茶巾縛りと茄子

ファリック・ガールの成れの果てでも明日くらいの夢は見る

ロッカーの中には黴びたレザースーツと錆の浮いた手錠。しぇまぇchikaはここにいる。

【ウド・山ウド】

 ウド。香り、歯触り、ほろ苦さが特徴。皮を厚くむき、生で酢の物、刺身のつまにする。
 また煮物、浸し物などにも用いる。
 皮はアク抜きしてきんぴらや辛煮に。
 春と秋が旬。
 中でも初夏に出る自生の「山ウド」は、ウドの魅力を最大発揮。
 香りが高く風味が抜群、水でさらしてのあく抜きが肝要、それさえちゃんとやれば、本当に「季節」が味わえます。
 へんな感想ですが、これを最初に食べた時、インスピレーションとして浮かんだ絵は「リンゴ」です。
 まあもっとも、味は甘くも酸っぱくもなく、「苦い」んですけど。


 ※ 野菜やその加工品で、「い」から始まる食材って何かあったかしら?
 イグサ?←(馬鹿者!食えるんかい!)
 あっ、それとこの「勉強しちゃうぞ!」は、世の中の食べ物を全部網羅しちゃおうって野望はありません(笑)。
 読んで貰えれば大体、お察しだと思いますが、自慢じゃないですがchikaは「お酒のアテ」くらいしか、お料理が出来ない奴なので、、だから「勉強しちゃうぞ」なのです。


d1734ca50ad143c8

   

【アシタバ】

 「今日摘んでも明日生える」ので明日葉というんですって。
 なんて素敵な名前なんでしょうね。
 でも、あまり食卓には馴染みじゃないかも、日本の野菜ってそういうのが一杯ある。
 セリに似た独自の香りと渋みのある若菜をいただきます。
 塩ゆでにして水にさらし、浸し物、和え物。汁の実、佃煮に使います。
 まあ使い回しはほぼホウレン草ですね。
 旬は春から秋です。


【アンディーブ】

 チコリの変種を柔らかく栽培した若芽で、和名はキクニナガと言うらしいです。
 パリッとした歯触りでほろ苦い。
 生でサラダの他、クリーム煮などに使います。
 サラダなんかは、アンディーブと意識しないで結構これを食べてるかも。
 ベルギーやニュージーランドから一年中輸入されてます。
 そうそう、これを「チコリ」と認識してる人が多いんじゃないかな。
 かく言う、chikaもそうでした。

d1734ca50ad143c8




【アーティチョーク】


 時々、食品売り場でこの姿を見かけますね。
 何かバリの彫刻なんかで見かけるような姿形ですが食べられるんですよね。
 チョウセンアザミのつぼみなんだそうですが、チョウセンアザミ自体、どんなものか判らない(笑)。
 ほろ苦さと淡い甘さがあります。丸ごとゆでて、ガクの根本と芯をソースで食べたりサラダなんかに使います。
 難しい事考えなくても、マヨネーズで充分でしょ。
 旬は国産のものは春から夏、輸入物は秋から初夏までです。



【愛玉子】


 「愛玉子」と書いてアイギョクシと読む。当たり前だけど意外と読めないでしょ。
 なんだか違う読み方がありそうに思える。でもアイギョクシ。アイタマゴではありません。
 台湾の愛玉(アイギョク)という灌木の果実を乾燥させたものです。
 ガーゼで包み、水の中で揉み出して、溶け出た水を冷蔵庫で冷やし固めます。
 シロップなんかに漬けてデザートにしましす。
 日本であまり流行らないのは、こういう食べ方をする食材が他に一杯あるからでしょうか?
 でも名前は本当に可愛いですね。



 【アサツキ】


  漢字で書くと「浅葱」。
 ネギ類中で最も細く、柔らかい辛味と香りを持つ。加熱しすぎると香りが逃げます。
 薬味、汁の実、和え物などに使います。
 ふぐ料理のテッサの薬味になんか凄く合う!間違っても普通のネギなんかで代用しちゃ駄目。
 西洋料理ならチャイブが該当。チャイブもなかなか良いですよ。
 細くて白い根が少ないものを選びましょう。
 旬は一応春、でも一年中出回っていますよね。



↑このページのトップヘ