2007年08月19日

オーラの泉、小泉孝太郎さん

昨日のオーラの泉のゲストは小泉孝太郎さんでした。

前・総理大臣の息子ということでいろいろ注目を集めていらっしゃいましたが、それはそれなりに大変なのだとわかりました。

「人に会うのが億劫」「ほっといてほしい」という言葉がよく出ていましたが、それは小泉さんの霊的にも敏感体質であることが1つの理由だったようです。

霊的に敏感体質な人というのはオーラがかなり大きいそうで、それにさまざまな霊的なものが引き寄せられるそうです。

いいことで言えば、とても感受性があること。悪い場合は小さなことに敏感になりすぎたりすること。

そのため霊的に敏感体質の人は、いつも自分の波長を高くしていなくてはいけないようです。

江原さん、そして美輪様のお話によると、亡くなった小泉さんのおじいさんからのメッセージとして、小泉さんに政治家になってほしいと望んでいるとのことでした。

今している俳優業は迂回であって、いろんな役を演じることによっていろんな人たちの気持ちがわかるようになり、それが政治をする上で役に立つということだそうです。

今どんなことをしていようとも、人生の経験として決して「無駄」ではないということがわかりました。

小泉孝太郎さんの人生はお父様が総理大臣を引退されたことから再び、新たな人生の始まりだそうです。

これからのさらなるご活躍がありそうですね!

コメント一覧

1. Posted by かずっち    2007年08月28日 17:03
5 派遣の品格て、ドラマにも出ておられましたね。
演技にもますます磨きが掛かってきましたねo('∀'*)o
派遣社員さんは、補償も無く厳しい現状です。
そんなこともいろんな役をされることで、気が付かれるのでしょうね。
お父様のように政治に命をかける方になられるのでしょうね。
将来が楽しみですね。
2. Posted by ちいろば   2007年08月29日 17:20
かずっちさん、こんにちは。

もし小泉さんが政治家になるなら、弱い立場の人たちの気持ちがわかる政治家になってほしいですね!

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
プロフィール
ちいろば
スピリチュアル・カウンセラー、江原啓之さんの本を読んで学ぶことがたくさんありますがなかなか成長できていません。(~_~;)私の気づきをご紹介できればと思います。