金に困ったから『治験』で体制立て直してみた

ギャンブルにより家賃や光熱費も滞納し、友人に金を借りるまでになってしまった私。 そんな状況を打破しようと、家賃もかからず光熱費もかからない、しかし金は稼げるという【治験】に参加しようと決意した。 このブログはそんな私が書く『治験体験記』です。

こんにちは!
「金に困ったから治験で体制立て直してみた」のケンチです。
前回はとうとう治験の全日程を終了し、無事協力費をもらってめでたしめでたし...と言ったところまで書きました。
それでは今回もいってみましょ~う(^^)/


治験を終えた私は、とりあえずもう少し金を貯めようと思いました。
いつまでも友人のトコロに転がり込んでるのも悪いですからね。

その為、派遣会社に応募し日雇いで働くことに。
大体一日8時間働いて日当8000円ほど。
それを4か月やりました。

しかし何故でしょう....

「金が貯まらない.....」

正確には少しは貯まったのですが、生活費やら家賃やら各種支払やらパチンコやらスロットやらでなかなか思うようになりませんでした(えぇ、クズですねw)

「このままではいけない。。。
何か大きく自分を変えないとダメだ!」
(いや、ギャンブルやめろwww)

そう思った私はある決意をしました。
皆さんもう分かりますね?

そう、三度目の「治験」に参加しようと決意しましたw
しかも今回はロングで協力費の高いものに狙いをつけて。

ちなみにですが、一度治験に参加(投薬完了)するとそこから4か月は治験に参加できません。
今回は丁度4か月過ぎたのでOKです。

さてそうなったら自分の希望に合う治験を探します。
期間が長い案件は結構あって、「30日入院」なんてのもありました。

でもそれは流石に長すぎかなと思ったので別な案件を探していたところ、
「8泊9日×2 協力費29万円」
という内容の治験を見つけました。
8泊9日→インターバル1週間→8泊9日...という流れです。

「これならいけそうだ。。。」

早速参加申し込み。
次の日にはメールにて連絡があり、参加可否を決定する検査に向かうことになりました

検査から10日後、前回と同じく治験開始日の前日に病院に電話して検査をパス出来たかを聞きます。
(治験参加日の前日ってのがちょっと不便ですね)


はい、通りました(アッサリ)。


3回目ともなるとベテランですから。
ココで浮かれたりしませんよ~?

といったわけで、ケンチの治験生活-第3章-の始まりでございます。

~次回に続く~


☆予告☆
3回目の治験に参加したケンチ。
とりあえず「魔の2日目」を越えなければ話にならないが今回はどうなのか?!
そして肝心の治験薬はいったいどんなものなのか?!!

次回 治験生活第3章-初日-
お楽しみに♪


ブログランキング始めました!
押すとケンチがかなりやる気になりますw
↓↓↓

無職 ブログランキングへ

こんにちは皆さん!
「金に困ったから『治験』で体制立て直してみた」のケンチです。
前回は治験生活3日目&4日目についてと服用薬&治験への参加方法について書きました。
今回はいよいよ最終日!!
では行ってみましょ~♪


治験生活5日目、最終日。。。
いつも通りAM7:00起床。
心なしか治験参加者全員がソワソワしている。
もちろん私も例外ではない。

治験終了はPM12:00なのに既に帰りの身支度をする者。
なんかよく分からんけどメッチャ歯を磨く者。
食事をする大部屋の窓から見えるラーメン屋を眺め期待を寄せる者。(僕です)
間違いなく全員の心が浮ついていただろうw

AM8:00、尿検査&血圧検査&血液検査&心電図検査&診察が開始。
この過程で何事も無ければオリエンテーションをして、めでたく解放。

そしてその時がやってくる。。。。

PM12:00...

看護士さん
「では、検査の結果問題がありませんでしたので以上で全過程が終了となりま~す」


【祝】ケンチ、治験全過程終了


終わった。。。
ついに終わったんだ。。。

何かを成し遂げた感が溢れてきた(そんな大したことじゃないw)

そして待ちわびた瞬間、協力費支給の時間がやってくる。

帰り際の受付にて、

看護士さん
「お疲れ様でした。こちら今回の協力費になりますのでご確認下さい。」

手渡された封筒を開けて確認すると、そこには確かに7万円の協力費が入っていた。


看護士さん
「またご協力いただける機会がありましたら宜しくお願いします。」

ケンチ
「どうもお世話になりました。」

そういって私は久しぶりの外界へのドアを開けた...(ただの病院のドアなんだけどね)

晴れ渡る空にすがすがしい空気。
自宅への帰りを後押しするかのような風。
いつもだったら見慣れたハズのコンビニ。
そう....見慣れたハズの......



うおぉぉぉぉおーーーーーーーー!!!!!!

コンビニじゃあぁぁぁぁああああーーーーーーー!!!!!

ヒャアッハァーーーーーーーー!!!!!


一目散にコンビニに向かう私。
そして入店。

まずコーヒー!
あと唐揚げ!肉まん!
そしてもちろんタバコじゃぁあーー!!!


外に出て缶コーヒーを一口。
次に唐揚げと肉まんを完食。
またまた缶コーヒーをグイグイ。
そして....タバコに火をつけた。。。

「スゥー。。。」
「フゥゥウーーー。。。」

タバコはヤメると「オレはこんなマズイものを吸っていたのか!」と感じるとドコかで聞いたことがある。
だからもしかしたら私もマズイと思ってヤメられるかもしれない。
きっとそうに違いない。


ケンチ
「うっ.....ウメェ.....」
「ウマすぎる....」


本当に至福の瞬間だった。
1ミリもヤメる気は湧いてこない。
ついウマすぎて2本連続で吸ったらクラクラしたw

そしてふと周りを見てみると知った顔が数人。
そう。治験参加者達であるwww
皆考えることは同じ。病院を出た瞬間に外界のモノを口にしたかったのである。

そんな時、隣に一人の青年がやってきた。


青年
「あれ?隣のベットでしたよね?」

ケンチ
「あ。そうです!いやぁ遂に終わりましたね。」

青年
「そうですね!やっとですね!」

ケンチ
「お仕事とかされてないんですか?(今考えると失礼w)」

青年
「いや、自分大学生で今かなり暇なんですよ。」

ケンチ
「(なるほど...)でも勉強もしっかりできるから治験はいいですね◎」

青年
「全然しなかったですけどねw」

青年&ケンチ
「ハハハハハ!!!」


確か隣だったから僕も憶えてはいたが、こんなフランクな奴には見えなかった。
皆さんも何か経験があるかもしれないが、「つらいことを乗り越えた仲間的なアレ」である。
名も知らぬ他人だろうが、不思議と話したくなる気持ちになるのだw

といったところで。当たり前だがコンビニに長居する用もないので電車に乗って帰宅。
その日の夜は居候させてもらっている友人に金を返し、久々のビールを楽しんだ。

こうしてケンチの4泊5日渡る治験生活が幕を閉じたのだった。。。

治験生活第2章-完-

~次回に続く?~

☆予告☆
治験を終えたケンチ。
友人にも金を返し、日雇い派遣で働くようになる。
一見普通の生活を取り戻したかと思えた。
しかし、ケンチはあることを考え始めた....

次回 -ケンチ、思い立つ-
お楽しみに♪

ブログランキング始めました!
押すとケンチがかなりやる気になりますw
↓↓↓

無職 ブログランキングへ


こんにちは、ケンチです!!
前回は無事入院時検査を通過し投薬(治験全日程参加)が確定しました。
それでは今回は入院生活3&4日目を書いていきます(^^)


【入院3日目】
7:00起床。
9:00採血(一回)
9:30朝食
13:00昼食
19:00夕食
23:00就寝

【入院4日目】
7:00起床。
9:00採血(一回)
9:30朝食
13:00昼食
19:00夕食
23:00就寝


上記に書かれている時間以外は全て
何をしててもいい自由な時間ですw
マジでパソコンで遊ぶしかやることが無かったです(;・∀・)
周りを見渡すと僕のように暇している人と勉強している様な人に分かれています。

「学生さんや資格を取る為に勉強している人には最高の環境だな」
と思いましたね。
何せ勉強してても協力費としてお金がもらえるんですから。


と、言ったわけで3日目&4日目に関しては書けるネタがありませんwww
なので今回は、治験で服用した薬」について「治験の応募の仕方」について書いていきたいと思います。

まず「治験で服用した薬」についてですが、治験で試用される新薬は様々です。
僕も、初めて参加した時と今回とで服用した薬が違います。

初めての時は「肝機能系改善の薬」。(まぁ飲む前に追い出されましたがw)
今回は「高血圧改善の薬」でした。

副作用の説明も事前に詳しく聞いていましたし、両方とも既に世に出回ってる薬のジェネリック製品(双子みたいなもの)という事でまぁ安心でした。
実際今回も私に副作用はありませんでしたし、周りにもそういった人はいませんでした。
ちょっと眠くはなりましたが、それは副作用か定かではありませんw

ちなみに
副作用はどの程度の割合で起こるものなのか?」
コレが気になる方は多いと思います。
薬によって差はありますが、今回の僕が服用した薬は既に出回っている薬のジェネリックなので、その出回っている薬と同じ副作用が同じ割合で現れるかもしれないとされていました。

その薬での臨床試験では743例中452例に副作用が出たそうです(約60%)。
その内約は、

-軽度副作用-
【傾眠(眠気)27.1%】
【神経過敏14.8%】
【アカシジア(落ち着きがなくなる)11.7%】
【震戦(震え)10.5%】
【不安9.6%】
【体重減少9.2%】
【筋強剛(筋緊張)6.3%】
【食欲不振6.2%】

-重度副作用-
【悪性症候群0.1%】
【遅発性ジスキネジア0.1%】
【麻痺性イレウス0.1%】
【横紋筋融解症0.1%】
【痙攣0.4%】

などなど、上記のような感じでした。
副作用の発生率は60%と高めですが、大体が軽度の症状で一時的なモノです。
ですが極端に発生率が低いとはいえ、重度の症状も発生していますのでその辺りはよく考えて参加しましょう。
ちなみに副作用が発生した場合、直ちに治療してもらえるのでそこはご安心を◎
病院は万全の体制を整えています。

とまぁ、薬についてはこんな感じ。
続いては「治験の応募の仕方」についてですね。

治験の応募にはまず紹介所に登録します。
登録料がかかったりはしませんし、ここに登録したから治験に絶対参加しなきゃいけないなんてこともありませんので◎
ここで紹介所の紹介をしておきますね(なんかダジャレっぽいなw)

  治験ボランティア「JCVN」
 
・僕もお世話になっているトコロです。
・健常者も持病をお持ちの方も登録可能です。
・短期通院のみから長期入院まで幅広い治験を探せます。

ここに登録して、あとは希望の治験に申し込みするだけです。
登録すると各治験の詳細が見れるようになります。

他にも紹介所はいくつかあって色々探してみたのですが、ココだけで足りるような感じでした。
興味のある方は登録して探してみて下さい。


~次回に続く~

☆予告☆
とうとう最終日を迎えるケンチ。
短くも長い治験生活に幕が下りる瞬間が来た。
そしてその瞬間ケンチは何を思うのか...!?

次回 -治験生活第2章 最終日-
お楽しみに♪

ブログランキング始めました!
押すとケンチがかなりやる気になりますw
↓↓↓

無職 ブログランキングへ

このページのトップヘ