February 15, 2007

さくらん

蜷川実花監督

吉原に売られた8歳の少女はきよ葉と名づけられ、廓街から「自力で出て行く」ことを誓う。勝気なきよ葉はその美しさゆえに人気を呼び、周囲とぶつかりつつも、やがて花魁へと上り詰める。彼女の恋は? そして廓を出ることはできるのか?

「てめえの人生、てめえで咲かす」というキャッチコピーからもわかるように、
ひとりの遊女の半生を女の子たちへの応援歌にした映画でした。

試写会で観たので、以下は隠しておきます。↓↓(関東は2月24日から。全国公開が3月3日)


テーマもターゲットもしっかり決まった映画。
……なんだけど、盛り上がりがなく退屈でしたね。
観るべきところは映像美。これは素敵でしたが、しかし話は単純。

もちろん、もはや自分がターゲット層から離れてることもあるんだけど、
話が実に平板なんだよねー。

たとえれば
「売られてきた女の子があちこちにぶつかりながら廓で頂点に立つ+恋模様」
というお題で考え付くことを
双六の升目に書き込んでいっただけ、という感じ。

升目に入るシチュエーションは、それなりにドラマチックなのですけどね。
原作は漫画とのこと。
漫画だと、盛り上がって次の号を待つ、という形で引っ張れるし、それぞれのキャラの感情に寄り添えるから面白いと思うんだけど、
この映画、全部の要素を並列においてるので、だれちゃうんですよ。

しかも、映画館で貰うチラシを読めば、展開が全部わかっちゃう。(ギリギリに駆け込んだので読まずに済みましたが)
そりゃいかんでしょう。


chikachan112 at 22:43│clip!映画 |   【さ行】

この記事へのトラックバック

1. 映画「さくらん」  [ 茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり?? ]   March 04, 2007 01:10
思わず「SAYURI」と「大奥」と川島なお美の「失楽園」と昔懐かしい「時間ですよ」を連想してしまう・・なんだか錯乱してしまいそうな金魚と桜と遊郭の世界 8歳にして吉原遊郭は玉菊屋へと売られてきた少女きよ葉、女将(夏木マリ)の元で花魁粧ひの付き人と...
2. ★「さくらん」  [ ひらりん的映画ブログ ]   March 07, 2007 02:32
土屋アンナ主演の花魁もの。 原作も脚本も音楽も、主要ポストは女性という異例な布陣。 特別協賛まで「女性向け下着通信販売会社」でした。
3. 【2007-32】さくらん  [ ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! ]   March 11, 2007 19:49
4 男と女の求めるすべてがあった吉原遊郭に、 後に伝説となる一人の花魁がいた・・・ なめんじゃねぇ〜よ。 てめぇの人生、てめぇで咲かす!
4. 「さくらん」  [ Tokyo Sea Side ]   March 20, 2007 01:19
楽しみにしていた「さくらん」を観に行きました。ストーリはだいたい原作と同じなのですが、後半はオリジナル?? 惣次郎との関係がメインだと思いきや、かなり出番が少なくてビックリ。そしてオリジナルと思われる後半は少々勢い不足な印象です。原作を知らないとストーリ...
5. さくらん/てめぇの人生、てめぇで咲かす  [ 銅版画制作の日々 ]   March 20, 2007 16:07
 監督:蜷川実花×原作:安野モヨコ×脚本:タナダユキ×音楽:椎名林檎×主演:土屋アンナという顔ぶれ女性たちだけで作った映画「さくらん」を先日、京都シネマにて鑑賞。何ヶ月前から、チラシでの宣伝この色の鮮やかさに、目を見張るものがあり、そして若き女性たちがタ...
6. さくらん  [ シネマ de ぽん! ]   April 06, 2007 11:45
さくらん公開中ストーリー ☆☆映画の作り方☆☆総合評価  ☆☆完成度   ☆☆お
7. さくらん−(映画:2007年81本目)−  [ デコ親父はいつも減量中 ]   July 22, 2007 20:31
監督:蜷川実花 出演:土屋アンナ、椎名桔平、成宮寛貴、木村佳乃、菅野美穂、永瀬正敏 、安藤政信、小泉今日子、石橋蓮司、夏木マリ 評価:74点 公式サイト (ネタバレあります) 綺麗でおしゃれな映画で、面白かった。 原色バリバリの映像美と、土屋アンナ演...