2018年11月05日

食遊上海516 弾丸ジャカルタ出張、激辛麺、『山間堂』『DAGA』など - 2018年8月

今日は、2018年8月の備忘録。
何でも行っている店での食事や小さなイベントをまとめた。
登場する店情報は、右上の「記事検索」で店名を検索すると、ずらーっと過去記事が出てきます。

<1>
ジャカルタ出張。片道6時間のフライトで、現地滞在時間は24時間に満たず、自由になる食事が1回もないという素敵な出張。しかも、現地駐在員がホテルのレストランでピザやポテトを頼み始めたときは死にたくなった。辛うじてSop buntut(オックステイルスープ)を滑り込ませるのが精一杯。ローカルフードをホテルで喰うのは空しいな。。

IMG_4268_R

食の神が僕を憐れんだか、昼飯は取引先がパダン料理に連れてってくれた!所狭しと小皿が並べられ、食べた分だけ勘定される。味付けは濃いめだけど、如何にもなスパイス使いに心が癒される。相手を見習って途中から手で食べた。断然旨いね、手の方が。

IMG_4263_R

IMG_4262_R

恐らく日本人はびっくりするだろうと思ってココナツアイスにドリアンアイスが乗ったデザートを頼んでくれたんだけど、僕、ドリアン大好きなのよね。期待されたリアクションは同行者に任せて、ガツガツペロリ。

IMG_4264_R

現地の料理が一番!インドネシア料理最高!と絶賛しておいたので、今後の出張では毎回この取引先がローカル料理に連れてってくれることを期待(笑)。

<2>
昼飯に、麻醤拌餛飩。上海らしい大振りの茹でワンタンを胡麻ダレ(と言いつつ、大抵はピーナッツダレ)で和える。汁ワンタンは頼む気がしない真夏でも、これならば食指が動く。粉もの系を自作する気は一切ないので、いつまでもこういうのが数百円程度で食べられる国であって欲しい。

IMG_4358_R

<3>
持病のクリーニングを取りに行くと近くのアイリッシュパブに寄ってしまう病を克服すべく、今日は道中「まっすぐ帰る!」を100回くらい呟いたのに、クリーニング屋の兄ちゃんがシャツを畳むのを忘れててアイドリングタイムが発生。…仕方ない。仕方ないよ。

↓『Park Tavern』のビールは管理抜群で美味しい。
IMG_4389_R

<4>
外回りの合間に、フードコートで雲南酸辣米線。漬物の酸味が効いた麻辣スープに細めのライスヌードルが沈む。下世話な味だし、食べたそばから汗が噴き出してくるけど、真夏にこそこういうのを食べたくなる。

IMG_4405_R

<5>
出張者数名を連れて、我が家の近くの江西料理店『山間堂』へ。この日は昼の宴会が化調まみれの料理ばかりでぐったりしていたので、身体が優しい味を欲していたのだ。

松茸竹蓀仔鴿湯(マツタケとキヌガサダケと小鳩のスープ)。水と具を入れて密封した容器を炭を熾した大甕の中に入れて蓋をし、サウナのようにじわじわ8時間も加熱する瓦罐湯は、江西料理の名物で、燉湯の一種とも言える。この上なく鮮烈な香りとクリアで柔らかな味わいが魅力だ。

IMG_4814_R

連日の宴会でメンバーが疲労していたことを考慮し、度数低めの35度の白酒を頼んだ。すると、「これなら全然余裕ですね!」「一気してもつらくないです!」との声が相次いだ。ふふふ、35度が余裕になれば、次回は52度も今回よりは楽に感じるだろう。ようこそ、白酒ワールドへ!

<6>
出張者を空港へ送る前に、『Daga』でお疲れさんの一杯……で終わるわけないですな。「明るさはビールを3倍旨くするなあ」「いや、3倍じゃ効かないっすよ」などと言いつつ、中国各地のクラフトビールをガブガブ。中国のビール事情を出張者に知ってもらうのも駐在員の職務なのである(適当)。

IMG_4822_R

<7>
家族でハンバーガーチェーン『Blue Frog』へ。そのくせ、最近の連続出張で膨らんだ腹が気になって、炭水化物を避けようと牛肉の煮込みなんてものを頼んだのだが、やっぱり不完全燃焼。挙句の果てに、ポテトを追加してビールまでお代わりしているのでは、本末転倒もいいところ。

IMG_4882_R

IMG_4884_R

IMG_4889_R

<8>
平日ランチ。またも辛い物が食べたくなって、重慶小麺。筍の辛味漬けを足した酸辣筍尖麺。辛いものでも甘くなる上海ではいつも「重辣(激辛)」を指定しているが、今日は予想以上に辛くて思わずむせ返ってしまった。誰も見てないけど、自分で自分に「ダサっ」。

IMG_5003_R

IMG_5004_R

<9>
昼飯に葱油拌麺。家で自作するようになったので外で食べるのは久々。28元もしたのにはびっくりだし、何だかオーラのない見た目に不安になりつつ箸をつけたら、タレの味付けは思ったよりあっさりしてて、割と美味しく食べられた。でも、この麺が持つべき扇情的な色気がないので、二度目はないな。

IMG_4279_R

今年の夏は、慌ただしく過ぎて行ったな。。


<2018年8月>



↓皆さまの反響だけが更新の原動力です。コメント・拍手・シェアを頂けると、小躍りして喜びます。


このエントリーをはてなブックマークに追加


酒徒 at 12:00│Comments(2)clip! 備忘録 

この記事へのコメント

1. Posted by 上海飯   2018年11月11日 00:34
パダン料理 知らずに入ったバックパッカーは目を丸くするとか。

そして料金のシステムが分かった後再訪して
「これは肉(魚)の皮めくって 真ん中辺り食べて皮を戻せば安くすむんじゃないか?」
「かかっているソースで ご飯食べて 中身を残せば安く済むんじゃないか?」
なんて会話をしたとか・・・

味に関係ないコメントすみません。
2. Posted by 酒徒   2018年11月13日 14:49
いえいえ。確かに何も知らずに目の前にあれが並んだら、ビビりますよね(笑)
しかし、そういう不届きなことを考える奴はたくさんいそうなシステムですし、余った料理を使い回しするのも普通なのかな、なんて思っちゃいました。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔