July 13, 2007

図鑑に載ってない虫

三木聡監督

美人編集長から、死後の世界が見える「死にモドキ」の調査を依頼されたフリーライターのオレ。アル中の相棒エンドーとともにあちこちにぶつかるなか、自殺マニアの女性サヨコや、ヤクザの目玉のおっちゃん、三下のちょろりと出会い、生と死の秘密に近づいていく……てな?? 
話。

はてなな設定、プラス、満載の小ネタ、で構成された、毎度の三木映画。
……今回は、いまひとつでした、自分としては。

三木聡がらみの作品は、
「イン・ザ・プール」「亀は意外と速く泳ぐ」「時効警察」がインで、
「ダメジン」、本作「図鑑に載ってない虫」がアウトでした。

……ああ、「イン・ザ・プール」は原作の力が強いので、おいておくとしても。

どの話も、起こるエピソードにせよ小ネタにせよ、実にくだらないんですよねー。
しらける一歩手前の、アホくさい面白さなんですよ。

でもあるものは面白く、あるものは面白くない。

インとアウトの違いって、なんでしょうね。
自分としては、出てるキャラクターの強さにあるのかな、と思ってます。
物語を引っ張ってく強烈な個性や目的。
また逆に、そのジャンルにおいては、強烈さや目的を持たないゆえに目立ってしまうキャラ。

……だって、「刑事モノ」において、時効が成立しちゃったせいで解決しようがどうしょうがどーでもいいのに、それでも推理する。とか、
「スパイモノ」において、スパイに見えないようにひたすら平凡を追求して右往左往する。とか、
それ、ジャンルそのものを否定してるわけですよ。
否定してるがゆえに、ありえないキャラで、目立ってるんですよね。

今回は、みかけ強烈なキャラクターはいましたけど、
さほどは生かされてなかった感じ、かな??


chikachan112 at 21:04│clip!映画 |   【さ行】

この記事へのトラックバック

1. 【2007-104】図鑑に載ってない虫  [ ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! ]   July 23, 2007 22:42
4 人気ブログランキングの順位は? ”死にモドキ”って何なんだ・・・? あの(「嫌われ松子の一生」)伊勢谷友介が! あの(「恋の門」)松尾スズキが! あの(「バベル」)菊地凛子が! ”死にモドキ”を探す旅に出た! 危険がいっぱい! 珍品がいっぱ....
2. 図鑑に載ってない虫(*_*;生きて帰れるのかょ!?  [ 銅版画制作の日々 ]   August 22, 2007 11:39
禁断のコメディが誕生   2005年に公開された『イン・ザ・プール』や『亀は意外と早く泳ぐ』で映画界に“脱力系”ブームを起こした三木聡、2006年にはテレビドラマ「時効警察」で高視聴率を記録し、「続時効警察」も好調なスタートだそうで・・・・。私は三木...
3. ≪図鑑に載ってない虫≫  [ ミーガと映画と… -Have a good movie- ]   December 14, 2007 15:48
図鑑に載ってない虫 完全攻略版(2枚組) ¥3,329 Amazon.co.jp (DVDレンタル@2007/12/07) 製作年度2007年 製作国日本 上映時間103分 監督三木聡 出演伊勢谷友介(俺)、松尾スズキ(エンドー)、菊地凛子(サヨコ)、岩松了(目玉のおっちゃん)、ふせ...
4. 『図鑑に載ってない虫』'07・日  [ 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ ]   July 04, 2008 11:05
あらすじライターの「俺」は、「月刊黒い話」の美人編集長から「一度死んでも生き返れるという“死にモドキ”を使って臨死体験をルポしろ」というとんでもない依頼を受ける。「俺」はアル中のエンドーを無理矢理巻き込み、まずは“死にモドキ”調査中に消息を絶った、カメ...
5. 「図鑑に載ってない虫」  [ 心の栄養♪映画と英語のジョーク ]   March 07, 2010 22:19
サルの手・・欲しいわ^^

この記事へのコメント

1. Posted by mezzotint   August 23, 2007 22:20
chikaさん
コメントありがとうございました三木監督の作品はまったく初めてでした。
ゆる〜いネタ、時々「ぷっ!」と噴出しそうに
なる部分もあったのですが・・・・。
全体に、いまいち乗ること出来ませんでした。
2. Posted by ちか   August 24, 2007 21:15
>mezzotintさん

TBとコメントありがとうございます。
そしてまたもや、TBできずスミマセン。

わたしもこの映画には頭を抱えてしまったのですが、
でも、初めての三木作品がこの映画というのは、
……なんというか……残念なようにも思います。

原作が直木賞作品(のシリーズ)なので、映画だけの力ではありませんが、
「イン・ザ・プール」は、割と面白く作られているのではないかな、と思いますので、
ちょこっとお勧めさせていただきます。