2018年09月14日

おうちで中華126 - 食友と上海人親子も迎えて、夏場のお手軽宴会。

今日の「おうちで中華」は、宴会編です。

七夕の日の昼下がり。西双版納からの友人・ふじもとさんを我が家に迎えるにあたり、僕は夕食の準備を始めていた。

まず確認したのは、仕込みから一週間経った酸豆角(ササゲの漬物)。乳酸発酵の美しき泡。酸味のある香りが立ち昇ってきて、食べずとも成功と分かる。この日に間に合って良かった。

IMG_3209_R

続いて、湖南からお取り寄せした腊大腸の下ごしらえだ。塩漬けした豚ダイチョウを燻製してから干したもので、あらかじめ茹でて塩抜きする必要がある。初めて扱う食材をいきなり友人に出すのは暴挙ではあるが、まあ、旨いに決まってるだろこんなの(笑)

IMG_3210_R

ふじもとさんが到着し、まずは茶会だ。8年前、彼が初めて作った易武山の生茶を連れの実家・九州で熟成させておいたものを試飲することにした。生茶特有の香気を残しつつ熟成の色味や旨味が深まっている。他所で熟成させたものより「良い傾向」だそう。今後も大事に飲もうっと。

IMG_3252_R

IMG_3254_R

ふじもとさんが持参してくれた困鹿山の生茶も流石の旨さ。最近は有機・古樹・単樹を謳う普洱茶が氾濫する一方で、本当にまともな茶葉はどんどん減っているのだとか。

IMG_3253_R
↓茶請けは、台湾出張で買った鳳梨酥。
IMG_3251_R


茶を飲んだら、次は酒だ。手のかからぬ肴で明るいうちから紹興酒をガブガブあおる。

夏の食材を意識して、凉拌茄子(茹で茄子の冷菜)、葱拌豆腐(豆腐と青葱の冷菜)、炒蛤蜊(アサリ炒め)、五香毛豆(漢方風味の枝豆)、拍黃瓜(胡瓜の冷菜)、胡蘿蔔香敘唸湯(人参と干し椎茸と豚スペアリブのスープ)を並べた。

IMG_3256_R
↓凉拌茄子(茹で茄子の冷菜)
IMG_3234_R
↓葱拌豆腐(豆腐と青葱の冷菜)
IMG_3229_R
↓炒蛤蜊(アサリ炒め)
IMG_3236_R
↓五香毛豆(漢方風味の枝豆)
IMG_3222_R
↓拍黃瓜(胡瓜の冷菜)
IMG_3224_R
↓胡蘿蔔香敘唸湯(人参と干し椎茸と豚スペアリブのスープ)
IMG_3239_R

実は、ここからはふじもとさんに加えて、急遽上海人の母子も参加していた。中国人に中華を、しかもこんな家庭料理を作って出すなんて、とものすごく緊張したが、たっぷり食べてくれて一安心。

続いて、熱菜。下ごしらえしておいた腊大腸は、蒜苔炒腊大腸に仕立てた。腊大腸を細切りにし、多めの油で香ばしく炒めたら、ニンニクの芽を炒め合わせて出来上がり。

ダイチョウは噛めば旨味が溢れ出し、ニンニクの芽の香りと食感がピタリ。お手軽さと反比例する旨さに思わず笑顔。常備しておけば、これから重宝しそうだなあ。

IMG_3262_R

更に、酸豆角炒肉末(ササゲの漬物と豚ひき肉の炒め物)。地味に見えて、ご馳走である。ポキュッとしたササゲとミチミチした豚ひき肉の賑やかなリズム。乳酸発酵の酸味と旨味が豚の香ばしさと混じり合い、弾ける。

↓酸豆角の酸味は夏場の食欲増進効果が抜群だ。
IMG_3263_R

レンゲを持つ手が止まらない。酒も止まらない。ご飯も止まらない。大皿も瞬時に空になった。

その結果、みんなお腹一杯になってしまい、料理はここで打ち止めにした。あとは、フランスチーズを肴に紹興酒をぐびりぐびり。毎度の如く、楽しい夜となった。


■今日の献立■
涼拌茄子(茹で茄子の葱醤油ダレ)
葱拌豆腐(中華冷奴) →おうちで中華91
五香毛豆(枝豆の香辛料煮浸し) →おうちで中華81
拍黃瓜(胡瓜の冷菜) →おうちで中華119
炒蛤蜊(アサリの炒めもの) →おうちで中華33
胡蘿蔔香敘唸湯(人参と干し椎茸と豚スペアリブのスープ)
蒜苔炒腊大腸(燻製豚ダイチョウと大蒜の芽の炒め物)
酸豆角炒肉末(ササゲの漬物と豚ひき肉の炒め物) →おうちで中華27

<2018年7月>



↓皆さまの反響だけが更新の原動力です。コメント・拍手・シェアを頂けると、小躍りして喜びます。


このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事へのコメント

1. Posted by ふじもと   2018年09月15日 17:20
一見あまり食欲をそそらない乙なやつがほとんどの構成が良いです。
酒が主役。食感の違いだけで飲めますね。
上海人母子も味付けを絶賛してましたよ。やはり上海人もあの甘い濃い味付けに疲れているのですよ、きっと。
2. Posted by 酒徒   2018年09月19日 22:19
ありがとうございます。そう言って頂けるとホッとします。
正直、中国人に中華料理を作って出すなんて何の罰ゲームかと思っておりましたので(笑)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔