2018年08月10日

おうちで中華122 - 味付けは全て腐乳にお任せ!豚スペアリブの腐乳蒸し・腐乳蒸排骨!

【宣伝】 中華料理情報サイト80Cにて、中国各地の中華料理を紹介する「中国全省食巡り」を連載中です。現在は、第2回の「雲南省西双版納(シーサンパンナ)で食べるべき料理3選」が公開中。ご閲覧&ご拡散のほど、よろしくお願い申し上げますー!
-----------------------------

排骨(豚の骨付きスペアリブ)を蒸す料理は、我が家の定番だ。排骨は中国なら簡単に入手できる食材だし、下味を付けて蒸すだけだから楽だし、その割に豪華感があるし、下味を変えるだけで様々な料理に展開できるので、大変重宝している。

「おうちで中華」でも、これまでいくつかの蒸し排骨料理を紹介してきた。

おうちで中華9 - 自宅で飲茶気分!豚スペアリブで、あっさり豉汁蒸排骨!
おうちで中華112 - 鉄板の旨さ!ニンニク風味の蒸し豚スペアリブ・蒜香蒸排骨!

これに新たなバリエーションを加える。腐乳で排骨に下味を付けてから蒸す腐乳蒸排骨だ。尚、腐乳とは豆腐の発酵調味料のこと。詳しくは、リンク先の冒頭部分をご参照ください。

おうちで中華94 - 完璧な調味料!簡単でリッチな野菜炒め・腐乳炒青菜。

上のリンク先では「腐乳が完璧な調味料として機能する」と書いているが、今回も同じ。腐乳ならではの香りとコクと塩気を排骨に染み込ませることで、いとも簡単にリッチな味わいの料理が出来上がるのだ。

IMG_2206_R

<材料>
・排骨(豚の骨付きスペアリブ)、腐乳(数かけら)
・醤油、砂糖、紹興酒、片栗粉
・青葱(小口切り)

<手順>
1)排骨を30分ほど水に浸ける。途中、血や汚れで水が濁ったら何度か交換する。
2)排骨の水を切り、腐乳・醤油・紹興酒・片栗粉とよく混ぜ合わせ、しばらく置く。
3)2)を蒸す皿になるべく平たく盛る。
4)大鍋に湯を沸かし、3)を蒸す。蒸し時間は20分程度。適宜調整。
5)蓋を開けて青葱を全体に散らし、再度蓋をして1〜2分蒸らす。


コツは特にない。そのまんま。さあ作ろう。

1)排骨を30分ほど水に浸ける。途中、血や汚れで水が濁ったら何度か交換する。

お馴染みの手順。肉を水に浸けて洗うのって最初のころは新鮮だったけど、実際よく血や汚れが出てくるので、意味があることなんだなあと納得した。

IMG_2188_R

2)排骨の水を切り、腐乳・醤油・紹興酒・片栗粉とよく混ぜ合わせ、しばらく置く。

↓どさっと入れて、手でよく揉み込む。
IMG_2190_R

IMG_2191_R

3)2)を蒸す皿になるべく平たく盛る。

↓重ねて盛ると火が通りにくいので、平たく盛る。
IMG_2192_R

4)大鍋に湯を沸かし、3)を蒸す。蒸し時間は20分程度。適宜調整。

↓セット完了。大皿が入る大きな蒸籠を持っている人は、もちろんそれを使ってください。
IMG_2193_R
↓蒸しまーす。
IMG_2194_R

5)蓋を開けて青葱を全体に散らし、再度蓋をして1〜2分蒸らす。

↓よし、できた。簡単!
IMG_2199_R
↓その他は、紫菜鶏蛋湯(のり玉スープ)と拍黄瓜(キュウリの冷菜)。お手軽。
IMG_2196_R

早速、いただきます!

ふふふ、やはり旨い。香りも塩気も旨味もコクも、全て腐乳にお任せ。それでいてなんなの?この旨さ。真っ当な発酵食品は、ホント、お手軽に食卓を豊かにしてくれるなあ。

IMG_2206_R

IMG_2204_R

骨に歯を立てて、一片の肉も残さずしゃぶる。骨周りのむちっとしたところが何より旨いので、この料理は必ず骨付きスペアリブでなければいけない。

腐乳は中華食材販売店なら売っていると思うので、お試しあれ。重宝しますよー。


■備忘録■
腐乳蒸排骨 骨付き豚スペアリブの腐乳蒸し − 広東料理
<材料>
・排骨(豚の骨付きスペアリブ)、腐乳(数かけら)
・醤油、砂糖、紹興酒、片栗粉
・青葱(小口切り)
<手順>
1)排骨を30分ほど水に浸ける。途中、血や汚れで水が濁ったら何度か交換する。
2)排骨の水を切り、腐乳・醤油・紹興酒・片栗粉とよく混ぜ合わせ、しばらく置く。
3)2)を蒸す皿になるべく平たく盛る。
4)大鍋に湯を沸かし、3)を蒸す。蒸し時間は20分程度。適宜調整。
5)蓋を開けて青葱を全体に散らし、再度蓋をして1〜2分蒸らす。

<2018年5月>



↓皆さまの反響だけが更新の原動力です。コメント・拍手・シェアを頂けると、小躍りして喜びます。


このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔