2007年06月20日

Rushplan-16 第一期(2004〜2006)

 1.顧客重視
 顧客重視を最優先として『商品』を本気で売るという“意志”を全面的に打ち出した積極的な営業政策,並びに付加価値を付けられる強い技術の創出を行う。(守りから攻めの経営への転換)


 2.経営システムの確立
 会社及び個人の目標設定と行動・検証を習慣化し,ISOによる経営システムの社内定着と確立を行う。(P/D/C/Aの継続的実行改善)


 3.経営基盤の確立
 売上高重視の方針を捨て,収益性重視の経営を志向し,財政基盤の確立を行う。結果として,社員,社会,株主,会社への利益還元を実現する。

  平成16年度〜平成18年度の3年間の中期目標です。各年度の経営目標はこれに従って構築されます。



chikophoto at 14:55│Comments(0)その他 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔