2015年06月20日

授乳は何歳まで?

世の中のお母さん達は何歳まで子供に授乳していたのでしょう。

以前何かの記事でね、
4歳になるまでは、おっぱいをあげてると良いって書かれてたんですよ。
アレルギーとかになりにくいとか愛情とか書かれていた気がします。
(うろ覚え)

なるほどーと思い、周りのお母さんはとっくに断乳してるから、
3歳をすぎてもまだ授乳をしてると言うと、
ちょっと引かれたりもしてましたが、ずっと続けてたんですね。

しかし、いつまでもというわけにはいきませんから、
ガッちゃんには心の準備をしてもらうため、

「4歳の誕生日を迎えるまでは吸っていい」

そう伝えていたんです。

ただ、いざその日を迎えると、

「誕生日だから、4歳だからもうダメなの・・・?」
半泣き。


ぐ。


「・・・じゃあ今日で最後ね」
「やったぁ♪」

これを何度か繰り返し、4歳2ヶ月ぐらいには、ほぼ断乳出来ました。

それで娘はもう4歳10ヶ月になりますが、まだしぼると母乳が出ます。

これ・・・いつ出なくなるの?(汗)

私の母親はストレスで3ヵ月で出なくなったと言っていたのに。




おっぱいで思い出したのが、
まだガッちゃんが赤ちゃんの頃です。

義理のお義母さんが気を遣ってくださり、

「ガッちゃんは預かるから、たまにはZOUと二人でゆっくり食事でもしておいで」

ありがたくちょっと出掛けることになりました。

食事をして本屋さんを回って2時間後に帰って来ました。

「ほら、ガッちゃん、おかーさんが帰ってきたよ」
「ただいまガッちゃんー・・・!?」

玄関先でガッちゃんの顔を見た瞬間!

胸がぼんって感じで張るんです。

おっぱいが胸の中できゅーっと増えていくのが分かります。
すぐ胸がぱんぱんに。

「な・なにこれ本能!?」

おお、なんか私ってやっぱり動物だ、生き物だ、お母さんなんだ、
すごいな身体!おもしろいなーw

そんなびっくり。

実際に母にならなければ分からない貴重な体験でした。
身体と心の変化って面白いなー。



chike222 at 02:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)育児 

2011年04月02日

怖い

車の中で。

私は後部座席で、チャイルドシートにいるガッちゃんの隣。
ニコニコしてるので、「まぁごきげんね」と顔を近づけた。

「!?」

ガッちゃんの手が伸びてがしぃっと私のマスクをつかむ!
そのままぐいーっと思い切り引っ張る!

やめてガッちゃん離して!いややっぱり離さないで!怖い!

うわ。ガッちゃん楽しそう。

・・・・・・私の娘ねと思った瞬間。

花粉が増えてきたのでマスクが手放せません。


chike222 at 00:00|PermalinkComments(4)TrackBack(0)日記 

2011年04月01日

血が

ガッちゃんが、おもちゃをカミカミしています。

カミカミカミ・・・。

ZOUがふと、そんなガッちゃんを見てぎょっとしました。

「鼻血!?」

えっ!?

鼻の下やら口の周りが赤く血で汚れてます。

い・いつの間に怪我を!?

ガッちゃんはきょとんとしてます。

あわてて濡れたシートで顔をぬぐってみる。

きれいになる口まわり。

「鼻血・・・じゃないね」

「歯だ!歯の生えかけの所から出てるんだこの血」

ほっとして口の中を覗くと口の中血だらけ。
服もあちこちに血のあとが。
うーむ。ぷちスプラッタ。
(ぷちを付ければいいというものでもない)

「歯が生えると鮎美は授乳大変だねぇ」

「カサブタだらけになったという話も聞いたことが」

痛そうだ。

歯がムズムズするのかZOUの指をよくガジガジかじってます。

「い・・・痛いよガッちゃん(笑)(汗)」

ああ。明日は我が身。

子供はすぐ大きくなるのねー。
もうちょっとゆっくりでもいいと思っちゃいます。


chike222 at 01:37|PermalinkComments(1)TrackBack(0)日記 

2011年03月29日

プレイジム

ガッちゃんが最近プレイジムで遊ぶようになってきました。

プレイジムとは、寝転んだまま遊べる遊具です。
小さな壁がない家というか、
寝転んでる頭の上におもちゃが釣り下がっていたり、
揺らすと音がしたり、音楽が鳴ったりするのですね。

考えながら手で熱心に触っています。
眉をしかめながら真剣に遊んでる。

ここで実験。

寝てるガッちゃんから1Mぐらい離れた
斜め下の所にプレイジムを置いてみました。

20日ほど前に寝返りをするようになったばかりのガッちゃん。

コロンと寝返りしたら、逆にコロンと寝返りするような、
つまりもとの場所に戻る寝返りしかまだ出来ません。
コロコロコロと同じ方向に転がっていくことを
まだしないんですね。

「さぁ、ガッちゃん、どうするかなー」

ふふ。この場所だと普通に真横に寝返りをしても届かないぞ。

「・・・・・・」

コロン。

ガッちゃんさっそく寝返ってみる。

「だう?」

足元を見て、あれ?これだと届かないぞという顔になる。

足の下からちょっと離れた所にあるプレイジム。

コロンともとに戻る。

「あー」

ゴロン。

「うー」

ゴロン。

元に戻る。

これを何度も何度も繰り返してる。


―― 5分後。

なんということでしょう。

ガチャ。

10回以上一進一退の寝返りをした結果、
足がプレイジムのおもちゃに届きました。

左足を軸として反時計回りで
少しずつ近づいた感じです。

「おお、出来ないなりにちゃんと考えて移動するんだなぁ」

ただこれだと手は届かない。

足元にあるプレイジム見る。手を伸ばす。
おもちゃにはやっぱり届かない。

「あうー」

考える。

ガチャガチャガチャ♪

足で遊ぶことにしたようです。

「んー」

物足りなくなってやっぱり手を伸ばす。

届かない。

「だうー・・・」

私を見る。

くっ。

じっと見る。

くっ。

バタバタする。
またじっと見る。

根負けした私は、笑いながら
がんばったガッちゃんをいっぱい褒めて
ガッちゃんの上にプレイジムをそっと置いたのでした。

ニッと笑顔のガッちゃん。



chike222 at 00:00|PermalinkComments(1)TrackBack(0)日記 

2011年03月28日

手を差し伸べる

ガッちゃんが私の腕の中で笑います。

手を一生懸命のばして、私の顔に触れようとしてきます。

ふふ。

温かい気持ちになって触りやすいように顔を近付ける。

ガッちゃんの手が私の頬にそっと触れて――


ガリ☆


「!?いったー!」

「そうそう、ひっかくよねガッちゃん(笑)」

ZOUもひっかかれたらしい。痛い。

そういえばガッちゃん最近触る物触る物みんなひっかいて
指先の感触を楽しんでいるフシがある。

器用なZOUがとても丁寧にガッちゃんの爪を
マメに切ってくれているので、
ほとんど爪の白い部分がないにも関わらず・・・・・
痛い。

まるでネコの爪とぎ。
さすがトラ年生まれのしし座の子。




chike222 at 00:00|PermalinkComments(1)TrackBack(0)日記