娘が通信制高校に通い始め新しい夏が来た時の話。住所も引っ越したので、郵便受けに入っていた地域の“夏祭り”の案内(チラシ)は初めて見るものだった。「ラムネ早飲み大会って・・・どこでもやってるんだなぁ。」娘が小学生の頃、夏祭りで同級生の男の子たちが参加しようと我先に並んでいた光景を思い出す。

「ここの夏祭りに行ってみようか?」私は娘を誘った。「ええ~子供いないのに行く人いるのかなぁ。」「知ってる人いないから(学校関係者は誰も知らないし)ちょっと行ってみたいわぁ。」しぶしぶついて来た娘だったが、ポテトフライを食べたり。婦人会の盆踊りなど見てそれなりに楽しそうだった。

学校の机と椅子が並べてあって“ぶっ掛けそば”を食べられるコーナー(建物内)に入った。お店みたいにはいかないだろうと思って注文したけど。冷えていてちゃんと美味しかった。「美味しいね~^^」食べている途中で私は涙が出てきたがハンカチで拭きながら泣いているのを誤魔化しながら食べた。娘は黙って食べた。

通信制高校に変わってからの“高3の夏”で、すっかり落ち着いて新しい生活に慣れた頃だった。最後のイベントである校区住民の為のお楽しみ抽選会(これもどこでもあるなぁ笑)ささやかな景品が当たったら貰えるけど・・・・小さい子供になるべく当たったほうがいいよね、私と娘は棄権して帰った。

帰るギリギリまでアイスコーヒーなどを買った(笑)ほろ苦くて美味しい店の味がした。今朝郵便受けに今年の案内のチラシが入っていたのだ。ずっと捨てていたけど10年以上ぶりに行ってみようかな。内容は当時に比べて何か幼稚園や保育園や・・・・キッズたちの発表会みたいな文字が多い?現在の催し物はかなり変わっているのかも知れない。

氷で冷やされたジュース類(ラムネ)
ぱくたそさんのフリー素材です。


にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
にほんブログ村


日々の出来事ランキング