tokusyu1-3
12月7日(水)18時30分より「労働組合のストレスチェック制度活用!学習会」を企画いたしました。

ストレスチェック制度は2014年6月に成立した労働安全衛生法の改訂で新設された制度です。
厚生労働省のHPは→こちら

本制度の目的は
「メンタルヘルス不調の一次予防対策」
「労働者自身のストレスへの気付きを促す」
「ストレスの原因となる職場環境の改善」の3点になります。


2015年12月施行で、最低年に1回のストレスチェックが義務付けられているため、対象となる職場ではすでに実施済みかもしれません。
 

常用雇用者50人以上の事業所では原則すべての労働者に実施が義務付けられていますが、努力義務である50人未満の事業所であっても実施する場合は助成制度があります

 

このストレスチェック制度を、労働組合としてどのように活かし、安心して働くことのできる職場をつくっていくためにどう役立てるのか。このことをテーマに学習会を企画しました。
報告者は労働行政(厚生労働省、労働局、職安、労基署)で働く仲間でつくる労働組合・全労働神奈川支部の書記長 川口さん。
単に講義を聴くだけでなく、参加者の職場でのとりくみなどを交流し、相互に深め合える企画にしたいと考えています。

資料の準備等の関係で、申込制とさせていただきます。
参加希望の方は、横浜地区労事務局までご連絡ください。
 

 


「ストレスチェック制度活用!学習会」

 

日時:2016年12月7日(水)18時30分~20時30分

開場:健康福祉センター8階会議室8A会議室

(〒231-0062 神奈川県横浜市中区桜木町1丁目1 電話: 045-201-2060)

参加費:無料

ストレスチェック学習会ビラ