August 30, 2009

南極料理人

沖田修一監督

南極の内陸部に建てられたドームふじ基地。そこではわずか8名の隊員が、一年半もの観測のために勤務していた。海保に勤務する西村は、運命のイタズラで調理担当として赴任。彼らの胃袋を預かることになる。
二度の南極越冬経験のある西村淳氏のエッセイをもとにしたコメディ(コメディ……なんだろうなあ)。

最近、グルメ映画が流行ってる。
話の展開温度が低めで、生活と食べ物を丁寧に描き、「なんかほっとするー」と感じさせる話が。
『かもめ食堂』、好きなんだけど、
でもパターン化すると飽きちゃいそうな気もする。
このあとも『プール』とか『食堂かたつむり』とか、いかにもなものが待ってる模様。

この映画もソレ系のひとつと言えるかもしれないけど、
「可愛い動物はいません。いるのはおじさん8人です」(寒すぎてペンギンも白熊もウィルスもいないそうだ)と作中で出演者に言わしめしたように、男ばっかりのグルメもの。
いや、グルメものと言っていいのか、むしろ合宿物語というべきなのか。
どこか椎名誠の探険隊エッセイにも似て、
その「男ばっかり特殊世界」の、脂っぽくてだらけた感じが面白かった。

地球の将来を担うほどの仕事を任された大人の(20代?から50代まで)人たちなのだけど、
当初から子供臭さがあった彼ら、時間が経つにつれて一層子供になっていく。
原作にも書かれてたけど、東大・京大を初めとした頭のいい人たちの集団。
天才と変人の距離が近いからそうなったのか、
それとも男子校のノリで若返っているのか。
いや、男子ってもともとそういうものなのか。

映画ということで、キャラクターを濃くしてるのかもしれないけど、
8人が個性的で身勝手で、わがままっぷりがとても可笑しい。
彼らの母親みたいに、柔らかな平常心をモットーとしているように見える堺雅人演じる西村も、
その「平常」を表情に保ちながらも、たびたび静かに「ムカっ」としている。
見なかったことにしよう、とそっと扉を閉めていたのが、最後には向ってくる人間をけり倒して進んだりもする。

穏やかな顔をしてるけど、海保の巡視船隊員だもんなあ、肉体派だよな、と思ってたところ、
原作を読んでみたら、かなり豪傑なおじさんだった。納得。

女性の立場から言わせて貰えば、
冒頭のシーン、
天ぷらの後におひたしを作るなんてダメじゃん(天ぷらは揚げたてじゃなきゃ! 料理は冷めてもいいものから作るのが基本)と
その後の展開が不安になったけど、
だんだんどうでもよくなってきた。
そんな細かいことを気にしないのが男の料理なのだろうな、きっと。


chikachan112 at 23:29│clip!映画 |   【な行】

この記事へのトラックバック

1. 『南極料理人』  [ 京の昼寝〜♪ ]   October 21, 2009 22:26
□作品オフィシャルサイト 「南極料理人」□監督・脚本 沖田修一 □原作 西村 淳 (「面白南極料理人」新潮社刊)□キャスト 堺 雅人、生瀬勝久、きたろう、豊原功補、高良健吾、西田尚美、古舘寛治、黒田大輔、小浜正寛、小出早織、宇梶剛士、嶋田久作■鑑賞日 8月...
2. 「南極料理人」  [ 心の栄養♪映画と英語のジョーク ]   February 25, 2010 18:43
またお腹グーな映画に出会った^^
3. 南極料理人  [ むーびーふぁんたすてぃっく ]   March 14, 2010 18:39
南極料理人 [DVD] 「南極料理人」 感想 日本映画独特の空気感を持つ映画 略して、「空気映画」w この手の映画、結構好き。 強いメッセー...