をコツコツ継続しながら、仲間を増やしていこうと頑張っている
KNさんの職場活動を紹介します。

img_soudanin02


私の職場は病院です。
組合員は今は一人ですが、毎年春闘や秋と冬の一時金引き上げに取り組んでします。
組合活動で苦労することは、毎回、職員の要求を聞く事。
何時も「やめようかな」と思います。
でもそんなとき職場の仲間から
「KN、頑張っているなー・・・困っているだけど何とかならんかい?」と声をかけられたりすると、勇気が湧いてきて、「よしがんばろう!」と思えます。

病院に要求する内容は、組合員の要望だけでなく
「すべての職員の待遇改善」にも取り組みます。

要求づくりでは、全労連の「はたらくみんな要求アンケート」を活用して
職場のみんなから生の声も聞き、要求書に反映しました。
images

アンケート結果から、賃金引き上げは、切実で根強い要求です。
今年も、4万円のベースアップを要求
(2月29提出)をしました。

この間、病院と団体交渉を重ね
組合掲示板の設置や職員のインフルエンザの予防接種の無理化を実現させました。

要求実現の活動は苦労が多いものですが、それだけに、実現すると喜びもひとしおです。

(組合員KN) 

労働組合に入れば、一人でも勝ち取ることのできるものはたくさんあります。
もちろん組合員が増えれば、その力はもっともっと大きくなります。
労働組合に入って、労働条件の改善、安心して働き続けられる職場をつくっていきましょう!