会社の定時一斉退社日=野毛開拓の日。桜木町勤務の上海時代の後輩と野毛で待ち合わせることにした。彼は今後も頻出しそうなので、後輩Sとしておこう。Sは桜木町のSだ。

口開けは、ひとり。今日が二度目のクラフトビールバー『Synchronicity』の戸を引いた。10席しかないのに16タップを揃えるところからして、店主のビール愛が溢れている。

AFLR2182_R

WDLH2049_R

他の客がいなかったので、店主に日本や横浜のクラフトビール事情や店名の由来や開店の経緯を聞きながら、ゆっくり二杯。後輩の仕事上がりを待った。

MIZV3435_R

六時半ごろ後輩Sと合流し、前から気になっていた天然活魚が売りの居酒屋『鷹一』へ。

IMG_1911_R

生け簀で泳ぐ丸ごとの魚は結構いいお値段だったので諦めて、イワシ刺身、生シラス、ながらみ、アオリイカ天ぷら、わさびの葉

IMG_1905_R

IMG_1899_R

IMG_1902_R

IMG_1909_R

IMG_1906_R

IMG_1901_R

「上海で高い金払って微妙な刺身食う意味、マジでわからんよね。我々の飲み会は中華に専念しておいて正解だったな」「これと同じもの頼んだら、値段は何倍もするのに質は落ちますもんね」と話しつつ、二人で二合徳利をグイグイ空けた。

IMG_1907_R

三軒目は、白央さんに教えてもらったお店『びじゃぽん』。日本の酒だけを揃えた面白いコンセプトのバーで、日本のワイン2種をゆっくり頂いた。

VRCD4786_R

AWRW5832_R

DIKC0777_R

10種類くらいから好みの2、3種を盛り合わせてくれるおつまみも気が利いていて、楽しい時間を過ごした。次回は日本の蒸留酒を試してみようっと。

YKXN3645_R

酔い覚ましに故郷のコエドビールをぐいっと干して、さあもう一軒だ。

KQKG9640_R

〆は、後輩S主導で動物園通りの四川料理屋『九彩苑』へ。オススメの理由は、「店員が客席でまかないを食べ始める感じが中国を思い出していいんです」という分かるような分からんようなもの。まあ、メニューや味はしっかり日本化してたけどな(笑)。ま、これはこれ。

VNAS4417_R

EILK2610_R

TVUC1472_R

後輩を見送って、もう一軒。初めて入ったはずのバー『Towser』で、強烈なデジャブを感じた。

MEYL1657_R

KQUA2890_R

…!ここ、五、六年前の忘年会@新宿のあと、気付いたら何故か桜木町で終電が終わってて、漫喫を求めて街を彷徨ってるときに見つけて入ったバーだ…!

そんな記憶がフラッシュバック。ブルーベリー入りのモヒートを頂きつつ、感無量。

AKKN8159_R

今夜もよく飲みましたな。


<2019年6月>