治験モニター募集中!ボランティア協力費あり!クリニカルボランティアサポート!治験ボランティア募集というと、その薬の効果を確かめるテストだと思っていましたが、少し認識が違うようですね。基本的に治験とは、厚生労働省の承認・認可を受けるためにするものですが、薬としての効果を確かめることは目的ではないそうです。あくまでも患者さんへの安全性や有効性を確かめる意味が強い感じですね。

そのため治験では、薬の効果が出ない程度の量しか投与しないそうですから。しかも治験ボランティアに参加する前には、医療機関による予想される効果や副作用がキチンと説明されます。これに納得した場合のみ治験に参加する仕組みになる感じです!

治験モニターに参加して副作用が起きた場合


もし治験ボランティアに参加して副作用が起きた場合、製薬メーカー(治験依頼主)から補償を受けることができるそうです。そもそも治験は、薬事法などの色んな法律で定められたルールに基づき、参加者の安全が最優先されるそうです。そのため重篤な副作用の場合は、キチンと補償されるわけです。

なお治験による副作用としては、軽い眠気などはあるそうですね。まあ薬である以上、これは仕方がないことかもしれません。そのため治験場所には、車やバイクは使わずに、バスや電車で来ることがすすめられています。

また治験モニター募集に申し込む場合、参加基準として「健康な方」である必要があります。ただ治験の種類によって、多少解釈が異なることもあり、参加基準はチェックした方がいいですね。なお現在、歯の治療をしている方は、処方されている薬との飲み合わせの問題があるので参加できないそうです。

ただ普通の「健康な方」なら治験ボランティアに参加できますので、チェックしてみるといいです。

治験モニター募集中!ボランティア協力費あり!