酒徒善人

日本各地で飲んだくれ。酒好きは、きっとみんないい人。

酒徒善人 イメージ画像
中華料理情報サイト「80C」にて「中国全省食巡り」を連載中!

更新情報

引っ越し直後から目を付けていた関内のバスク料理店『Bihotza(ビオッツァ)』へ、家族で突入。 イワシのマリネ、白いんげんとチョリソーの煮込み、キハタのグリル、アサリご飯、バスクチーズケーキなどをダダンと頼んでみたところ、魚介は新鮮、味付けは控えめで、スマッ
『神奈川備忘録56 - イイ!関内のバスク料理店『Bihotza(ビオッツァ)』!』の画像

家族そろって帰国した最初の週末は、大さん橋を散歩。にっぽん丸・飛鳥Ⅱなど大型客船が3隻もいて、子供と一緒に偶然を喜ぶ。青い空と海が当たり前のようにあるのが上海帰りの身には嬉しい。 散歩ついでのパン屋開拓で、大さん橋の根元にある『ロータスバゲット 横浜ロ
『神奈川備忘録55 - 関内巡りで『横浜ロータス』『コーヒーの大学院』『すし善』!』の画像

上海に戻る前日の夜も、やはり野毛へ。一軒目は、野毛外れの路地裏にあった『蛤覚』で一杯。 バチマグロの漬けと赤貝と平目の盛り合わせがとてもうまい。バチマグロは筋まで甘く、平目は熟成感のある旨味で、赤貝は新鮮。鯛わたの塩辛は字面以上の酒キラー。グイグイ飲んで
『神奈川備忘録54 - ちょい野毛で、『蛤覚』『ダウンビート』『レーロイ』!』の画像

<1> 中華街で牛肉トマト湯麺。こういうトマト麺にトマト自体の酸味や甘味だけじゃなくケチャップを足すところが日本的だなあと思う。もう一枚はサンマーメン。 店名は失念。 <2> 明日は上海に一度帰還。GWを向こうで過ごし、家族とともに日本へ本当に帰ってくるのだ
『神奈川備忘録53 - 中華街の牛肉トマト湯麺と『三吉橋 小嶋屋』の春野菜の天ぷら。』の画像

北京の食友と横浜で邂逅。どこなら昼から飲めるかなと悩んで、野毛の老舗洋食屋『キムラヤ』へ。 ご飯付きのセットではなく、アラカルトをシェアしながら白ワインをガブガブ。食友は、グラスの縁まで届きそうな勢いでワインを注いでくれた。白酒かなにかと勘違いしていたの
『神奈川備忘録52 - 北京の食友と『キムラヤ』『ちぐさ』『Synchronicity』!夜は『鳥どり』『野毛ハイボール』!』の画像

帰国2日目。早朝から働きづめで気づけば午後一時を回っていた。空腹の極み。 新規開拓すべく街をさまよったが、胡麻油の香りにからめとられて、先月も訪ねた天婦羅屋『登良屋』へ。 瓶ビールについてきた茹でイカの酢味噌添えがいい。店主は絶対酒飲みだな。いちいち気が
『神奈川備忘録51 - 昼の『登良屋』から二日目も野毛!『弥平』『ウナ カサ デ グビグビ エルヌビチノ』『秀吉』『クライスラー』!』の画像

2019年4月、上海より帰国。今後の日常生活は、備忘録の形でさらっと書き残していくことにする。 備忘録1-45は、鎌倉に住んでいた2011年~2015年の記録だ。 --------------- 4月中旬、4年間の上海生活を終え、家族より一足先に帰国した。これから一週間、横浜での新生活の
『神奈川備忘録50 - 帰国初日は『玉泉亭』のサンマーメンから野毛巡り!『たち花』『ちぐさ』『千花庵』『パパジョン』『SNUG』!』の画像

「神奈川備忘録48 - 空港での朝寿司、『利久庵』の田毎そば、『ジャズ喫茶ちぐさ』のコーヒー!」の続きです。 大岡川沿いの桜は一部まだ満開だった。先日の寒波のお陰かな。 吉田町をぶらりと歩いて、『横浜ベイブルーイング』なるクラフトビールパブを発見。ウルケルに
『神奈川備忘録49 - 『横浜ベイブルーイング』のピルスナー、『野毛おでん』の大根、野毛散策!』の画像

4月上旬。帰国準備のため、往復深夜便の日帰りで日本へ戻った。実にやるせないスケジュールなので、まずは早朝から空港で寿司。もちろん、朝ビールも一緒だ。 羽田から横浜へ向かうと、人身事故で電車が大幅遅延。日本に帰ってきたって感じだなあ。。 全ての用事を午前
『神奈川備忘録48 - 空港での朝寿司、『利久庵』の田毎そば、『ジャズ喫茶ちぐさ』のコーヒー!』の画像

「神奈川備忘録46 - 横浜で物件探し!ぐったりした身体を『勝烈庵』と『ホテルニューグランド』で癒す。」の続きです。 この日も朝から子連れで物件巡りにいそしみ、昼過ぎにはぐったり。ふらりと入ったのは、関内の老舗天ぷら屋『登良屋』だ。 何気なく頼んだカツオ刺。
『神奈川備忘録47 - 『登良屋』のカツオ刺しと天ぷら、『スリーマティーニ』のダイキリ、『聘珍楼』のサンマーメン!』の画像

2019年4月、上海より帰国。今後の日常生活は、備忘録の形でさらっと書き残していくことにする。 備忘録1-45は、鎌倉に住んでいた2011年~2015年の記録だ。 --------------- 「東京備忘録42 - 帰国辞令を受けて日本へ!健康診断明けの身体に『まつや』の燗酒が染みる。」の続
『神奈川備忘録46 - 横浜で物件探し!ぐったりした身体を『勝烈庵』と『ホテルニューグランド』で癒す。』の画像

2019年4月、上海より帰国。今後の日常生活は、備忘録の形でさらっと書き残していくことにする。 東京備忘録1-41は、鎌倉に住んでいた2011年~2015年の記録だ。 --------------- 三月中旬。急に帰国の辞令を受け取った僕は、家族を伴って日本へ飛んだ。住む家から何から、日
『東京備忘録42 - 帰国辞令を受けて日本へ!健康診断明けの身体に『まつや』の燗酒が染みる。』の画像

姉妹ブログ「吃尽天下」で書いた通り、2019年5月、上海から日本に戻りました。 4年ぶりに本ブログが定期更新されるようになりますので、よろしくお願いします! 今回は野毛が生活圏に入ったので、まずはここを攻めようかと。 で、この街の開拓では、極力下調べをしない

沖縄県の飲み歩き記事をまとめてみました。 <記事一覧 >    「食」=食べ物関連 「見」=観光関連 「★」=食のオススメ!「★★★」=超オススメ! 那覇・本部町で飲んだ! 2018年2月 うりずんの 風に吹かれて 飲んだくれ(酒徒)…ということで、2018年の初春、春
『沖縄で食べた!』の画像

「本部2 - 今帰仁城跡の絶景と沖縄居酒屋『海鮮亭』の妙技。」の続きです。 沖縄旅行もあと二日。五日目の午前は古宇利島までドライブ(この日はさすがに僕がハンドルを握った)。生憎の曇り空だったが、走るだけで楽しいドライブコースで、暇つぶしにはぴったり。古宇利大
『本部3 - 『山原そば』のソーキそばとフクギ並木の絶品海ぶどう!』の画像

「本部1 - 古民家沖縄料理『石なぐ』と世界最高の美ら海水族館!」の続きです。 ランチの後は、世界遺産の今帰仁城跡へ。二月末ではもう間に合わないと思っていた寒緋桜も拝めて、眼福眼福。 ラッキーだったねと言い合ったが、そう良いことばかりは続かない。近く
『本部2 - 今帰仁城跡の絶景と沖縄居酒屋『海鮮亭』の妙技。』の画像

「那覇6 - 『沖縄第一ホテル』の薬膳朝食と『とらや』のソーキそば」の続きです。 さあ、今日から本部町に3泊だ。町は小さく、飲食店はあちこちに点在している感じなので、那覇みたいなハシゴ酒は期待できそうにない…と思ったが、そもそも義父母が合流した以上、一人で飲
『本部1 - 古民家沖縄料理『石なぐ』と世界最高の美ら海水族館!』の画像

↑このページのトップヘ