December 26, 2006

NOTHING

ヴィンチェンゾ・ナタリ監督

ダメ男ふたりの暮らす家。
なんとか平穏に暮らしていたふたりだが、陰謀とボタンのかけちがいによってふたりは窮地においこまれ、「みんな消えてしまえ!!」と叫ぶ事態に。
……そして。
そして「ふたりのまわりの世界」が、消えた。

「CUBE」の監督だそうですよ。
不条理な話が得意ということなんでしょうか。

シノプシスだけ聞くとオモシロそうだったので、みてみたのですが、

えーと、
あー、
よくわかんない。

これはコメディ、……なのかな?
笑えないんだけどな。

人を選ぶ話、だと思うのです。
わたしは選ばれなかったと思うのです。

いっそ、CUBEに入ってた「エレベータ」なみに短い話なら
面白かった……かもかも。鴨肉。


chikachan112 at 20:48│clip!映画 |   【な行】

この記事へのトラックバック

1. 『ナッシング』2005年148本目  [ 映画とJ-POPの日々 ]   January 08, 2007 20:14
1 (「5つ☆中☆何個」で示す星によるランキングですが、最低が「☆1つ」なので「☆1つ」つけていますが、実際は「☆ゼロ」です) タイトルに偽りなし。正に「ナッシング」何も無いクズえいが。 フィルムの無駄。 『ナッシング』 健太郎は映画を観る時に「その映画は...

この記事へのコメント

1. Posted by 健太郎   January 08, 2007 20:17
1 まさかこの映画を観ている人が居るなんて…
大丈夫でしたか?
私、この映画はだんとつで2005年のワーストでした。
1,000円で劇場で観ましたが、マジで劇場に抗議するところでした。
こんなもの劇場で上画するどころか、人に見せる価値など無い。
ちなみにこの監督は『CUBE』の次に『カンパニーマン』と云う映画を撮り大コケし、カナダに都落ちしてこの愚作を撮ったそうです。
『CUBE』の一発屋ですね。
2. Posted by ちか   January 10, 2007 07:51
>健太郎さん

……観たんです。
健太郎さんのブログにあった他の方のコメントなども読ませていただきましたが、みなさん、監督の栄光(?)に惹かれてご覧になってるようですよね。
わたしもそうなんですけど。(「カンパニーマン」も観ています。試写会だったかな?)

劇場に行けなかったのは、レイトショーかなにかのため、時間が合わなかったんですよ。
行かなくてよかった……かも(笑)
3. Posted by 健太郎   January 12, 2007 20:03
4 TB&コメントありがとうございました。
いや全く、完璧なまでの一発屋でしたね。
劇場で千何ぼか払うのはもちろん、100円レンタルでも見る価値ないですね。
4. Posted by ちか   January 13, 2007 07:09
>健太郎さん

こちらこそありがとうございます。

>100円レンタルでも見る価値ないですね。
この言葉で思い出しました!
確か、近所にあるレンタルショップのGEOが新装開店したときのセールで、「70円」で借りたんです。

観てみないとどんなものかはわからないものですが、
……70円。肉なしもやし炒めくらいの価値かな。