2018年12月07日

食遊上海521『御鯉湘』 - 若い出張者とこじんまり湖南料理店でウェーイ。

まだ二十代前半の若い出張者を迎えて食事することになった。それならば別に気を遣うことはあるまいと、駐在メンバーが食べたかった湖南料理に同行してもらうことにした。

店は、南京西路の近くで見繕った『御鯉湘』。こじんまりとした店だが、内装は割と凝っていて、それだからか若い客が多かった。

IMG_6840_R

酒は、持ち込みの白酒。流れるような動きで白酒を開封し、杯を店に要求する我々を見て、出張者は驚いた顔をしたが、イケる口のようで、「ウェーイ」と陽気に乾杯をこなした。

IMG_6957_R

それだけでなく、辛い料理もカエルもドジョウも楽しそうにこなしていて、好感度高し。食の好みは人それぞれではあるが、他国で仕事をしようとするなら、その国の文化に飛び込んでみる気概がなくてはどうにもならないものね。

料理は双色魚頭、干鍋肥腸、爆炒牛蛙、干煸泥鳅、長沙炒飯など。

IMG_6959_R

IMG_6851_R

IMG_6848_R

IMG_6954_R

IMG_6958_R

IMG_6956_R

IMG_6955_R

湖南料理ってどこで食べても印象に大差がないな・・・って言ったらなんだけど、ここもそう。悪くはないんだけど、また来たくなるような何かがあるかと言われると、別にない。泡椒(唐辛子の漬物)とか辣椒醤(唐辛子ペースト)といった湖南料理の味付けの肝となる調味料は、どの店も出来合いのを使っているのだろうから、印象が似るのも当たり前なのかもしれない。

無駄にオサレなチェーン店と比べて、良心的な値段だったところは良かったけど。

二次会は、徒歩圏内にある『Lil Laundry』(→店舗情報)でクラフトビール。『Boxing Cat』や『Liquid Laundry』と同系列なので、ビールの質は安心感がある。

IMG_6860_R

IMG_6865_R

すっかり酔っ払って、解散。

<2018年10月> ■店舗情報■



↓皆さまの反響だけが更新の原動力です。コメント・拍手・シェアを頂けると、小躍りして喜びます。


このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔