パリの思い出

2008年08月02日

モンマルトルの丘(1)

パリの思い出シリーズです。雑然としたパリの街も魅力でしょうか。

モンマルトルの丘モンマルトルの丘1

 

 

 

 

モンマルトルの丘2モンマルトルの丘3

 

 

 

 

 

 

 

モンマルトルの丘4モンマルトルの丘5

 

 

 

 

モンマルトルの丘6モンマルトルの丘7

 

 

 

 

モンマルトルの丘8モンマルトルの丘9

 

 

 

 

   <千鉱エンジニアリング(株)HOMEへ>   別館TOPへ



chikophoto at 12:16|この記事のURL

2008年07月23日

ベルサイユ宮殿

パリの思い出シリーズ ベルサイユ宮殿です

ベルサイユ宮殿ベルサイユ宮殿1

 

 

 

 

ベルサイユ宮殿2ベルサイユ宮殿3

 

 

 

 

 

 

 

ベルサイユ宮殿4ベルサイユ宮殿5

 

 

 

 

ベルサイユ宮殿6ベルサイユ宮殿7

 

 

 

 

ベルサイユ宮殿8ベルサイユ宮殿9

 

 

 

 

ベルサイユ宮殿10

<千鉱エンジニアリング(株)HOMEへ>



chikophoto at 10:46|この記事のURL

2008年07月19日

パリ市街(3)

パリの思い出シリーズ、パリ市街の最終稿です。

パリ市街018

 

 

 

 

019020

 

 

 

 

021022

 

 

 

 

 

 

 

023024

 

 

 

 

025026

 

 

 

 

 

 

 

   <千鉱エンジニアリング(株)HOMEへ>



chikophoto at 08:52|この記事のURL

2008年07月12日

パリ市街(2)

 パリの思い出シリーズ パリ市街の二回目です。

0809

 

 

 

 

1011

 

 

 

 

1213

 

 

 

 

1415

 

 

 

 

 

 

 

   <千鉱エンジニアリング(株)HOMEへ>



chikophoto at 10:48|この記事のURL

2008年07月06日

パリ市街(1)

パリの思い出シリーズ第8弾です。

パリ市街001

 

 

 

 

002003

 

 

 

 

004005

 

 

 

 

006007

 

 

 

 

   <千鉱エンジニアリング(株)HOMEへ>



chikophoto at 11:46|この記事のURL

2008年06月28日

ノートルダム大聖堂(2)

パリの思い出シリーズ ノートルダム大聖堂の続編です。

ノートルダム大聖堂011

 

 

 

 

 

 

 

013014

 

 

 

 

 

015016

 

 

 

 

 

 

   <千鉱エンジニアリング(株)HOMEへ>



chikophoto at 09:47|この記事のURL

2008年06月07日

ノートルダム大聖堂(1)

パリの思い出シリーズ 8回目です。<すべて拡大できます>

ノートルダム大聖堂0002

 

 

 

 

00030004

 

 

 

 

ノートル・ダム大聖堂 のーとるだむだいせいどう <大百科全書>
(大図鑑 P965参照)
Cath□drale Notre-Dame de Paris パリのシテ島に建つ聖母(ノートル・ダム)に捧(ささ)げられた大聖堂。パリの最初のカテドラル(司教座をもった聖堂)は5世紀のサンテティエンヌ聖堂で、7世紀初頭には同じ場所に聖母に捧げられた聖堂が建った。現在の大聖堂は1163年に司教モーリス・ド・シュリの指揮のもとに新たにゴシック様式で着工されたものである。内陣部は1182年に仕上がって献堂式が行われ、身廊と翼廊部は1200年までに、翼廊部の拡張工事と西正面玄関の外壁面は1250年までに完成した。14世紀初頭には内陣部の諸祭堂が完成して、堂内奥行が130メートルの壮大な五廊式聖堂となった。身廊部は幅が12メートル、天井の高さは35メートルで、両側壁面は列柱を経てトリフォリウム、高窓の均衡のとれた美しい三層構成となっている。また正面玄関の幅は41メートル、左右の塔の高さは63メートルである。17世紀末には内部の改造が、1771年には西正面外壁の改築が行われ、フランス革命期の1793年にはとくに外壁を飾る彫刻群が大破壊を受けた。19世紀にラシュスやビオレ・ル・デュクおよび彫刻家ジョッフロア・デショームによる大修復がなされて今日に至っている。
 西正面玄関部の彫刻は、3個の扉口上部のタンパン(半月形壁面)の浮彫りだけがオリジナルで、扉口左右にせり出した人像柱(スタテュ・コロンヌ)は19世紀の修復による。中央扉口のタンパンは「最後の審判」を表し、左右のタンパンはそれぞれ聖母および聖母の母である聖アンナに捧げられている。扉口上部の「王のギャラリー」の28体の『旧約聖書』の王たちの彫像も19世紀の復原によるが、フランス革命期に破壊された彫像の断片が1977年に発見された。南翼廊部の扉口は聖エティエンヌ(ステパノ)に捧げられ、北翼廊部の扉口は「回廊の門」とよばれて、それぞれ13世紀中ごろのタンパン浮彫りをもつが、北の扉口にはフランス革命の破壊を免れた唯一の彫像の「聖母子像」がみられる。13世紀に制作されたステンド・グラスのうち、今日残るのは西正面のバラ窓(直径9.60メートル)、南北翼廊の2個のバラ窓(直径13メートル)を飾るステンド・グラスだけである。さらに北翼廊のバラ窓はほぼ完璧(かんぺき)な保存状態にあるが、ほかは19世紀の大幅な修復を受けている。〈名取四郎〉

00050006

 

 

 

 

 

00070008

 

 

 

 

   <千鉱エンジニアリング(株)HOMEへ>



chikophoto at 11:09|この記事のURL

2008年05月12日

シャンゼリゼ大通り(3)

シャンゼリゼ大通りの3回目です。

018019

 

 

 

 

020021

 

 

 

 

022023

 

 

 

 

   <千鉱エンジニアリング(株)HOMEへ>



chikophoto at 12:27|この記事のURL

シャンゼリゼ大通り(2)

シャンゼリゼ大通りの2回目です。

シャンゼリゼ大通り011

 

 

 

 

012013

 

 

 

 

014015

 

 

 

 

016017

 

 

 

   <千鉱エンジニアリング(株)HOMEへ>



chikophoto at 12:16|この記事のURL

シャンゼリゼ大通り(1)

華の都パリ・・・バスの中からパチリ。

001シャンゼリゼ大通り

 

 

 

 

002005

 

 

 

 

006007

 

 

 

 

008009

 

 

 

   <千鉱エンジニアリング(株)HOMEへ>



chikophoto at 12:01|この記事のURL

2008年05月01日

サクレ・クール聖堂

サクレ・クール聖堂

 

 

 

 

 

 

 

 

その2

 

 

 

 

 

 

 

 

その3

 

 

 

 

 

 

 

 

その4

 

 

 

 

 

 

 

 

聖堂

 

 

 

 

 

 

 

 

聖堂2

 

 

 

 

 

 

 

 

聖堂3

 

 

 

 

 

 

 

 

聖堂4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   <千鉱エンジニアリング(株)HOMEへ>



chikophoto at 10:34|この記事のURL

2008年04月25日

コンコルド広場

コンコルド広場001

 

 

 

 

003004

 

 

 

 

 

007008

 

 

 

 

 

012014

 

 

 

 

  <千鉱エンジニアリング(株)HOMEへ>



chikophoto at 11:17|この記事のURL

2008年04月03日

オペラ ガルニエ

  オペラ ガルニエ・・・パリオペラの殿堂です。

オペラガルニエその2

 

 

 

 

  <千鉱エンジニアリング(株)HOMEへ>



chikophoto at 12:51|この記事のURL

エッフェル塔

  パリの思い出シリーズ第1弾です。

 パリ万国博覧会の目玉施設、展望台の高さ276m。

エッフェル塔その2

 

 

 

 

 

 

その3

 

 

 

 

 

 

その4その5

 

 

 

 

  <千鉱エンジニアリング(株)HOMEへ>



chikophoto at 12:40|この記事のURL