横浜地域労働組合の組合員であるNさんのたたかっていた「萬珍樓の解雇争議」が、今年6月16日横浜地方裁判所にて和解での勝利解決を勝ち取ることができたことから、9月6日に支援いただい方々を招いて報告会が開かれました。
報告集会には横浜地域労働組合の組合員の他、横浜地区労、神奈川労連女性センターの仲間も集まり、お弁当を食べながら争議の報告と交流をしまいた。

BlogPaint


組合員のフルートの演奏で始まった報告会では、組合書記長から「争議の経過・教訓」についての報告があり、参加者がそれぞれ支援しての感想などを交流しました。
IMG_0436

Nさんの挨拶
「1年7カ月に渡って闘ってきた萬珍樓不当解雇事件につきまして、弁護士団、労働組合の皆様の多大なるご支援のもと、無事、勝利和解できましたことを、あらためて御礼申し上げます。
解雇された直後、駅前で配布されていた労働ホットラインのティッシュのフリーダイヤルへ電話をかけ、相談をさせていただいたことが労働組合との出会いのきっかけとなりました。このきっかけがなかったら、今日の勝利を手にすることは到底かなわなかったことと思い、私にとってはまさに奇跡的な出会いであったと思います。
不意に訪れる労働問題に対し、労働者はなす術もなく、
多くの方が泣き寝入りしてしまうことが多い中、温かいのご支援をいただいき、解決への糸口となりました。
今回の経験を踏まえ、労働問題に苦しむ労働者の方へ
少しでもお役に立てればと思っております。
ご支援いただいた皆様、本当に有難うございました。
そして、これからもよろしくお願いいたします。」 

みんなが安心して働くことができ、尊厳が守られるように。
労働組合に結集して、力を合わせましょう(^_-)-☆