AALIIとは、 ハワイの固有種の花で、風に強い木であることから、 自己を誇る逞しさを秘めた淑女の花。 フラの女神ラカ(Laka)に捧げられた神聖な植物だそうだ。
 

新たなハワイの中心として、大規模な開発が進む一大プロジェクト『Ward Village』。その『Ward Village』の第三フェーズとなる最新のコンドミニアム 『“A’ALI’I”』(アアリイ)が年初より日本でも発売となった。
 

AALII、“スマートリビング”をコンセプトとし、 これまでの高額な超高級路線とは一転、狭いスペースを活かした 機能的な内装を取り揃え、リーズナブルな価格帯を実現していることを謳い文句にしている。 
 

AALII42階建ての全751戸。Ward Villageコンドミニアムでも 最大級の住戸数を誇り、Studio1ベッドルームの部屋が全体の8割ほどを占め、価格帯は40万ドル台からとなっているそうだ。
 

そのAALIIのモデルルームが、アラモアナセンター近くのWard地区、IBMビル内に既に開設されていると聞き、日頃お世話になっている某不動産業者に連れて行ってもらった。

モデルルームの小さい部屋でも必要な備品はほとんど完備され、収納も簡単でコンパクトに仕上がっており、しかも内装が良いので若い人たちには手頃な物件かも?と感じた。今後の売れ行きに注目したい。

<写真はIBMビル>
aoJjEVLUT0KrWadabgCOeA
 

<写真はAALIIのモデルルーム
PtPOdvatQeupCWXhBtZ0jw
v+vH2iiHR%+xqpIAx+njyQ
WPNTAiGSToWui45PCTAsxA
PKnrWYuvTw+QHk+eKygYkg
T8+RfH+vTh+Urcq65nzKCw
Orvh+4N3TMy0CyCeFEl5Hw
2DNklp7XT0uGjA82w4Pi6g