うるう秒2016年1月1日08時59分60秒

2017年1月1日、うるう秒が実施されました。午前8時59分59秒~9時00分00秒の間に、通常は存在しない59分60秒が挿入されたということです。


『Yahoo!ニュース』の「今年の元日は1秒長い うるう秒、1年半ぶり実施 (朝日新聞デジタル)」という記事から一部引用します。

地球の自転の遅れに合わせて時刻を調整する「うるう秒」が1日朝、実施された。日本の標準時を決める情報通信研究機構(東京都小金井市)に近いJR武蔵小金井駅では、多くの人がデジタル時計の前で足を止め、午前8時59分59秒の後に「午前8時59分60秒」が表示されると、一斉にスマホなどで撮影していた。

世界標準とされている時間と地球の自転の誤差を調整するために、数年に一度うるう秒が挿入されています。1月1日が1秒長いなんて、なんとなく得した気がして春から縁起がいいですね。なんとなく。