2018年09月19日

食遊上海509『宝莱納』『龍鳳楼』『Boxing Cat』復活など  - 2018年6月

今日は、2018年6月の備忘録。
何でも行っている店での食事や小さなイベントをまとめた。
登場する店情報は、右上の「記事検索」で店名を検索すると、ずらーっと過去記事が出てきます。

<1>
旧フランス租界を走る二階建てバスに続く、遊べる公共交通機関シリーズ第二弾は、黄浦江を渡る輪渡(渡し船)!乗船時間は10分程度だが、左に浦東の高層ビル、右手にバンドの歴史建築群、行く手には様々な雑貨船と、二歳の子供には十分なエンターテイメント。運賃はこれまた二元で、大人も笑顔(笑)

IMG_2246_R

大人のお目当ては、対岸のドイツ料理店『宝莱納餐廳(陸家嘴店)』。生のパウラナーをあおり、定番のソーセージ盛り合わせとすごく硬派なシュニッツェルを平らげて、昼から満腹泥酔。よく晴れた空と鮮やかな周囲の緑とのんびり船が行き交う黄浦江がもたらす多幸感。気持ちいいなあ。

IMG_2247_R

最近、大人の言葉をおうむ返しして言葉を覚えている子供が、今日覚えた3つのセンテンス。

1)行くぞー、ビールだビールだ!
2)ビール、まだ来ないなあ…
3)ビールは本当においしいねえ!

大人の感情が本気でこもっている言葉を真似したくなるのだろうか。

<2>
いつもの蘭州牛肉麺店『舌尖尖』に行ったものの熱々の汁麺の気分にならず、牛肉涼麺に方針転換。極細打ちの麺を水で締め、辣椒油のタレをかけたら、豪快に切った胡瓜とトマトをドン!とのせて、中央には刻んだ牛肉と葱と香菜。程よい辛味と香りに助けられ、麺がスルスルと胃袋に収まっていく。

De5wpeNWAAABEjt_R

<3>
暑さにやられて、雪菜肉絲冷麺。高菜と細切り豚肉炒めがのった上海冷麺だ。ざるの模様がプリントされた皿を用いる謎の演出。本当にざるだったらピーナツソースのタレがだらだらこぼれる。

IMG_2433_R

<4>
この日のランチは、清炒鱔絲麺。タウナギの生姜炒めがたっぷり。タウナギもスープも予想よりあっさりしていたし、茹でた青菜も付いてきて、嬉しい誤算。プリッとしたタウナギは日本で広まって欲しい食材のひとつ。鰻が危機的な状況にある今、進出のキッカケにならないかな。蒲焼きにするには小さいけど。

IMG_2560_R

<5>
昼から出張者と『龍鳳楼』で飲茶。老火例湯(日替わりスープ)は、苦瓜干黄豆章魚煲龍骨。長い名前(笑)。その実態は苦瓜と大豆とタコの乾物と骨付き豚肉の煮込みスープだ。組み合わせには中医学的な裏付けがあるのだと思うが、とりあえず旨い。スープはスープだけで飲み、後ろの湯料(具)は醤油をつけて食べる。

IMG_2942_R

IMG_2935_RIMG_2936_R

IMG_2934_RIMG_2938_R

<6>
『功徳林』干挑饂飩(汁なしワンタン)。上海式の大ぶりのワンタンの中にはナズナがぎっしり。酢醤油であっさりつるりと頂く。精進料理店なので、肉気はなし。でも、満足感は十分!…と思ったが、連れてった三十代男の心にはあまり響かなかったようだ。ま、若者にとっては地味すぎか。

IMG_2964_R

<7>
改装中だった復興西路の『Boxing Cat』が営業再開!全体の印象は変えず、素人目にも死んでいたスペースを再構成して客席を増やしただけのマイナーチェンジでホッ。上海クラフトビール界の横綱として、これからも頑張って欲しい。

「復興路(上海語でvok-xin-luヴォッシンルー)にあるからBoxingなんだろうなぁ」というコメントをTwitterでもらい、そうだったのかとびっくり。言葉ができると、世界が広がりますな。

IMG_2966_R

この日は韓独戦をサッカーに詳しい後輩の解説付きで観たが、酔って全部忘れた。


<2018年6月>



↓皆さまの反響だけが更新の原動力です。コメント・拍手・シェアを頂けると、小躍りして喜びます。


このエントリーをはてなブックマークに追加


酒徒 at 21:01│Comments(0)clip! 備忘録 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔