2018年08月31日

台北出張17 - 台湾料理尽くし!食材とにらめっこして注文を固める『茂園餐廳』。

異動が決まった同行者(三代目)と共に、久々の台北出張

最後の台北なので家庭的な台湾料理を食べたいという同行者のご要望を受け、ネット情報から見繕ったのは、『茂園餐廳』という店だ。日本人観光客ばかりの有名店とは異なり、台湾人客がメインのこじんまりした台湾料理店だという触れ込みだった。

↓『茂園餐廳』。
IMG_2997_R

IMG_2998 (2)_R

店に入ってみると、確かにそんな感じ。台湾人客が主要の客層だ。予約せずに行き、幸い最後の一席に滑り込むことができたが、僕らがいる間、店はずっとにぎわっていた。

日本人観光客が少ない理由は、注文のハードルの高さだと思われる。この店には決まった品書きがなく、店の奥に設置された冷蔵ショーケースに並んだ食材を見て、店員と相談しながら注文を固めるスタイルなのだ。

ショーケースの横の壁には旬の料理が書かれてはいるけれど、中国語だけで、日本語も写真もない。ある程度の知識と経験と意気込みがないと、食べたいものを食べることができない。

↓冷蔵ショーケース。旬の食材が並んでいる。
IMG_2968_R
↓傍らの黒板には、旬の料理が書き連ねられている。
IMG_2986_R

もちろん、こういうスタイルになると俄然テンションが上がってくるのが、僕である。「全部お任せします」と同行者から全権委任された僕は、ショーケースの食材をじっくり見つめながら、他の客と店員のやり取りに耳をそばだて、注文の方針を固めていった。

まずは、蒜泥鮮蚵。小ぶりの牡蠣をさっと茹でて大蒜ダレをかけたもので、台湾に来るといつも食べたくなる。プリッとした牡蠣もさることながら、生っぽい大蒜の香りと甘めの味付けに触れると、台湾に来たなーという気がする。牡蠣の下には茹でたもやしもあって、一緒に食べてもいい感じ。冷えた台湾ビールをぐいー!

IMG_2999_R

炒丁香は、キビナゴを葱・生姜・生唐辛子と炒め揚げにしたもので、見たまんまのビールのつまみだ。丁香と言えば一般的に香辛料のクローブのことだが、キビナゴも意味するのだな。因みに、清末の大宰相・李鴻章の七番目の妾の名も丁香であり、今も上海にある彼女の旧宅は丁香花園と呼ばれる(どうでもいい)。

IMG_3031_R

箸休めは、冷筍。タケノコ(緑竹筍)の冷菜だ。茹でて切ったただけ(?)のタケノコなのだが、実に旨い。エグミは皆無で、とても綺麗な味なのだ。ちょうどこの時(6月末)が旬だったようで、ラッキー!尚、写真のように甘いマヨネーズを添えるのがお約束のようだが、それには全く手を付けなかった。

IMG_2970_R

更に、店の名物・白斬鶏(茹で鶏)。これはまあ、普段からこの料理を食べている身からすると、普通かな。悪くはないので、観光客の人は頼んでもいいと思う。

IMG_2988_R

塩冬瓜蒸時節鮮魚は、塩漬け冬瓜をのせて蒸した旬の魚という意味だ。飾り気のなさ過ぎる見た目が、逆に素敵。この魚は烏魚(ボラ)で、ジュレ状の冬瓜と淡白な白身を一緒に食べると、塩気と旨味がいい感じの塩梅になってなかなか美味しい。面白いこと考えるもんだなあ。

IMG_3028_R

これまた素朴な仕上がりが素敵な麻油腰花。下茹でした豚マメを胡麻油と生姜で軽く炒めて、水や酒を注いでスープにする…のかな?プリップリの豚マメは鮮度抜群でとても美味しい。注文時、冷蔵ショーケースに見るからに新鮮なピカピカの豚マメを見つけたので頼んだのだが、してやったりだ。

IMG_3029_R

花枝丸拼海鮮捲は、花枝丸は、揚げイカ団子。海鮮捲は、叩いた海老を湯葉で巻いて揚げたもの。その盛り合わせだ。イカも海老も新鮮で甘く、なかなか美味しい。

IMG_2978_R

炒水蓮菜はガガブタという水草の茎を炒めたもので、シャキシャキとした食感には中毒性がある。破布子(樹子)という果実(茹でたイヌヂシャの実の塩漬け?)が一緒に炒められていて、その酸味と塩気が良いアクセントになっている。単なる野菜炒めでも、所変われば品変わるだなあ。

IMG_3030_R
↓これが破布子。
IMG_2991_R

うん、どれもなかなか美味しかったぞ。初めて食べる料理もいくつかあって、味的好奇心も満たせた。出張先の食事とは、こうあるべきだな

この日は、ちょうどサッカーワールドカップの日本戦の日で、二次会は『金色三麥』(→過去記事)へ移動して、クラフトビール片手に応援。


日本の戦術が議論を呼んだあのポーランド戦だったので、スッキリサワヤカ!とはいかなかったが、すっかり酔っ払ってホテルへ戻った。


<2018年6月> ■店舗情報■



↓皆さまの反響だけが更新の原動力です。コメント・拍手・シェアを頂けると、小躍りして喜びます。


このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事へのコメント

1. Posted by sumikko   2018年09月05日 16:07
筍の冷菜、上海の某火鍋屋にもありますが
マヨネーズかけてあって、それをぬぐいながら
食べるのが大変です。
筍おいしいのに、なんでマヨネーズかなw

広州の飲茶の記事みました。
懐かしくて涙出そうです。
2. Posted by 酒徒   2018年09月11日 16:46
わかります。あのマヨネーズ、むっちゃ邪魔ですよね。店によっては別添えにしてくれてるところもありますが。

広州、僕も自分で書いてて懐かしくなっちゃいました(泣)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔