2018年10月12日

おうちで中華127 - コーンと人参の甘味が魅力。まろやかスープ・胡蘿蔔玉米雞湯!

久々の「おうちで中華」は、とうもろこしが出回る夏になると作りたくなるスープ料理だ。そんな料理をこんな時期にアップされても作れないじゃないかと言われそうだが、来年のための備忘録である。

その名も、胡蘿蔔玉米鶏湯。いつものへんちくりんなスープと違って、とうもろこし以外の材料は、人参と骨付き鶏肉だけだから、日本でも気軽に作ってもらえるのではないかと思う。

↓胡蘿蔔玉米鶏湯。
IMG_3895_R

<材料>
(肉類)鶏半羽(鶏の骨付き腿肉でもよい)
(野菜)人参、とうもろこし
(薬味)葱・生姜(適当に切る)
(他)水、塩


<手順>
1)鶏半羽を骨ごとぶつ切りにする。人参はひと口大、とうもろこしも小さく切る。
2)鶏肉を水から茹で、沸騰したら取り出して流水で洗う(=飛水)。
3)土鍋に鶏肉と葱・生姜とたっぷりの水を入れ、蓋をする。
4)土鍋を火にかけ、沸騰したら極弱火にして、30分ほど煮込む。
5)人参ととうもろこしを加え、更に30分ほど煮込む。
6)塩で好みの味に調整したら、出来上がり。


例によって、やることは簡単。さあ、作ろう。

1)鶏半羽を骨ごとぶつ切りにする。人参はひと口大、とうもろこしも小さく切る。

↓ババンと切る。
IMG_3872_R
↓こちらも切る。
IMG_3878_R

2)鶏肉を水から茹で、沸騰したら取り出して流水で洗う(=飛水)。

↓毎度おなじみの作業。沸騰するとアクが湧いてくる。
IMG_3875_R
↓流水でアクを流して、水を切る。準備完了。
IMG_3876_R

3)土鍋に鶏肉と葱・生姜とたっぷりの水を入れ、蓋をする。

↓あとで人参ととうもろこしを入れることを考慮して、水位を決める。
IMG_3877_R

4)土鍋を火にかけ、沸騰したら極弱火にして、30分ほど煮込む。

↓待つだけ。
IMG_3879_R

5)人参ととうもろこしを加え、更に30分ほど煮込む。

日本だと、人参は水から煮るのが常識だけど、ま、気にしない。

↓更に待つだけ。
IMG_3882_R

6)塩で好みの味に調整したら、出来上がり。

↓お、いい感じに煮えたぞ。
IMG_3885_R

↓じゃじゃーん、できあがり。
IMG_3895_R

大きめの碗にスープと具をたっぷり盛って、さあ、いただきます!

↓具だくさんのスープも美味しいものだ。
IMG_3891_R

人参の赤。とうもろこしの黄色。華やかな彩りが、夏にぴったりだ。

碗から立ち昇るスープの香りをかぐだけで、絶対に美味しいと確信できる。

実際、旨い。豊かな鶏肉の旨味に人参ととうもろこしの甘味が溶け合い、思わず頬が緩むスープになっている。いつもの如く、塩だけの味付けで十分おいしい。

柔らかに煮えた鶏肉も、もちろんご馳走だ。煮込み時間が合計1時間程度なら、ダシが抜け切らず、肉自体も美味しい。

↓土鍋の底まで、具がギッシリ。
IMG_3893_R

あー、うまかった。来年もまた作ろうっと。


■備忘録■
胡蘿蔔玉米鶏湯 胡萝卜玉米鸡汤 人参ととうもろこしと鶏肉のスープ
<材料>
(肉類)鶏半羽(鶏の骨付き腿肉でもよい)
(野菜)人参、とうもろこし
(薬味)葱・生姜(適当に切る)
(他)水、塩
<手順>
1)鶏半羽を骨ごとぶつ切りにする。人参はひと口大、とうもろこしも小さく切る。
2)鶏肉を水から茹で、沸騰したら取り出して流水で洗う(=飛水)。
3)土鍋に鶏肉と葱・生姜とたっぷりの水を入れ、蓋をする。
4)土鍋を火にかけ、沸騰したら極弱火にして、30分ほど煮込む。
5)人参ととうもろこしを加え、更に30分ほど煮込む。
6)塩で好みの味に調整したら、出来上がり。

<2018年7月>



↓皆さまの反響だけが更新の原動力です。コメント・拍手・シェアを頂けると、小躍りして喜びます。


このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事へのコメント

1. Posted by 金太郎飴   2018年10月12日 17:14
色も綺麗で美味しそうなスープ!お子様も気に入ったのでは?
お陰様で西双版納の旅もエンジョイしてきました。景洪は思った以上に都会で、川向こうはリゾート開発ラッシュでした。そしてタイ族ご飯、美味!! 日本に伝わる情報が少ない地域なので結構構えて行ったのですが、人々がとても親切で、良い意味で肩透かし食らいました。
このブログを知るまで中国料理にはザックリとしたイメージしかなかったのですが、地方毎に百花繚乱、次回はどこを攻めるか検討中です。
これからも、食脳を刺激する酒徒さんの活動を楽しみにしております。
2. Posted by ドナルド   2018年10月14日 20:25
5 今夜作りました。
優しい味でとても良かったです。

武漢を思い出して地元で採れた蓮根も入れてみたところ相性良好でした。

おうちで中華 楽しみにしています!



3. Posted by 酒徒   2018年10月16日 12:49
>金太郎飴さん
おかげさまで、子供もガツガツ食べていました。
西双版納、現地の友人からも川向こうの開発が激しいことを聞いています。今のうちに行かれて正解ですね。僕もタイ族の料理をまた食べたいです。
今は好き勝手に全国を飛び回れる環境ではないのですが、家での料理なども合わせて中華を楽しんでいこうと思っています。。
4. Posted by 酒徒   2018年10月16日 12:50
>ドナルドさん
お、早速作って頂いたのですね。美味しくてよかったです。
武漢は蓮藕が名物ですものね。相性は間違いないと思います。
これからもご期待ください!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔