2012年07月24日

ハワイホームオーナーズクラブ


Hawaii Home Owners Club coverハワイホームオーナーズクラブ をフェイスブック上で立ち上げました。

ハワイの不動産についての知識のシェアリングのコミュニテイサイトです。
ハワイで不動産を所持している、今後購入したい、売却したい という方々に不動産ミニセミナー等を通して、不動産に対する知識を高めて頂き、疑問、不安、トラブルなどに役立つ情報や知識を提供します。フェイスブックを活用されている方は、お気軽にご質問ください。



chikako_lobley at 17:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年08月06日

Ninja Selling (忍者 セリング)


ninjaselling3cd
私たち不動産エージェントは、2年に一回(遇数年) 免許の更新をしますが、
その際にCEコース(Continuous Education Course) というクラスを決められた時間受けなければいけません。
エージェント(不動産取引士)の知識レベルの定着、向上と、不動産に関する法律の変化
に対応する為ですが、次回の更新から規定の時間が10時間から20時間
(必須8時間、選択12時間)に増えることになり、負担が増えちゃいました。

私の所属する会社は、会社の中にセミナースクールが併設されており、社長がその講師
をしている為、私たちエージェントもクラスはほぼ全部無料で受けられるという、
恩恵があります。 ひとクラス最低$40以上するので、無料でクラスを受けられるというの
は、クラスを受けに行く利便性も、もちろんですが、経済的にも非常にありがたいです。

水曜日(8月3日)は、一日のクラスをとりました。
20時間のうち、選択クラスの6時間も取れるクラスで、クラスの名前は、Ninjja Selling 機
このセミナーは、今 講師でわが社の社長でもあるAbe Lee氏が、一番注目し、力を注いでいるセミナーで、
この方法を実践すれば、売り上げだけでなく、生活の質、精神面の充実の向上を保証するというものです。

このセミナーは、ColoradoにあるThe Group という不動産会社のあるエージェントの
独自のセールス手法を、その会社のCEO(代表者)のLarry Kendall が、彼流にアレンジして
考案したセミナーです。
このThe Group という会社が又凄い会社で、何とColoradoでの売り上げシエアが50%という、およそ想像を超える規模の会社なのです。でも、どうして名前がNinja(忍者)なの?というと、
The Group のトップセールスマンのエージェントが、昼間は、オフィスに姿を見せず、
夜遅い時間にオフィスに姿を現すという事に由来します。
教材(写真)の表紙の [  気 ] という漢字は、Larry Kendall の好きなスポーツが合気道 から来ています。

このNinja Selling の一番の特徴は、Cold Calling (電話セールス)などに頼らないで、各自が持っているネットワークから、データベースを活用し、Referral(紹介)をベースにセールを行う事です。
Stop Selling (Make people come to you)(押し付けのセールスではなく、顧客の方からきてもらう)
ように、その為に自分の知識や人柄を磨く事にも重点を置いています。
ビジネスプラン(1日、1週間、1ヶ月、1年)の立て方、顧客心理、不動産売買に関するセールス方法、その他
朝の8時半から、午後4時半までびっしり一日クラスでしたが、Abe さんの上手で面白い教え方で、あっという間にクラスは、終わってしまいました。今後、Ninjya供,Ninjya靴蘯けたくなってしまいました。


chikako_lobley at 10:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年07月29日

ブローカーオープンハウス 7月27日 (水)


ここハワイ(オアフ)では、週に2回 水曜と木曜日に不動産売物件のブローカーオープンハウスというのがあります。 オアフ島を大きく2つに分けて、ハワイカイの手前アイナハイナ周辺から西側(ワイキキ、ダウンタウン、カハラ、ハワイロアリッジ等)が水曜日、東側(ハワイカイ、カイルア、カネオヘ 等)は木曜日の午前(通常9時半〜11時半)で、時にはサンセットブローカー何ていう洒落た名前で、夕方の5時頃から一部のエリアのみ対象にしたオープンハウスもやってます。ハイエンド(高級)物件では、エスクロー会社の主催で簡単な、オードブルなどもふるまわれたりして、物件の勉強だけでなく、他会社のエージェントさんとも知り合える良い機会です。

私の所属する会社(i Properties Hawaii , 6月末でAbe Lee Realty から、社名変更しました)は、月に1回 キャラバンを出して、エージェントさん達で車を乗りあって一緒にオープンハウスに行っています。これも、エスクロー会社(ハワイエスクロー)や、銀行(テリトリアルセービング)がスポンサーになって、オフィスに帰ってから、スポンサーの差し入れのランチを食べながら、見学した物件の感想を述べあって、価格や、ステイジングなどの分析などをしています。

昨日はそのキャラバンで、カカアコ(アラモアナショッピングセンター周辺)のコンドミニアムと、Nuuanu の一戸建てを見てきました。


1350 Ala Moana 2910右の写真は、1350 Ala Moana (1350 アラモアナ)という住所が建物の名前に
なっているコンドの2910号室。アラモアナショッピングセンター、ビーチが目の前という絶好のロケーションにあります。 建てられた当時(1968年)は、場所を考慮しても 高級マンションとして一世を風靡していたと思われます。
写真からも見ての通り、ラナイからのダイアモンドヘッドと海岸の、パノラミックな美しい景色、毎週金曜日に行われるヒルトンホテルでの花火や、アメリカ建国記念日のアラモアナナ マジックマウンテンでの花火が、ラナイから堪能できます。


詳細は以下の通り


売値価格:$725,000 (土地付き)
部屋数 :2ベッド 2バス 
広さ  : 1062 スクエアフィート、 100 スクエアフィート(ラナイ)       
管理費 : $656/月 (ケーブルTV、下水道 )
パーキング : 1箇所
1350 Ala Moana 2910 living roomリフォーム : 2006年
設備   :プール、BBQエリア、ジム、ゴフルのパッテイング練習場、会議ルーム
      レクリエーションルーム等 充実している。




この周辺はカカアコといわれ、今ではナウルタワー、ハワイキタワー、ホクア、
コウラニなどの高級物件が隣接しています。このコンドミニアムは建物が1938年築と
比較的古いので、価格はおさえられています。 この物件に関しては、高層階にあるため、景色は綺麗で、管理費も、周辺の建物に比べると安くなっています。

不動産は、なんといっても ロケーションとお部屋からの景色。
その二つの条件を満たすこの物件は、お勧め物件です。   
                                            

              


3934 Waokanaka Street右の写真は、Old Pali (オールドパリ)という ヌアヌ地区の一角にある高級住宅街
で、この物件はその中でもWoodslands(ウッドランド)というGated Community(ゲートで囲まれた住宅街)の中にあります。

周りを山に囲まれているこの辺りは、ハワイにいるのを忘れてしまう様な静けさで、
都会の喧騒からのがれ、静かに生活したい人には、最高の環境です。
特にこの周辺は、Owner Occupant (オーナーが住んでいる)が多く
カイルア、ハワイカイのように、長期 短期の賃貸が少ないので、その分静かで安全な環境が保たれています。


この物件の詳細は以下の通り
                                     
                                 
                                       
3934 Waokanaka Street the pavillion and pool売値価格 : $3,375,000(土地付き)
部屋数  : 5ベッド、 5 1/2バス
広さ   : 5,457 スクエアフィート 
土地の広さ :40,421 スクエアフィート
組合費  : $200/月
築    : 1995年
プール   : 温水プール



母屋の隣に1ベッド 1バスのコッテージ
最高級の建材を使用した注文住宅で、各所に東洋と西洋を上手にミックスした
気品あるオーナーのセンスとこだわりが感じられる家です。 
                                   
3934 Waokanaka Street kitchenダウンタウンまで車で5分。カイルアまで車で10分あまりの便利さ。
カハラやハワイロアには無い、避暑地の様な、独特の静かな雰囲気を求められて
いるバイヤーには、お勧めの物件です。

上記の物件について、ご質問等あれば、どうぞ コメント欄に投稿願います。





                                    


chikako_lobley at 11:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 不動産仲介 

2010年10月05日

売り物件 (パールリッシコンドミニアム   パールワン#8K)

先週の日曜日は久しぶりに、アイエア パールリッジのコンドミニアム(パールワン)で 午後の2時から5時までの間 オープンハウスをしました。

パールリッジはワイキキから、車で西に約15分。アロハスタジアム、パールリッジショッピングセンター、クィーンズ病院、ベストバイなど郊外型の大型店が立ち並ぶ、ホノルルに次ぐ大きな町です。
ここのコンドミニアムの特徴は、ワイキキやタウンより価格が低く、部屋の広さが比較的広い事、空軍の基地が近いので、軍関係の仕事をする人口が多く、賃貸の需要が多いことです。空港やタウンにも近く、生活に便利な事から、地元の若いカップルなどに人気のエリアです。

オープンハウスした物件は、Pearl one (パール1)の8Kという部屋で、8Fの海に面したお部屋でした。2007年に改装済みで、お部屋の広さは605sqf、広々したラナイが157sqfでラナイも含めると 広さは約65?。1パーキング付き。1ベッド 1バスのお部屋にしたら余裕のサイズです。   気になる価格は、$263.900。管理費は$488/月、固定資産税は$74。以前に$1500/月で賃貸に出されていたそうです。


Pearl one    view from lanai右の写真はお部屋からの眺め
下の写真はリビングです。

Pearl one   Living room









この程度のコンドミニアムを、ワイキキで購入すると $320,000以上はします。
ゲストパーキング、プールなどのアメニテイも充実しており、お買い得感がありました。 何よりも、レジデントマネジャーが親切で、住民の方とのほのぼのとしたやり取りを見て、心が和みました。

chikako_lobley at 10:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 不動産仲介 

2010年10月02日

売り物件   ハワイカイ ウオーターフロント タウンハウス  (パート2)

昨日見た、ハワイカイのウオーターフロントのタウンハウスの新物件の情報です。
場所は、ハワイカイの入り口近く カラニアナオレハイウエーをカワイハエストリートに入って、
マウントテラス(コンド)の手前で右折した、タウンハウスがたくさん建っている場所で、
ここは、ヘンリー カイザー氏がハワイカイ開発の際に建築した1960年代に建った古いタウンハウスの一つです。プロジェクトの名前はハワイカイコンドプロジェクト20 (多分20番目のプロジェクトなのでしょう・・・) このプロジェクトの特徴は全部で 6 ユニットだけのタウンハウスが、マリーナの上に建っていて、
このユニットは周りをマリーナで囲まれているというユニークな立地条件にあります。

 6264 Keokea pl front door & side yard
左の写真からみてもわかる様に一見したら、一戸建ての様に
見えますね。ハワイカイのウオーターフロントの一戸建てなら、
最低 $1,000,000(約8500万円)前後はかかりますが、
この物件はタウンハウスのため、
価格は$689,000(約6000万円) とお手頃。

2ベッド、2バスですが、小さめの書斎が建て増しされています。
キッチン古くてはリフォームの必要があります。
広さは、室内は1435スクエアで、ラナイが320スクエア 。
6件しか無いため、管理費が格安の$ 200/月。固定資産税は、$142 /月です。但しこの固定資産税は住居以外の購入目的の
投資家では、もう少し高くなります。


6264 Keokea Pl右の写真は、裏庭から見た景色なかなか綺麗です。

ハワイカイの特徴は、何といってもマリーナフロントの家やタウンハウスが多い事。
ボートデッキ付きの家やタウンハウスから、ショッピングや釣りに行かれる人もいるのです。マリーナは、海に繋がっているので、釣りが趣味という人には、たまらないですね。
もちろん、このタウンハウスも
ボートデッキ付です。



chikako_lobley at 10:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)