2018年11月19日

おうちで中華133 - 香菜と大蒜の香りをまとったプルプル板春雨・香菜粉皮!

今日の「おうちで中華」は、出張で食べた料理の再現に挑むとする。江蘇省江陰で食べた香菜粉皮が、挑戦の対象だ。(→出張記事

粉皮とは、緑豆の粉で作った板状の春雨。日本では板春雨と訳されているようだ。で、ブルンブルンの粉皮をたっぷりのニンニクで炒め煮にし、最後に香菜をさっと混ぜ合わせたものが、香菜粉皮である。

↓香菜粉皮(イメージ図)。
IMG_4783_R

江陰で食べた香菜粉皮は作りたての生の分厚い粉皮を使っていて、それが大層旨かったのだが、粉皮をイチから作るのはちと面倒だ。その再現は将来の課題に取っておいて、今回は気軽に市販の生の粉皮で作ることにした。

↓上海界隈だと気軽に買える、生の粉皮。
IMG_5317_R

日本では生の粉皮は入手困難だと思うが、乾燥物の粉皮で作っても旨いので、お試しあれ。乾燥物の粉皮は、アマゾンなどの通販で買えるようだ。

<材料>
・粉皮、大蒜(たっぷり)、香菜(たっぷり)
・油(多め)、お湯(少々)、塩(多め)

<手順>
1)粉皮を適当な大きさの方形に切り、水気を切る。大蒜は微塵切り。香菜は荒く刻む。
2)中華鍋に多めの油を熱し、大蒜を入れて香りを出す。
3)大蒜が色付かないうちに粉皮を入れ、手早く混ぜ合わせ、お湯少々を注ぐ。
4)粉皮が温まったら、塩で調味する。
5)香菜を混ぜ合わせら、できあがり。
*3)は、大蒜の香りが出たら、すぐに粉皮を投入。大蒜は白いまま保つイメージで。
*4)は、粉皮は味が付きにくいので、塩は気持ち多めに。
*5)は、香菜には火を通し過ぎないように。混ぜ合わせるだけでいい。


中華鍋を火にかけてから、ものの数分でできあがる。さあ、作ろう。

1)粉皮を適当な大きさの方形に切り、水気を切る。大蒜は微塵切り。香菜は荒く刻む。

味付けは塩だけで、大蒜と香菜の風味が肝心な料理なので、両者はたっぷり入れよう。

↓粉皮は大きめに切る。
IMG_5318_R
↓大蒜はたっぷり。
IMG_5325_R
↓香菜もたっぷり。
IMG_5327_R

2)中華鍋に多めの油を熱し、大蒜を入れて香りを出す。

↓イタリアンみたいに焦がしてはダメです。
IMG_5328_R

3)大蒜が色付かないうちに粉皮を入れ、手早く混ぜ合わせ、お湯少々を注ぐ。
4)粉皮が温まったら、塩で調味する。

大蒜の香りが出たら、すぐに粉皮を投入。大蒜は白いまま保つイメージで。
粉皮は味が付きにくいので、塩は気持ち多めに。

↓粉皮はくっつきやすいので、手早く炒め合わせたら…
IMG_5329_R
↓お湯少々を入れて、塩。
IMG_5330_R

5)香菜を混ぜ合わせら、できあがり。

↓香菜には火を通し過ぎないように。混ぜ合わせるだけでいい。
IMG_5331_R
↓しんなりしたら、もうOK。
IMG_5332_R

よし、できた!熱々をいただきます!

↓できた!
IMG_5335_R

うほ、旨い!大蒜と香菜の組み合わせが秀逸!プルンとした粉皮がガバガバ進む。

偉そうに言わせてもらえば、江陰で食べたやつを95%再現することに成功したと言っていいだろう。あとの5%は粉皮自体の質の差だ。

↓簡単!
IMG_5346_R
↓旨い!
IMG_5339_R

「これは旨いね!大蒜と香菜がこれほど粉皮に合うとはねえ」
「だろ!?江陰で食べたとき、これは真似せねばと思ったんだよ」
「うちでも定番化決定だね!」

その言葉の通り、その後も何度も作っている。生の粉皮にこだわらずとも、乾燥物で作っても十分旨い。ピラピラした食感が、別の美味しさになる。

↓また作った。
Dl9vB9tVAAAz-RF_R
↓またまた作った。
DqrZODrVsAEy2pf_R

よし、次の課題は、粉皮の自作だ!頑張るぞー!


■備忘録■
香菜粉皮 香菜と板春雨のニンニク炒め煮 − 江南料理
<材料>
・粉皮、大蒜(たっぷり)、香菜(たっぷり)
・油(多め)、お湯(少々)、塩(多め)
<手順>
1)粉皮を適当な大きさの方形に切り、水気を切る。大蒜は微塵切り。香菜は荒く刻む。
2)中華鍋に多めの油を熱し、大蒜を入れて香りを出す。
3)大蒜が色付かないうちに粉皮を入れ、手早く混ぜ合わせ、お湯少々を注ぐ。
4)粉皮が温まったら、塩で調味する。
5)香菜を混ぜ合わせら、できあがり。
*3)は、大蒜の香りが出たら、すぐに粉皮を投入。大蒜は白いまま保つイメージで。
*4)は、粉皮は味が付きにくいので、塩は気持ち多めに。
*5)は、香菜には火を通し過ぎないように。混ぜ合わせるだけでいい。

<2018年9月>



↓皆さまの反響だけが更新の原動力です。コメント・拍手・シェアを頂けると、小躍りして喜びます。


このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事へのコメント

1. Posted by 上海飯   2018年12月01日 01:01
興味深いと同時に、僕みたいなパクチー好きが、 いつの間にやら「パクチーは主役にはなれない」ような思い込みが生まれてしまっていたことに気付かせてくれるような一品ですね!

2. Posted by 上海飯   2018年12月01日 13:18
興味深いと同時に、僕みたいなパクチー好きが、 いつの間にやら「パクチーは主役にはなれない」ような思い込みが生まれてしまっていたことに気付かせてくれるような一品ですね!

3. Posted by 上海飯   2018年12月01日 13:19
連投間違えました。
すみません。
4. Posted by 酒徒   2018年12月05日 11:44
>上海飯さん
実際、香菜が全面に出てくる料理って、少ないですもんね。これは大活躍です。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔