December 31, 2008

K-20(TWENTY) 怪人二十面相・伝

佐藤嗣麻子監督
1949年の帝都。第二次世界大戦は起こらなかった、と仮定しての世界であるそこは、身分と貧富の格差が残ったままであった。街では富裕層を狙う盗賊・怪人二十面相が出現し、名探偵・明智小五郎との対決を繰り返していた。そんなある日、サーカス団の曲芸師・遠藤平吉はとあるきっかけから二十面相の罠にはまる……

2008年最後の劇場映画となりました。
とっても楽しい映画でしたね。満足。

架空世界の中で起こる物語ということもあり、
少々ベタで漫画っぽいところも「お約束」として納得。
古きよき冒険活劇で、誰もが楽しめる展開。
心を強くして前を向いて時代を変えていくのだ、というひねていないテーマが温かい。

お転婆で気の強いお嬢様と、罠にはまった貧しくも前向きな曲芸師の青年、っていうのも
古典的な萌え。
ちょっと宮崎アニメが入ったアクションも面白い。
わたしは、屋根から壁からひたすら進むあたりがルパン三世や未来少年コナンのイメージだったんだけど、
一緒に見た人はラピュタイメージと言ってましたね。

そして巨大マシーンに、思わぬ(?)敵。
ワクワクして、気持ちが浮き立ちました。


金城武はコメディが似合いますね。でも仲村トオルも思ったより似合ってた。
金城のまねをする仲村の表情の作り方がそっくりで、唸ります。


chikachan112 at 21:47│clip!映画 |   【か行】

この記事へのトラックバック

1. 映画「K-20 怪人二十面相・伝」  [ 茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり?? ]   January 20, 2009 01:00
太平洋戦争・第2次世界大戦を回避した後の日本が舞台というのは面白い、回避したらどうなるのか説明は少ない、まぁそれが主題の物語ではないけどね?? 第2次世界大戦を回避した後の帝都、なんだか東京タワーみたいなのと羽柴財閥のタワービルが一際高くそそり立つ...
2. 映画:K-20(TWENTY) 怪人二十面相・伝  [ よしなしごと ]   January 30, 2009 23:59
 K-20 怪人二十面相・伝を観てきましたが、記事にするのが相変わらず遅くなっちゃいました。
3. K-20 怪人20面相・伝 2009-02  [ 観たよ〜ん〜 ]   February 04, 2009 20:44
「K-20 怪人20面相・伝」を観てきました〜♪ 日本が大戦に巻き込まれずに更なる発展を遂げた帝都、サーカスの軽業師・平吉(金城武)は、見知らぬ雑誌編集者からその運動能力を活かして、探偵明智小五郎(仲村トオル)と羽柴華子(松たか子)の結納式の盗撮を依頼される・...