2018年07月05日

おうちで中華119 - 永遠の定番!中国で知らぬ者はないキュウリの冷菜・拍黄瓜!

すっかり夏野菜の季節。ナス、トマト、キュウリといった面々が、我が家の食卓にも並ぶようになった。

今日の「おうちで中華」は、我が家で夏の間に何度も作る冷菜をご紹介する。中国では、定番中の定番。15億の人民の中でこの料理を知らない者はいないと断言しても問題なさそうなくらい、ありふれた一皿だ。

その名も、拍黄瓜キュウリの冷菜である。

「拍」とは「叩く」という意味で、この場合、中華包丁の腹でキュウリを叩き潰すことを指す。で、叩き潰したキュウリを大蒜といくつかの調味料で和えるだけの料理だ。簡単極まりない。

だが、簡単極まりないのに旨いから、定番になるわけだ。夏にぴったりの涼味なので、是非お試しあれ。

調味料の組み合わせは星の数ほどあって、どれが正解というものはない。今回は最もシンプルなものを紹介するので、アレンジはご自由にお願いしたい。

IMG_2048_R

<材料>
・キュウリ、大蒜
・塩(多め)、醤油、米酢、胡麻油


酢は黒酢に変えてもいい。また、胡麻油に辣椒油や花椒油を少し加えてもいい。刺激がアップして、より食欲をそそる前菜になる。辣椒油や花椒油がなければ、干し唐辛子や干し花椒を油で熱してからジュッとかければいい。

<手順>
1)キュウリの皮を荒く剥き、中華包丁の腹で叩いてから、ひと口大に切る(粉々にしないように注意)。
2)大蒜を中華包丁の腹で叩いてから、荒く刻む。
3)ボウルにキュウリと大蒜と塩・醤油・米酢を入れて、よく混ぜる。
4)胡麻油を加えて更に混ぜ、皿に盛る。


塩を多めに入れると、味が決まる。塩を入れてからしばらく置くレシピもあるが、僕は混ぜてすぐ食べるのが好き。パリッとした胡瓜の食感が活きる。

1)キュウリの皮を荒く剥き、中華包丁の腹で叩いてから、ひと口大に切る(粉々にしないように注意)。

↓ピーラーで荒く皮を剥いたら、中華包丁の腹で叩く。叩き過ぎないこと。
IMG_2049_R
↓こんなもんかな。
IMG_2050_R
↓胡瓜の太さにもよるが、縦半分に切ったあと、4cm幅くらいに切っていく。
IMG_2051_R

2)大蒜を中華包丁の腹で叩いてから、荒く刻む。

↓叩いてから荒く刻む。細かすぎない方が美味しいと思う。
IMG_2056_R
↓たっぷりあった方が美味しい。
IMG_2057_R

3)ボウルにキュウリと大蒜と塩・醤油・米酢を入れて、よく混ぜる。

上にも書いた通り、塩は多めに入れる。醤油は風味付けなので、少量に抑える。

↓キュウリと大蒜。
IMG_2059_R
↓よく混ぜる。キュウリを叩くことで、調味料がよく馴染む。
IMG_2060_R


4)胡麻油を加えて更に混ぜ、皿に盛る。

↓盛りました。
IMG_2064_R

さあ、いただきます。この料理は、和えたらすぐ食べるのが鉄則だ。でないと、キュウリから水が出てベシャットしてしまう。

シャキッとしたキュウリはそのまま食べても爽やか。そこに米酢の酸味、胡麻油の香り、生大蒜の辛味がピリリと効くと、なんとも食欲を刺激する一品に仕上がる。こんなに簡単で涼やかな夏の前菜もなかなかあるまい。

IMG_2065_R

「これ食べると、夏が来たって感じがするな」
「これまた永遠の定番だね」

拍黄瓜を人生で初めて食べた子供も大喜び。「もういっかい!もういっかい!」とひとさし指を立てて、お代わりを所望していた。


■備忘録■
拍黄瓜 叩きキュウリの冷菜
<材料>
・キュウリ、大蒜
・塩(多め)、醤油、米酢、胡麻油
<手順>
1)キュウリの皮を荒く剥き、中華包丁の腹で叩いてから、ひと口大に切る(粉々にしないように注意)。
2)大蒜を中華包丁の腹で叩いてから、荒く刻む。
3)ボウルにキュウリと大蒜と塩・醤油・米酢を入れて、よく混ぜる。
4)胡麻油を加えて更に混ぜ、皿に盛る。
・酢は黒酢に変えてもいい。また、胡麻油に辣椒油や花椒油を少し加えてもいい。
・塩を多めに入れると、味が決まる。
・調味料を混ぜたら、すぐ食べること。時間が経つと、水っぽくなる。

<2018年5月>



↓皆さまの反響だけが更新の原動力です。コメント・拍手・シェアを頂けると、小躍りして喜びます。


このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事へのコメント

1. Posted by Arcu   2018年07月08日 22:39
いつも楽しく拝見しています!コメントは初めてになります。
叩ききゅうり早速作ってみましたが美味しかったです。お手軽ですね。もし宜しかったらなのですが、トマトをつかった冷菜中華料理もなにかご存知ですか?トマト(on the)サラダ、シンプル冷やしトマトくらいしかレパートリーがなく本場中華の名前のついた美味しい料理などあれば試してみたいです。
2. Posted by 酒徒   2018年07月09日 12:53
はじめまして、コメントありがとうございます。
トマトの冷菜というと真っ先に思い付くのは、糖拌西紅柿ですかねえ。輪切りにしたトマトに砂糖をかけるだけのもので、そのまんまの味ではありますが(笑)、中国では広く親しまれているものです。
3. Posted by Arcu   2018年07月10日 04:15
返信くださりありがとうございます!
砂糖をかけたトマトが一般料理なんですね!?初めて知りました。
本格器具はないですが中華作るのは好きなので、アーカイブにある夏野菜料理に色々挑戦してみたいと思います。これからも楽しみにしています。
4. Posted by 酒徒   2018年07月11日 00:33
はい、初めて出てきたときは驚きましたが、一般的な料理です。実のところ、トマト単体での前菜は他にあまり思いつきません。
日本ではイメージが弱いですが、実は中華は野菜を美味しく食べられる料理体系だと思っています。レシピがお役に立てば幸いです。
5. Posted by ドナルド   2018年07月11日 22:36
夕食に作って食べました!
米酢を使いましたが次回は黒酢で作ってみます。
6. Posted by マダムとめぞう   2018年07月12日 00:13
5 今晩の一品として参考にさせて頂きました。
とっても美味しかったです!
7. Posted by 酒徒   2018年07月13日 18:38
>ドナルドさん
黒酢ももちろん美味しいですよ!お試しください。
8. Posted by 酒徒   2018年07月13日 18:38
>マダムとめぞうさん
よかったです!手前味噌ですが、おいしいですよね(笑)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔