2007年01月19日

最近よく知恵熱が出ます(いくつだよ)

たまにはマジ切れすることもあるんです。

休み明けの職場はお一人様一日コースという、ラクなんだか寂しいんだかよくわかんない一日となりました。
さて。昨日は仕事後、太鼓の生徒仲間と月1でやることになった自主練だか叩いて遊ぼうだかの日だったのですが。そのうちの一人に、当日昼前に予定確認で出したメールの返信でドタキャンをかまされまして。
いや〜久々にぶち切れてしまいましたわ。てへ。

ていうかその人、もともとドタキャンが非常に多い人で(その時点でそもそもどうかと思うが)、しかも連絡を本当にギリギリまでよこさない(こちらが確認するとその返信でとか)。さらに理由も言わず結構大事な練習会とか会費がかかるものでもキャンセルする。去年だけで数え直したら4〜5回もあった。しかもドタキャンされると金額が変わるんだよね〜こういうのって。
自分が関わっているときはその都度注意というかプチ切れというかしてたんだけど、そもそも自分より年上だし事情もあるんだろうしな〜とか、色々こう仕方ないかな〜とか思う部分もあったんだけど。

さすがにもう自分に関する部分でも3回目だった上に、変わる兆しもないというのが良くわかったので、いさぎよくさっぱりと切らせていただきました。
全員が時間とお金使ってるんだから協調性も常識もない人とは付き合ってられんって。というか今までよく我慢したよみんな。
まあ、もう二度と誘うことはないでしょう。さようなら。
以後は私の人生とは関わりのない人ってことで(笑)。



これはきっぱり愚痴だけど、社会人としての人生を全く経験していない人は、こちらが一般常識だと思っていることを知らなかったりするのかもしれないとちょっと思った。ただ、それは経験していないことが悪いとか立場のせいにだけするというわけではなくて。
ただ、そういった価値観の相違とかはともかく、反省や学習能力や、その場にいる人の考えと摩擦が起きない程度には、ちょっとでも妥協してみるとか。そういうのも難しいのまで環境のせいにしたくはないよな〜、とかぐるぐるとね。

私の中で「相手の立場を考える」というのは人生におけるテーマだったりする。10人いれば10通りの考え方がある。その考え方はそれぞれの人生から培われてきた、10人の人生を考えることにもなる。1人の人生は1通りしかないわけだから、10通りも想像できたら結構楽しいし。
そして考えるようにすることで、ちょっとはオトナな自分になれる気がするし?(笑)

それを考えると上記の人にも上記の人の人生なり価値観があるから、ドタキャンOKな人になるのかもしれない。ただ、OKな人はNGな人の立場には立ってくれないのかな〜とか。いや、立ってもそれでも自分の立場が優先されてしまうのかな〜とか。
でもこれって結局想像力の問題で、想像することの出来ない、もしくはそういうことに価値を持たない人にはやっぱり難しいのかもしれない。もちろん自分だって難しいのだから出来ない人がいるのは当たり前。良い悪いではなく合う合わないの方だよな〜。

そんなわけで色々考えて疲れたので、余計なことは横に置いてまったりと叩く。大晦日以来のメンツだったこともあり、合間で先週の合宿バナシを熱く(笑)語ったり、あとは新しい方のレッスンでやった曲をみんなで軽く叩いてみたり。残りは基礎というか、ただただ打つ。
そしてやっぱり再確認。生の太鼓はイイ。どんなに状態の悪い太鼓だろうがタイヤより100倍以上全然イイ。っていうかタイヤにはもう戻れません私(笑)。逆に今までを振り返って、よく我慢してたな〜とすら思うもん。

でもまあタイヤで叩く場所しかなかったからこそ、こういう状況に至るまで場所やら太鼓やらを探したり動き回ったり出来たわけで。やっぱ長い目で見れば、努力したり苦労したりした分だけ報われてるじゃん、みたいな?(笑)



良いことと悪いことはまあ天秤の両方のおもりみたいなもんで、絶えずゆらゆらどっちかに傾いたりしてるもんだ。
前向きとかポジティブでいたいっていうことは、悪いことや辛いことがある時、見方を変えるだけじゃなくて、それを良い方向へ変化する力をいつも持っていたいってことで、自分のことを省みずに悪いことをただ切り捨てれば良いってのとは違うとも思う。もちろん、場合によっては切り捨てなくてはならない時もあるから、そういう時には自分の言動に責任を持って切り捨てる強さを持つことも必要だと思うけど。

自分が好きで、もっと良い自分に、自慢できる自分になるために。
いつでも自分を含めた物事を、良くする努力をするということ。

まあ思うだけじゃなかなか上手くいかないのも人間だし。でもまあ思わないよりはずっと良いでしょ、努力すればいつか報われるかもしれないし、とやっぱりポジティブシンキング。
反省だって後悔だってするけれど、いつだって階段を登るように一歩ずつ、より良い自分へ向かって進んでいきたいものです。

ウヒ。

chika_x2 at 15:11│Comments(0)TrackBack(0)clip!思うこと 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔