2017年05月25日

香港2 - 早朝の牛乳プリンから茶餐廳にハシゴし、空港で潮州料理を詰め込む。

翌日は、銀行で事務手続きを済ませてから、空港へ向かうスケジュールだった。

真面目に早起きして、銀行の開店時間前に向かったのは、『義順牛奶公司』の佐敦支店だ。ここも初香港のときから通っている店で、マカオの本店にも何度も行ったことがある。

IMG_7386_R

お目当ては、ド定番の双皮燉奶(牛乳プリン)。冷たいのと温かいのがあるが、牛乳の豊かな香りとコクを十分に味わうには、絶対に温かいのがオススメだ。柔らかな甘さで、寝ぼけた脳が覚醒していく。うまー。

IMG_7388_R

IMG_7385_R

銀行手続きは、思ったより早く終わった。これならあと一軒くらい冷やかす時間がありそうだ。佐敦から油麻地まで散歩して、『美都餐室』に立ち寄った。レトロな佇まいが魅力の、老舗茶餐廳だ。

IMG_7396 (2)_R

IMG_7391_R

IMG_7390_R

IMG_7389_R

茶餐廳というものは、要は香港版ファミレスなので、特に旨いものがあるわけではない(と僕は思っている)。昨夜、遅くまで食べ歩いていたせいで大してお腹が空いていなかったこともあり、鴛鴦(コーヒー&紅茶ミックス)と鮮牛油菠蘿包(パイナップルパンのバターサンド)だけ頼んだ。泣く子も黙るベタな組み合わせである。

IMG_7394_R

で、やっぱり特に美味しいってものでもないんだけれど、力の抜けたチープな味が「これぞローカル香港」な感じで、懐かしさに浸った。思い返すに、初めて鴛鴦の存在を知ったときは驚いたものだ。しかも、それがまあ意外にイケる味だったことにもう一度驚いたっけ。

空港に着いたら、幸か不幸か飛行機が遅れ、ランチを食べる余裕ができた。潮州料理の店に飛び込んで、香煎蠔烙(牡蠣の玉子とじ)と昼ビール。ま、空港のレストランなので味はそれなりだが、ちょっと得した気分だ。

IMG_7401_R

この日のビールは、サンミゲル。香港ブランドじゃないけど、サンミゲル飲むと香港って気がする。

最後のダメ押しは墨魚丸米粉(イカ団子の汁米麵)

IMG_7404_R

スープの味はチープだったけど、イカ団子が期待通りブリンブリンで良かった。

そんなこんなで、マカオ→ダナン→香港の幸せ出張は幕を閉じた。帰宅後、体重計に乗った僕は思わず血を吐いたが、まあ、仕方ないというか、本望と言うべきだろう。


<2017年2月>


↓読んでくれる人が増えたらいいなと今さら思い始めました。皆様の応援を頂けたら大感謝です!
↓特に毎度「上海情報」「中国情報」をポチッと頂けると、小躍りしてやる気を出します! にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年05月24日

香港1 - バックパッカー時代を思い出し、深夜のローカルひとり飯!

三泊四日のベトナム・ダナン出張を終え、帰路の経由地である香港に降り立った。往路で立ち寄ったマカオ同様、六年ぶりの訪問だが、何度目かは忘れた。

空港からHK EXPRESSで九龍へ向かい、佐敦の安ホテルに投宿したのが夜の十時半過ぎ。明日の昼には上海へ向かう駆け足スケジュールだが、出来る限り香港気分を味わいたい。

まともなレストランはもう閉まっている時間だ。バックパッカー時代を思い出して、適当にローカル店をハシゴするとしよう。ホテルを出て、佐敦から油麻地のあたりをうろついた。このあたりの雰囲気は、僕がまだ十代だった二十数年前からあまり変わっていないように思える。

腹ペコだったので、一軒目は深く考えず、適当に見つけたローカル海鮮料理店に入った。深夜十一時近くだというのに、店の前の道路に並べた席まで満席の大盛況だ。

IMG_7360_R

冷えたビールを頼むと、出てきたのは何故か北京ブランドの燕京啤酒。最近は香港にまで勢力を伸ばしているのか。

IMG_7346_R

それをあおりつつむさぼったのは、白灼麈蝦と豉椒炒青口だ。

IMG_7379_R

白灼麈蝦は、シャコの塩茹でだ。中華でシャコといえば椒塩(素揚げしたあとピリ辛花椒塩をまぶす)という調理法が人気だが、ひとりで食べ続けるには味が濃過ぎるし、シャコ自体の味も目立たなくなるので、僕は白灼(塩茹で)の方が好きだ。見たまんまの味だが、実に旨い。

IMG_7351_R

豉椒炒青口は、イガイのピリ辛豆豉炒めだ。イガイはムール貝の仲間で、香港ではよく食べる。豆豉と唐辛子・大蒜・生姜などを合わせて炒める「豉椒」という調理法は広東料理のもので、ちょいと甘めのピリ辛味が貝の旨味とよくマッチし、ビールを呼ぶ。玉葱やピーマンで野菜補給もできて、丁度良かった。

IMG_7352_R

夜でも昼のように明るい喧騒の中でひとりガツガツと海鮮をむさぼっていると、自分が若返ったような気になる。僕の初めての海外ひとり旅は、確か香港だった。当時の僕も、似たような場所で似たようなものを食べていたんだろうな。

二軒目は、佐敦の有名店『麥文記麵家』へ行ってみた。香港式のゴワゴワ麺の老舗で、深夜十二時までやっているのがありがたい。初香港のときにもこの店には来た気がする。

IMG_7373_R

注文は、ベタ中のベタで、上湯雲呑麺(海老雲呑麺)。プリプリの海老ワンタン。ゴワゴワの麺。同じ中華圏でも、上海にいると香港式の麺って滅多に食べないので、久々で嬉しい。もっとも、スープはかなり濃い味付けで、途中で持て余してしまったが。

↓上湯雲呑麺。海老ワンタンは麺の下に沈んでいる。
IMG_7361_R
↓せっかくなので、ひとつ取り出して、パチリ。
IMG_7380_R

ま、スープの味が濃いのは織り込み済みだ。それを中和するために頼んだのが、油菜である。香港において、油菜とはほぼ「茹で野菜のオイスターソースがけ」を意味する。これが大陸では別の意味になるのだが、そのあたりは以前記事にしたこともあるので、興味がある方はリンク先を見て欲しい。(→「油菜」の謎

↓油菜。
IMG_7369_R

しかし、香港人って本当にオイスターソースが好きだよな、と思う。同じ広東料理文化圏でも、広東省では香港ほどオイスターソースを用いないし、他省に至っては、ほとんど使われない(今は使うこともあるが、本来は使わない)。日本の中華料理レシピにやたらオイスターソースが使われているのは、香港の影響なんだろうな。

さて、普段は炭水化物を控える生活をしているはずなのに、この日はうっかり蝦子撈麵(海老の卵の和え麺)まで追加してしまった。だって、大好物なんだもん。

IMG_7381_R

海老の卵の独特の風味を楽しみながら、もふもふムフフと麺を頬張った。ただ、麺の量に比べて蝦子(海老の卵)の量が少なかったので、最後は麺ばかり食べる羽目になってしまったのが、少々つらかった。これを頼むなら最初の雲呑麵を麺抜きにしておけば良かったと思ったが、後の祭りである。

お腹はすっかり一杯だ。だが、なんとなくホテルに戻りたくなくて、これまた有名店の『佳佳甜品』にハシゴした。ここも昔来たことがあるが、当時とは場所が変わった気がする。

IMG_7378_R

腹にたまらないものという基準で、杏仁露をチョイスした。杏仁の粉に水と砂糖を加えて煮た汁粉のようなものだ。冷たいものと温かいものが選べて、僕は温かいものにした。

IMG_7382_R

碗からは杏仁豆腐と同じあの香りが立ち昇り、汁はさらりとして、仄かに甘い。若い頃はマンゴー系の派手なデザートに心惹かれたものだが、最近はこういう地味な甜品が好きだ。品のいい味で、満足。見事に〆を飾ってくれた。

気付けば、時計の針は十二時半を回っていた。駆け足ではあったが、出張のついでとしては十分に香港の夜を味わうことができた。


<2017年2月>


↓読んでくれる人が増えたらいいなと今さら思い始めました。皆様の応援を頂けたら大感謝です!
↓特に毎度「上海情報」「中国情報」をポチッと頂けると、小躍りしてやる気を出します! にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年05月23日

ダナン4 - 今度は自力で!ダナンのローカル海鮮料理店に突入!

ベトナム・ダナン出張三日目の昼食は、ホテルの周囲を歩き回って見つけた麺屋に入った。前日の昼食は取引先とホテルで食べたのだが、外国人向けに去勢されたベトナム料理だったので、満足できなかったのだ。

初日のフォーボー(Pho Bo/牛肉のフォー)に続いて、この日はフォーガー(Pho Ga/鶏肉のフォー)。具は鶏肉のほか、葱・玉葱・香菜だけ。更に、麺とは別に生唐辛子とライムと様々な草が盛られた皿が供され、好きに加えて食べるスタイルだ。

IMG_7292_R

IMG_7284_R

IMG_7294_R

おお、今回も当たりだ!「Dung Cho Mi Chinh(ドンチョーミチン/化学調味料を入れないで)」の呪文が効いたのか、元からそうなのか、すっきりと優しいスープが美味しい。いいなあ、ダナン。

同行した出張者が頼んだのは、ミーサオボー(Mi xao bo)。インスタントラーメンの麺を牛肉・玉葱・白菜と炒めた「焼きそば」で、最後に香菜が盛ってある。

IMG_7290_R

味見をさせてもらったところ、こっちは具が豪華なジャンクフードといった感じ。インスタントラーメンの麺に元々付いているチープな味が、全体に回っていた。

夕食は、出張者二人を連れて、ローカル海鮮料理店へ突撃した。前夜と違ってベトナム人の案内はないので、店探しも注文も体当たりだ。

最初にホテル従業員に案内された店は、客が少なく、あとでホテル従業員に紹介料を渡す類のぼったくり臭を感じたので、何も頼まずに席を立ち、スマホで調べた『Be Man』という店に移った。こちらは、地元民らしきベトナム人で満員御礼の大盛況。なかなかいい感じだ。

IMG_7329_R

IMG_7300_R

IMG_7298_R

例によって、過去のベトナム旅行で覚えた調理法と食材のベトナム語を駆使して、どうにかこうにか注文を済ませた。選んだ食材は、小ぶりのミル貝(tu hai)、ハマグリより一回り大きな二枚貝(So bung)ブラックタイガー(Tom su)、渡り蟹に似たシマイシガニ(ghẹ đỏ)だ。

IMG_7303_R

ビールは、やはりダナンの地ビール・LARUE(ラルー)。突き出しは、ライム塩をつけて食べる未成熟のマンゴー。意外にも美味しかった。

IMG_7309_R

IMG_7304_R

IMG_7307_R

トップバッターは、ブラックタイガー。前夜炭火焼の海老を食べていたので、この日はレモングラス蒸しにした。ハズレのない美味だ。

ブラックタイガーのレモングラス蒸し。たぶん、tom su hấp sả。
IMG_7306_R

ミル貝は、葱油焼きに。旨味も弾力も強いミル貝の肉に、香ばしいタレが良く合った。

ミル貝の葱油焼き。tu hai nướng mỡ hanhかな。
IMG_7318_R

ハマグリに似た大きな二枚貝(So bung)は、ニンニク炒めに。香草がアクセントになり、これも旨い。

ハマグリに似た大きな二枚貝の大蒜炒め(So bung xao tỏi)
IMG_7312_R

渡り蟹に似たシマイシガニ(ghẹ đỏ)は、タマリンド炒めにした。甘い身に甘酸っぱいタレがからんで、たまにならこういう味付けもいい。

蟹のタマリンド炒め。Cua rang meだったかな。
IMG_7316_R

更に、同行者が食べたいと主張した海鮮炒飯(Hải sản cơm chien)。何故日本人はどこへ行っても炒飯を食べたがるのか。中国在住の僕には面白みのない一品だが、普通に旨かった。

IMG_7311_R

まだ胃袋に余裕があったので、隣の席の客が食べていた鍋を指差して追加した。魚のアラ、イカ、エビ、カニなどがたっぷり入った海鮮鍋(Lẩu Hải sản)だ。魚介類の豊かなダシとトマトの酸味が効いていて、少しだけ辛い。優しい酸っぱ辛スープだ。白菜とニラもたっぷり入っていて、この鍋で野菜を一気に補った。

↓海鮮鍋(Lẩu Hải sản)。
IMG_7322_R
↓ブン(ライスヌードル)を入れて食べる。さすがにこの量は完食できなかった。
IMG_7321_R
↓なんせ海鮮がたっぷり入っている。
IMG_7326_R

いやあ、満足満足。拙いベトナム語を駆使して頼んだ割には、食材も調理法もバリエーション豊かにまとめることができた。どの料理にも「Dung Cho Mi Chinh(ドンチョーミチン/化学調味料を入れないで)」の呪文がちゃんと効いて、後味すっきりだったのも嬉しい。

異国の出張は、やっぱり楽しいな。中国国内ではもはや味わえない、言葉や習慣が分からないからこそのドキドキ感もしっかり味わうことができた。

数ヶ月に一回こういう出張があると良いのだけれど、さすがにそれは高望みか。


<2017年2月>


↓読んでくれる人が増えたらいいなと今さら思い始めました。皆様の応援を頂けたら大感謝です!
↓特に毎度「上海情報」「中国情報」をポチッと頂けると、小躍りしてやる気を出します! にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ このエントリーをはてなブックマークに追加