February 2007

February 28, 2007

それは違うと思います。

我が部にいる上司S。
40台前半あたり、元スポーツマン風な体格の良さ。
しかしそろそろお腹の肉はだぶついてて、本人も気になっているご様子。

いわゆるメタボ予備軍ってカンジっすか?

そんな彼が、他の男性社員に吹聴してた言葉。

「卵ってコレステロール高いんですよー。知ってました?
 実はいろんな加工食品に入ってるんですよね。
 だから、わざわざ卵を食べなくても自然と摂取してるんですよ。
 そういうわけで、僕は一週間に2個くらいしか食べてないと思うんですよー。
 よくラーメン食べにいくんですけど、卵が入ってたら必ず残すんですよー」

上司S。
彼、なかなかキレモノですのよ。
周囲よりかなり若いのだけど、成果を出しています。
仕事はできます。

ええ。
仕事はね。

ま、努力は認めましょう。

しかし、しかし。

卵よりラーメンの方が身体に悪いと思いますよ。

chikachan112 at 23:04|Permalinkclip! 

February 25, 2007

骨を折る

慣用句じゃなくて、いや、言葉どおりの意味。
骨折しました。
右手の親指のつけね。

突き指だと思ってたんだよねえ。
んなもの、医者に行っても冷すだけだって周囲にはいわれたし、
私自身もそう思ったんだけど、
だんだん第一関節が曲がらなくなってきたので、医者に行ってみました。

安心料のつもりで診てもらったつもり、が。
レントゲン撮ったら、「骨折」と言われました。(ヒビがはいってるようす)
初骨折。

いやあ、骨折したらば即膨れ上がって痛みにのたうつものだと思ってました。
状況次第とは思うけど、今回の私の場合、
一番腫れて、かつ痛みが強かったのは翌日でした。
怪我をしてすぐは、もちろん痛かったけど、ものを掴んだり動かしたりできました。
人の体は色んな反応の仕方をするんですね。勉強になります(なにがだ)

現在は副木を当てています。
時々痛い。ひびく。
そして不便。
ペンがもてない。
箸がもてない。
瓶の蓋が開かない。えとせとら

それでもテクノロジーの発達というのはすごい。
きっと10年前なら、右手が使えなければまともに仕事が出来なかったことでしょう。
パソコンとケータイは、無理すれば打てるんだ、と知りました。

まあ、無理すればレベルなんで、とろいんですけどね。やれやれ。

chikachan112 at 23:00|Permalinkclip!カラダ | 

February 18, 2007

ユメ十夜

夏目漱石原作の、「こんな夢を見た」で始まる「夢十夜」10編を、別々の監督が個性豊かに仕上げたオムニバス映画。

なんせ10作品ですから。
合う映画もあれば??な映画も。

それぞれの監督がそれぞれの「一夜の夢」をどう解釈したのかが、楽しみどころでしょうか。
原作を読んだのは相当前なので、細かいところまでは覚えてないのだけど、かなりアレンジがされている模様です。
漱石がこれを書いたのが100年前で、理解されずに酷評されたため、「100年経てばわかる!」といったそうです。が、少なくとも私にはよくわからないままやわ(苦笑)

一部上映館では、旧札(漱石札)を持っていったら、1000円で観られるとありました。
レディスディに行ったので、野口英世のブロマイド一枚で観られましたが。

第一夜
実相寺監督お得意の「舞台風」演出が美しい。小泉今日子が老けてるのはわざと?

第二夜
原作の、悟れずにじっとりと汗がにじんでくる様子が、いまひとつ表現できてなかったような気がする。

第三夜
原作もホラーです。一番記憶に残ってて、原作の中で一番好きな話。
映画は夢と現実が交差する様子がプラスされてて、よりエンターテインメント。本当に七人目の子どもは亡くなったんですか??

第四夜
ハーメルンの笛吹きみたいな印象が(原作には)あった。
風景とか時代とかごった煮になってるところがいいですねー。どーでもいいけど、漱石はペンネームなので金之助と呼びかけて欲しかった。

第五夜
愛しい男の元に駆ける女と天探女と、そして夫と、関係がリンクしてるのが面白い。
けど、……よくわかんない。

第六夜
とっくの昔に死んでるはずの運慶が仁王を彫る様子を(漱石が)見物に行く話。たしか原作でも鎌倉時代と明治時代が混在していることを、漱石も夢とはいえ不思議がっていた。だからここに、さらに現代ネット用語を混在させ、そのうえ漱石お得意の英語の字幕を付けるってのは、正しい演出かも。(そういえば漱石は造語を作ってたって話だし、今生きてたら2ちゃん用語を操ってたかも)
ビートに溢れる「いまどき感」強い話。落ちも最高。

第七夜
これだけアニメ作品なのは、まるで「ZOO」のオムニバスだなあ、なんて思った。
虚無感の強い話だったけど、ラストの印象がまったく逆。

第八夜
正直、わかりませんでした。
色んなヒトが「漱石」を演じていたこのオムニバス映画だったけど、一番違和感あるぞ、藤岡弘、は。

第九夜
お百度を踏んで夫の帰りを子どもとともに待つ女。しかしそのとき、既に夫は死んでいた。
というのが100年前の悲しい話。
今現代の、悲しい話は、そのとき夫は別の女の元にいる、という落ちなんですね。
緒川たまきのじっとりした色気と狂気がすてき。

第十夜
女にふらふら着いて行ったら、山で豚に襲われたという話。
田舎モノのわたしは、原作を読んだときに、脳内で勝手に「豚=猪」に置き換えてました。だって、うちの実家にはいるんだもんさ、山に猪。遭ったことはないけど。
それはさておき、ちょいと「チャーリーとチョコレート工場」が入ってて、グロくてナンセンスで可愛くて(松山ケンイチと本上まなみが)、終わりをしめくくるに相応しい一編でした。

好みは、第三夜、第六夜、第十夜。


chikachan112 at 19:47|Permalinkclip!映画 |   【や行】

February 16, 2007

いつか、サバイバル

ランチタイムに四方山話
というのは、どこの職場にもあることでしょう。

今、グチや他人の悪口を言うヒトとはランチ時間が重ならないので、割と居心地がいいです。
ランチの話題は、時事ネタとか映画とか本とか食べ物とか。平和ですねー。……ってそれはどうでもいいんだけど。

つい先日の話題。
列島大荒れの昨今の気候、雪崩でお亡くなりになったかたが出たという話になり、「雪崩に襲われたらどうしようもないよねえ」と、一面識もないというのに、みなで暗くなったその後。

あるヒトが言いました。
「雪崩にまきこまれたらどうするか知ってる??」

皆がかぶりを振ります。すると彼女は言いました。
「その瞬間、手足をおおきくバタバタ動かすの。雪には埋もれるけど、でも、自分の周りに空間ができる。すると、しばらくその隙間の空気で息ができるでしょう?」

皆が、彼女の話にひきこまれていきます。
「あたりが静かになったら、唾を吐く。でんぐりがえって上下がどこかわからなくなるけども、唾は、重力にしたがって、下に落ちるから、落ちた方向の真逆に掘り進む。そしたら地上に出られるから」

……ああ、なるほどーー。
一同、大きく頷きました。

けれど、なぜ彼女はそんなことを知ってるんだろう。
海外旅行はよくいくひとだけど、スキーも山登りもしないひとです。

尋ねると、
「高校の先生に教えてもらった」
とのことでした。

なにかの授業が脱線したときに、たまたま出た話題とのことです。
何年も前のことなので、出たきっかけは一切記憶にないとか。
でも、「雪崩に巻き込まれたらどうするか?」という話のインパクトが強くて、いつか役に立つかもしれないと、その話を覚えていたそうです。

いつか、のために。
彼女の話を聞いて、軽く感動し、尊敬してしまいました。
あっぱれな同僚と出会えて嬉しいです。

残念ながら、その先生の話が正しいかどうか、
彼女には検証する機会がまったくないらしいんですけどね。


chikachan112 at 20:14|Permalinkclip! 

February 15, 2007

さくらん

蜷川実花監督

吉原に売られた8歳の少女はきよ葉と名づけられ、廓街から「自力で出て行く」ことを誓う。勝気なきよ葉はその美しさゆえに人気を呼び、周囲とぶつかりつつも、やがて花魁へと上り詰める。彼女の恋は? そして廓を出ることはできるのか?

「てめえの人生、てめえで咲かす」というキャッチコピーからもわかるように、
ひとりの遊女の半生を女の子たちへの応援歌にした映画でした。

試写会で観たので、以下は隠しておきます。↓↓(関東は2月24日から。全国公開が3月3日)
続きを読む

chikachan112 at 22:43|Permalinkclip!映画 |   【さ行】

February 13, 2007

アンテナに電波はかかれども実体がこない

えー、試写会で「さくらん」を見てきまして。
それはまた別記事で上げよーかと思っているのだけど、流された別映画の劇場版予告編があまりにステキだったので、「お、これ観にいくぞ!」とその場で誓ったのでした。

それがこれ。「恋愛睡眠のすすめ」

ガエル・ガルシア・ベルナルくん主演で、「エターナル・サンシャイン」のミシェル・ゴンドリー監督。
どうやら、「意中の彼女にフラれた男の子が、毎夜、夢の中で彼女に会う」というストーリーのよう。
どうやって「会う」のか、予告編ではよくわからなかったけど、「エターナル・サンシャイン」みたいに夢を見るためのなにかしらの機械をつかうのかしらん?
映像の雰囲気も「エターナル・サンシャイン」みたくカラフルでキュートな感じ。
こいつは楽しみ!と公式サイトを探したら、

名古屋がない……。

ま、東京はGW公開のようだし、まだ情報が少ないだけなんだろう。

でも、わたしの誓いをどうしてくれる状態。


そういえば佐藤浩市と木村多江主演の「スターフィッシュホテル」

主人公の周りで起こることが、なぜか人気ミステリー作家の新作に出てきて、彼はその本が楽しみかつ不可解で、そのせいで悪夢を見て、悪夢と現実が混在していく……みたいな話(らしい。見てないので真相不明)
これも楽しみにしていて、東京では既に2/3から公開してるんだけど

名古屋の公開館が書かれていないままだよ……。

ジョン・ウィリアムズ監督は、以前名古屋に住んでて名古屋で映画撮った人だから、そのうち来るんじゃないかと期待してるんだけど……。

chikachan112 at 23:35|Permalinkclip! 

February 12, 2007

バブルへGO!! 〜タイムマシンはドラム式〜

馬場康夫監督

突然の母の自殺。葬儀にまでやってくる借金取り。格差社会の底辺で生きる真弓の元に現れた「財務省の下川路」。彼は言う。母は、バブル崩壊を止めるためにタイムマシンで過去に行き、行方不明になったと。そして真弓も1990年に旅立った。そこで待っていた過去の日本、過去の下川路とは……!

見終わってひとこと。
おまえはビフか!!

ビフ、知ってますよね? 
「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の敵役。パート2では、スポーツ年鑑を元に賭博で巨額の金を儲けるヒトです。
このスポーツ年鑑に当たるのが、週刊ダイヤモンド
経済雑誌です。時々、会社でコピーとらされてますけど(笑)、偉大な本だったんですね。……ってそれは関係ないけど。
こいつを元に、あいつはうまく立ち回ってきたに違いない。

つくづく「バック・トゥ・ザ・フューチャー」映画でした。
やっぱりタイムマシンものはコレを超えられない。
超えたいなら、一昨年の「サマータイムマシン・ブルース」みたく、別のアプローチをするしかない。
ま、本映画は、わざと真似してるようなシーンもあったくらいだから、最初から同系統狙いかもしれないけど。

伏線の張り方と納め方もきっちりしてるし、
過去と未来のギャップ、親子愛など細かいくすぐりも頷けるし、
阿部寛のキャラクターはハマってていい味を出してるし、
それなりに笑えるんだけど、つまらないわけじゃないんだけど、
でもなー。どーも、いまいち。
斬新さがなかった。

阿部ちゃんはホントにいいキャラだったんだけどねえー。


chikachan112 at 00:15|Permalinkclip!映画 |   【は行】

February 10, 2007

あるいは裏切りという名の犬

オリヴィエ・マルシャル監督

パリ警視庁は、BRI(探索出動班)と、BRB(強盗鎮圧班)を束ねるふたりの警視。彼らはかつて親友だったが、同じ女性を愛したことで疎遠となり、現在は反目しあっていた。そんなふたりが、ある現金輸送車強奪事件を巡る捜査と次期長官の椅子を巡って一層の対立をし、そして悲劇と破滅の幕が……という話

男臭くて渋い映画でしたねー。

フランス映画なんだけど、邦題がかっこいい。
原題は、「36 QUAI DES ORFEVRES」(ORFEのEの上に、「'」が乗っかってます。)
ORFEVRES河岸通り36、という地名で、
どうやらパリ警視庁の住所らしいです。
つまり日本だと「桜田門」みたいなタイトル。

監督も共同脚本(ドミニク・ロワゾー)も警察官だったそうで、実際の事件や人物をヒントにしたそうです。
内容も、犯罪がテーマというより、警察組織のいざこざがテーマ。
正義感は強いけれど荒っぽい捜査を行なうレオと、上昇志向の強いドニ。
一方が一方を陰謀によって陥れていきます。
しかし陥れられるほうも清廉潔白というわけではない。
冒頭から犯罪をおかしてますからね、刑事たちみずから。
薄汚なく愚かしくしかし愛すべき犬たちの物語。
部下にも醜いけどカッコいい刑事が出てます。いい役割といい死に方で魅せてくれます。

セリフも洒落てましたね。
一番好きなのは、裏工作の甲斐(?)あって、ライバルの蹴落としに成功した男と、長官とのトイレでのセリフ。
「裏社会じゃ、お前のような男は、うらぶれた駐車場で消されるだろう」
「裏社会じゃ、あなたのような男は、忘れ去られる」

成長した娘があまり可愛くないのが残念だけど、
男性たちの物語なので、女性は添え物かな。
娼婦という方は恐ろしい体型だったし。


chikachan112 at 12:01|Permalinkclip!映画 |   【あ行】

February 09, 2007

スタンドアップ

ニキ・カーロ監督

2人の子どもを連れ、暴力夫から逃れて故郷に帰ったジョージー。彼女は子どもたちのために給料のいい鉱山で働くことにするが、そこは男の職場。悪質低脳な嫌がらせの毎日に、遂にセクハラ訴訟に踏み切る……という話。

米で初のセクハラ訴訟に勝った女性をモデルにしてるそうです。

嫌がらせのひどさ、世間の冷たさに怒り、
しかし、友情と家族の愛に涙し、
押さえるところをきちんとおさえた「上手な」話です。

実に真面目な話なんだけど、わたしには真面目すぎて退屈でした。
セクハラ問題うんぬんではなく、「映画」としてね。

あばずれ扱いされた母親を軽蔑し家出した息子と和解するところとか、
理解ある男性と友情をはぐくめるところとか。
もうちょっとセオリーをはずして欲しいなー。


chikachan112 at 23:01|Permalinkclip!映画 |   【さ行】

February 05, 2007

おとこも喰らうメガマックといふもの…

a1563a26.jpg挑戦してみました。
割引き券があったもので。

お友だちも書いてましたが、見た目は
思ったより大きくないじゃん! ですね。

映画『スーパーサイズ・ミー』のジャケを想像してましたから(<ないない)

写真見るとわかるけど、
やっつけ仕事なのか中身ズレてます。
まずはこれを直すかな…、と整え、
いざ!


味もフツーです。
肉とパンズの対比が肉勝ちとなっている分
多少は美味しく感じます。

この程度なら喰らいつけるじゃん、と思ったも束の間

ズレます。

一口ずつ、右に左にずれていきます。
左右にずれて、しかし元に戻るということはないので
直しながら食べます。

疲れますね…

そのうち、一番下のパンが湿気でへなへなになり
やがてようやく食べ終わりました。

ネタとしては面白いけど
一度で十分ですね。

昼11時に食べたら夕方6時まで全然お腹がすかなかったです。
700〜800kcalくらいあるとか。


chikachan112 at 17:25|Permalinkclip! 

February 03, 2007

節操がない

3cacf2ed.jpg映画は満足とはいえないのだけど、音楽には大満足だったので、
「ディパーテッド」のサントラを買ってしまいました。

……節操ないな。

お気に入りは、ドロップキック・マーフィーズの
I’m Shipping Up To Boston
取引に向かう車中でかかってたやつ。

アイリッシュ・パンク・バンドなんだ、へえ。



chikachan112 at 20:06|Permalinkclip! 

February 02, 2007

恵方巻・長けりゃいいってもんじゃない

aec4a7c3.jpg明日は節分です。
大阪が発生の「恵方をむいてまるかぶり寿司(太巻き海苔)丸齧り」の風習。
今年の恵方は北北西だそうですよ。
(余談ですが、なぜか本日「北北西に進路をとれ」でうちのサイトに何件もアクセスが来てます。何年か前の恵方も北北西でしたよね。その時も恵方巻の話題を書いたんだよなあ……)

こちら名古屋近辺でもこの風習は10年〜数年位前からなじんできていて、近所のスーパーとかデパ地下などでみられます。
しかしどこか狂っていて、蟹づくしとか海鮮巻とか、2000円ちかいものもあります。
またここんとこ、コンビニでも売っています。
……ま、わたしが買うのはスーパーの350円で、作り立てが欲しいので夕方に買いにいくのですが、売り切れていれば細巻でごまかします。……ええ。つきつめれば気分の問題ですからね。


さて本日、2日、お昼過ぎくらいに
次長Iさんから恵方巻をいただきました。

なんでも、よくいく飲み屋でも販売しているらしく、男性陣の皆さんで購入したそうです。
余分に頼んだからあげるよ、と、女性陣に。

男性陣は対価(なんと500円だそうです!)を払っての購入だし、
余分と言いながらもちゃんと人数分あるので(うちの部、女子6人います)、それはわたしたちに気持ちの負担をかけさせないようにという心配りであり、
申し訳ないやらありがたいやら、なのですが。

……ええ。次長のお気持ちに対しては。大変もったいなく思うのですが。


でもねえ。
こんなこと書くと、恩知らずだと思うけど、
でもやっぱり、ちょっと疑問を感じる。

恵方巻というのは、節分の「夜」に食べるものです。
だからもらったものも、写真のとおり、2月3日20時が、消費期限です。

……本日の昼にもらったってことは、最大遅くて、昼前に作ったわけだよな?
ってことは、1日半、持つということで。長いなあ。

海老とか、サーモンマヨネーズとか書かれてるけど、なによりメインは米なわけだけど、
そんなに持つんだ。持たせるんだ。持つのかなあ。
ふーん。ふーん。ふーん。ふーん。

製造元をよく観ると、ここらあたりのコンビニによく搬入されてる食品メーカの品物です。飲み屋の手作りではありません。
機械仕掛けで品質管理はちゃんとされてるのでしょう。
でも逆に、そのほうが心配だなー。
消費期限を長持ちさせるために、いろいろ加えてそうですね。

今年は自分で作ろうかなあ……。




chikachan112 at 19:46|Permalinkclip! 

February 01, 2007

ディパーテッド

マイケル・スコセッシ監督

ボストンはアイルランド系マフィアと警察を舞台としたお話。マフィアに育てられた青年が警官に。そして優秀ではあるけれど警察学校で問題を起こした、縁は切ったものの父親が犯罪者だったという青年がマフィアに。それぞれスパイとして潜入するふたり。まるでコインの裏表、鏡越しの互いのようなふたりが絡まり激突する……という話。

いや、コインの裏表とは書いたんですけどね、それはむしろリメイク元の「インファナル・アフェア」のほうでね。
「ディパーテッド」はやたらバランスを欠く話でした。

正直、わたしにとって「インファナル・アフェア」は、カルチャーショックを受けた香港アクション映画その3でした。
ちなみにその1は、ジャッキー・チェンのカンフー映画。(本来はブルース・リーでしょうが、先にこっちを見たので)
その2は、友人に勧められたジョン・ウー。クールなアクションと、二兆拳銃に鳩!
そして「インファナル・アフェア」。男同士のガチンコという部分ではジョン・ウーに近しいのだけど、もっとヒリヒリした緊張感。一瞬にして死へと落ちかねないふたりへの胸つまる思い。

カッコいー。もうたまりません。

で、「ディパーテッド」だ。
原作には原作の、リメイクにはリメイクのよさは、あるのだと思います。
新たな工夫もあり、たとえばアメリカで受け入れられやすいようになのか、アイルランド系への差別とか、ボストンの街におけるスラムの現状とかを取り入れ、キャラクターなども一部変えた脚本になってます。

ジャック・ニコルソンの怪演。音楽の超クールな載せかた。
見所はかなりありました。
(というか、ジャック・ニコルソンちょっと目立ちすぎだけど。あんた主役じゃないんだからさ。監督ももうちょっと抑えろよといいたい)

ありましたがしかし。

やっぱりバランス悪いよ。

ふたりの主人公、どちらもが闇と光を持ち、どちらにも感情移入できる部分があるからこそ、この話は面白いんじゃないのかなあ。

本作のマット・デイモン(マフィアに育てられた青年)は、完全に憎まれ役だったね。彼の持っているのは向上心や善に転じたいという思いではなく、歪んだ欲望と保身でしかなかった。残念。

また、「インファナル・アフェア」と本作では、減った人と増えた人がいるのだけど、どちらもその変化が有効に働いたとは思えない。

と、以下ネタバレがあるので隠しておきます。↓↓
続きを読む

chikachan112 at 18:46|Permalinkclip!映画 |   【た行】