週末の夕方、引っ越し直後から気になってた日本最古のギリシャ料理屋『スパルタ』へ家族で出かけた。その昔、ギリシア人船員で横浜港が溢れていたころの名残りで、このあたりにはギリシア系の店がいくつかあるのだ。

OMJL3337_R

ギリシャワインを一本開けてもらい、準備は万端。三歳我が子は、早くもパンをつかんでご機嫌だ。

MLJM5999_R

EQMB9399_R

最初に出てきたイワシのマリネはなんと茴香風味で、こういう使い方もあるのかと美味しい驚きを味わった。

UNMF3868_R

タコのトマト煮は、見たまんま白ワインが進む一品だ。柔らかく煮えたタコも、周りのソースも旨い。

XYMZ8425_R

一番面白かったのが、ミートボールのレモンソース。なんと、取り分け皿代わりにガラスのティーカップが供されたのだ。最初は驚いたが、レモンの酸味がまろやかに効いたスープがとてもうまかったので、なるほどと納得。これはしっかり飲みたい。

JYQN1259_R

ONBF6506_R

肝心のミートボールも胡椒を効かせた大人味で、ミチミチとした食感が美味しかった。幼い我が子にはやや胡椒がキツかったようだが、最近水を飲めば辛さが緩和されることを覚え、肉とスープと水を順番に口に運んで、飲み続けていた。

どの料理も、香りのあるオリーブオイルをしっかり使った攻めの味付けがギリシアっぽい。南欧の、お上品過ぎない西洋料理が好きだなあ。(なんて言って、ギリシアには行ったことがないんだけど)

最後に、ほうれん草とフェタチーズのパイを追加。これも三人で奪い合いになった。

PMIH7013_R

次は、名物のムサカを試してみたいな。

ただ、まだ仕事に不慣れな外国人店員を客に聞こえるような場所で叱る女主人(かな?)の接客だけが、唯一の減点ポイント。誰かが叱られるところで食う飯は味が落ちるので、止めてもらいたい。たまたま今回だけってことだといいんだけど。


<2019年6月>